→ 主水へのリンチ事件関係者を、色々な属性と人脈分析
 (弁護士、関大、関西学院大、立命館大、大阪市大、龍谷大、日本基督教団、創価、コリアNGOセンター、解放同盟、北朝鮮)




   
 → コリアNGOセンター関係者

   
 
 → 特定非営利活動法人 多民族共生人権教育センター 関係者




 
   
  → リンチ事件関係者 大阪市立大学人脈

 
   
  → リンチ事件関係者 関西大学人脈

 
   
  → 龍谷大学

 
   
 
→ 立命館大学
 

   
 
 → 関西学院大学

 
   
   
 → 大阪大学

   
 


  → 慰安婦カルト人脈

 
   
 

→ 「未来のためのパネル展」人脈



 
   
   → 尹美香(ユン・ミヒャン)、挺対協代表の人脈分析



 
   
   


  → 方清子(パン・チョンジャ)(日本軍慰安婦問題関西ネットワーク)のFACEBOOK友達 人脈分析



   
 
 → 金富子(キム・プジャ)、慰安婦問題、「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター(Violence Against Women in War Research Action Center)、通称 VAWW RAC(バウラック)の人脈分析

Kim Puja
puja.kim.7
 
   
   


 → 梁澄子(ヤン・チンジャ)(慰安婦問題、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表。一般社団法人「希望のたね基金」代表理事。済州島人脈)の人脈分析。

chingja.yang

   
 


 → 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク 公開グループ メンバー

「日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク」公開グループの管理人が奥田和浩
 
   
 

慰安婦問題の奥田和浩のFACEBOOK友達。その濃い人脈なのでしょうね。
 → 奥田和浩(日本軍慰安婦問題関西ネットワークの共同代表)のFACEBOOK友達 人物図鑑




 
   
 

 → アジア女性資料センターの人脈





 
   
 
 → 「ふぇみん新聞」の人脈分析




 
   
  → 講師人脈     
 
 → 弁護士人脈

 
   
 
 → 大和証券 人脈分析
 
   
 

 → 民団 人脈分析 

   
   → 朝鮮総連 人脈分析
 
   
   → 韓統連(韓青)
 
   
   → 済州島4.3事件人脈
 
   
   →  雑誌『抗路』人脈    
 

 → キョレハナ

2017年1月26日
「釜山日本総領事館前に少女像を設置した団体の正体」「日本でも活動する団体「キョレハナ」の裏の顔」
崔 碩栄 (ジャーナリスト)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8749




 
   
   →「団結まつり」 人脈

団結まつりでは、「韓国と沖縄との連帯」を大々的にアピールしている。
安倍政権打倒、辺野古基地反対、韓国人労働者との連帯を掲げている。
韓国のキョレハナ大学生組織が参加。キョレハナが、韓国での慰安婦像設置活動の中心的団体で、北朝鮮主導での朝鮮半島統一を掲げている。
李信恵も何度も壇上で演説をしてきた。


   
   


 → 「なかまユニオン」人脈分析

なかまユニオンというのが、韓国人労働者との連帯をしているらしい。だからやたらとハングル語や韓国人が出てくる。

それと団結まつりでは、「韓国と沖縄との連帯」を大々的にアピールしている。
スタッフたちは李信恵と懇意。ワンコリアフェスティバルの主催とも懇意。韓国人活動家とも懇意。

   
 
 → 共産党人脈 

   
 

 → 創価学会人脈 


   
   
 → 日本基督教団人脈


   
 

 → 部落解放同盟人脈 


   
   

 → 「関西市民連合」人脈

   
 



 → 「SADL」人脈分析

   
 


 → 「SEALDS」人脈分析

 
   
 


 → エルネスト金の2018年4月からの新しいアカウント、エルネスト金(@erukimnen)をフォローしている顔ぶれ一覧と分析

 
   
 


 → あの界隈がよく利用する店





 
   
 
 → メディア関係の人脈
 NHK、朝日新聞、ハフィントンポスト、ラジオ関西、影書房、

 
   
