→ 人物図鑑、どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R、詳細情報


   
どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R
@TriflingDoodle

Yongjik Jwa



 
 
  凡どどラジオで、凡とコンビ



 関西

ゲイリブ、ゲイパレード、ゲイ・カルチャー

クラブDJ。

ユダヤ音楽にかなり詳しい。

HIV予防啓発を題材に、イベント。


朝鮮半島。被害者意識がかなり過剰で、出自と差別とを政治利用、悪用している。


 
 
   

「レイシャル・ハラスメント」、出自や被差別を悪用

 セカンドリンチ

リンチ事件被害者に同情した三輪にたいして異常なつるしあげ糾弾。

イトケンの声掛けリスト
★声かけ係り


主水へのリンチ事件の二次加害者をランク付けしたらA級戦犯レヴェル。こいつをA級戦犯にしなくて誰をする。

私に電話やメールで在日のために色々と注意勧告や擁護や抗議をしてきたカウンターでさえ「こいつは一生表に出て来てはいけない。それぐらいのことをやらかした」と。「それでも、どうか、パワーポイント等では『在日がどうの』とか書くのをできるだけ遠慮してほしい」と。了解。





主水へのセカンドリンチがひどかった。かなりの問題人物。 




松沢呉一が、凡、どぅーどぅると懇意で。リンチ事件後も、凡、どぅーどぅるの催しのプロデューサーをかってでて、すごい自慢をしていた。リンチ事件発覚後は、すっとぼけた。




 
 

松沢呉一の人脈は、反ヘイトスピーチ活動に参加する前から人間関係ができていた。




=============

松沢呉一
2014年5月23日 ·
やっと25日の進行表ができました。「凡どどラジオ」ではそんなもんを作ったことがないというので、ワシが作ったった。

私としては反レイシズムだの、ヘイトスピーチ規制法だのの話はする予定じゃなかったんですけど、そうもいかないみたいなので、前半は昨年からここまでのカウンター活動の話。

でも、しばき隊以降の話は皆さんだいたい知っているでしょうから、ちょっと視点を変えたところから捉え直してみたい。

どぅーどぅる君Doodle Char と初めて会ったのは2011年、秋山理央Rio Akiyamaと大阪に行った時のことです。今回カレーを出してくれるフサエさんFusae Fateともその時が初対面。彼女は野間易通Noma Yasumichiiの奥さんの友逹です。元バンドマン。

つまり、カウンター勢力のある部分は、その前からさまざまな形で人間関係ができておりました。私がクボケンや河原崎君と知り合ったのは30年前。ソフルフラワーユニオンの中川君はそのちょっとあと。NEWEST MODELの時代です。

どぅーどぅる君らとともにプラカードを掲げたなめぴょんさんはもともと私の読者です。福岡でカウンターをやっている大野金繁さんも私の古い読者であり、10年くらい前に福岡で会ってます。仙台で桜井誠にカウンターをかけた穴田さんは震災の時からのメルマガ読者。私のメルマガ読者でカウンターに参加しているのは他にもムチャ多いっす。差別の問題をメルマガで頻繁に取り上げてきたわけではないんですけどね。

張由紀夫君や大阪のBUBUさんはセックスワークつながりで、15年くらい前からの知り合い。張君がまだ京都にいた頃だったかな。

といったような、いわばカウンター前史を話そうかと思ってます。ただ、私は記憶力が悪いので内容は適当です。

そういう関係があって、昨年、どぅーどぅる君を裏でそそのかして、「どぅーどぅるデルタ殺戮部隊」が誕生します。悪い大人です。「友逹守る団」とは違うもうひとつのカウンターの流れです。

平野 悠さんがいらんことを言って炎上しましたが、ロフトとはライブハウスの方と先に付き合いがあり、ロフトプラスワンともオープン時からのつきあいです。震災以降は、ロフトプロジェクトはさまざまなデモや抗議活動に多大な貢献をしており、カウンター活動においても同様です。見えにくいので、その辺も大阪で解説をしておこうかと思います。

「凡どどラジオ」の放送はこの第一部のみ。

第二部はもともと話そうと思っていた内容で、盛岡で話したこととかぶります。こっちが私のメインの興味です。いっぱいあるので、1テーマ5分しか話さないという縛りで、12テーマくらい話そうかなと。全部中途半端になると思いますが、続きはまたの機会ってことで。でも、「野間易通はなぜエロ話が嫌いか」という話は5分で終わるべ。

今回人が入らないと「凡どどラジオ」の次はロフトプラスワンWESTでできないし、私も続きを話せなくなります。大阪の人たちは地元の人たちが企画している内容をバックアップした方がいいっすよ。東京の企画を大阪にもってくるより、自分たちで生み出す場にしていった方がいい。と東京の私は思います。