 
 → ゲイリブ、ゲイパレード人脈

 ゲイリブ活動家を嫌うゲイの言論がネット上で可視化されてきたこと。
 これまで松沢呉一は有料メルマガで「正義の活動ができない隠れゲイたちが妬み嫉みでゲイリブ活動家への足をひっぱっている」
 ゲイリブの中でも先鋭化している人脈と特に懇意な関係。
 ジャックの談話室「ゲイリブの活動家は反日の在日だらけ。どうりで被害者意識過剰なわけだ」
 ゲイリブ嫌いのゲイ「ゲイリブはキリスト教徒の息子だらけ。キリスト教の抑圧を受けた子が、欧米のキリスト教文化圏のゲイリブをとりいれてるわけだ。だから日本の文化とは合わないんだな。セックスは原罪で、正式な結婚を経てからではないとセックスをしてはいけない文化の発想だな」

 
   
   
 → セックスワーカーの人権活動 人脈
 
 「リンチ事件人脈だらけやん」と書いたら、SWASHの顧問弁護士からあらゆる手段で訴訟をおこすと恫喝されてもうビックリ!
「過去のBLOGやHPを漁ってヘイトスピーチ規制法で訴える。日本初のヘイトスピーチ規制法違反で逮捕させてやる。楽しみだ。ゲイ、性風俗、ホストクラブ、ホストなどへのヘイトで日本初の有罪にしてやる」とのこと。
 
   
 
 → 東大で3万円のセックスワーカーの人権講座の人脈



 
   
 



 → HIV予防啓発活動 人脈



 
   
 
 → 沖縄独立運動 人脈


 リンチ事件発覚後、加害者側の仲間たちがとうとつに沖縄問題へと結集。
青い朝鮮半島のマークをつけた連中だらけだったとか。韓統連人脈とか。



 
   
 

 → 無戸籍、無国籍、偽造外国人登録証、本貫の捏造、人脈

 
   
   


 → 2018/10/27「黙らない女たち 出版記念イベント」、企画幹事や参加希望者たちの人脈




   
   


 → 「イトケンの声かけリスト」を人脈分析




   
 

 → 李信恵の反ヘイトスピーチ裁判を応援する同人誌『鶴橋安寧』のスタッフや執筆者たち

 
   
   


 → 2018年 李信恵新刊『』出版記念イヴェント、ロフトウエスト、参加者、その人脈分析






   
   
 

 → リンチ事件人脈から立候補するとか、支援を受けている政治家や立候補者 総合 




 →  リンチ事件人脈からの政治家への立候補者 2015年


 →  リンチ事件人脈からの政治家への立候補者 2016年

 →  リンチ事件人脈からの政治家への立候補者 2017年


 →  リンチ事件人脈からの政治家への立候補者 2018年

 →  リンチ事件人脈からの政治家への立候補者 2019年


   
 




 → 「フェミ科研費」の人脈分析

 李信恵界隈と、フェミ科研費の人脈とのつながりとは?
 アジア女性資料センター
 



 
   
 


 → 性風俗反対、性表現規制、十代の少女の性への憎悪扇動の人脈





 
   
 



 → 関西生コンの人脈分析





 
   
   



 → アートの人脈分析


   










鹿砦社からの質問状にもれてたけど、重要人物







木村元彦  ノンフィクション作家)。
朝鮮学校サッカー部だった凡を好意的に取り上げた。
   
神林広恵
かんばやし ひろえ 
1966年 - )
フリーライター、元噂の眞相デスク。
2014年7月、噂の真相時代の元副編集長である川端と共に株式会社ロストニュースを立ち上げ、サイゾーと共同で、ニュースサイト「LITERA」が立ち上げられ運営されている[6][7]。また、サイゾーの紙面で記事を執筆している。
   
川端幹人
かわばた みきと
(、1959年 - )
編集者、ジャーナリスト。  リテラ顧問「噂の真相」元副編集長)
   
新谷 学
(しんたに まなぶ、
 1964年 ) 
週刊文春」編集長
   
戸田久和   
大阪府門真市議会議員(無所属・革命21)。全日本建設運輸連帯労働組合(連帯ユニオン)近畿地方本部顧問。