では、日曜日の夜、ロフトプラスワンWESTで。

※全員にタグをつけようとしたのですが、うまくいかなんだ。なんでだろ。あとでまた試みます。

凡どどラジオ
2014年5月23日 ·
5月25日(日)は241FM 凡どどラジオpresents「松沢呉一のマッツ・ザ・ワールドinロフトプラスワンウエスト」です。

えらいことになりました。凡どどラジオがロフトプラスワンウエスト進出です。ゲストは大好きな松沢呉一さん。

実は、関西でヘイトスピーチデモに対するカウンター行動が始まった頃に、友達守る団とは別でプラカード隊の呼びかけをしようと、僕とデルタさんとで企んだ時にいろいろ相談にのってもらったのが松沢呉一さんだったりします。

差別撤廃東京大行進ではAdvisory Boardとしてスタッフ一覧に載っていて、ゲイのための総合情報サイト g-lad xx(グラァド)の東京大行進のレポートでは名誉ゲイと紹介されていたり。 http://gladxx.jp/features/social/3520.html

そういえば、初めて松沢さんと会った時は、チャルガの話、大阪の風俗店の営業形態の話、陰毛の話、蛇の話をしていたっけ。

マッツ・ザ・ワールドっていうのは松沢さんのメールマガジンのタイトルなんだけど、真面目な話からアホな話まで盛りだくさん。レイシスト陣営にはこういう何でも話せるおもしろい人はいないでしょう。

それからそれから、激ウマのFATEのカレーの出店も決定! http://news.fatalbackground.org/?eid=1252526
あと、凡どどグッズが登場するらしい。

公開生放送なので241FM (http://www.ustream.tv/channel/241fm )での放送も予定しますが、途中でぶった切ると思います。おもしろいイベントになると思うので関西の人はぜひ遊びにきてください。

どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R

5月25日(日) 241FM 凡どどラジオpresents「松沢呉一のマッツ・ザ・ワールドinロフトプラスワンウエスト」

日本で生まれて日本で育った、おんなじようでちょっと違う!? 在日やってる凡と どどる の二人がリアルな在日の日常をべしゃくりまくる人気ラジオ番組「凡どどラジオ」が遂にLOFTにやってきた! ゲストに反レイシズム界隈でもお馴染みのライター松沢呉一氏を迎え、華麗なる「マッツ・ザ・ワールド」が展開します。

OPEN 18:00 / START 19:00
前売・予約¥1500 / 当日¥1800(飲食代別)

【出演】
ぼん(凡どどラジオ) @Bong_Lee
どぅーどぅる。a.k.a. C.H.A.R.(凡どどラジオ) @triflingdoodle
【ゲスト】
松沢呉一(ライター)

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/23580




===========



"カウンター勢力のある部分は、その前からさまざまな形で人間関係ができておりました。"


秋山理央
穴田
大野金繁
河原崎
クボケン
張由紀夫君(ハスラー・アキラ)
どぅーどぅる
DELTA
ソフルフラワーユニオンの中川君
なめぴょん
野間易通
平野 悠さん
Fusae Fate
大阪のBUBU









 
 
 
時系列順

 → どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R(@TriflingDoodle)、Yongjik Jwa、時系列順 2013年


 → どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R(@TriflingDoodle)、Yongjik Jwa、時系列順 2014年

2014年12月16日、李信恵の裁判。その後、十三のあらい商店で懇親会。李信恵、凡、伊藤大介、松本エイイチ、エル金らがその後も飲み続けて。

(2014年12月17日、凡が主水を北新地のバーに呼び寄せて。主水へのリンチ事件発生このリンチ事件については、ながいこと一般には非公表の状態だった)。

2014年12月31日、それでも凡は、凡どどラジオを放映。

 → どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R(@TriflingDoodle)、Yongjik Jwa、時系列順 2015年


なぜか、凡がtwitterアカウント消滅。
なぜか、ロフトウエストの凡どどラジオのイベントをキャンセル。

李信恵、凡、エル金らは、徐々に公開での活動に復帰。一時期、なぜか消息不明のまま休止したりイベントを注視した件も事情説明なし。

(その後、主水が警察に被害届を提出。一般に対しては、そのことを隠したまま)


 → どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R(@TriflingDoodle)、Yongjik Jwa、時系列順 2016年

 2016年4月28日、週刊実話がリンチ事件に李信恵が加害者だという記事を掲載。後に抗議が来たのか即座に訂正謝罪。これをてこに李信恵を擁護する人脈がいっせいにリンチ事件を否定。
リンチ事件被害者側を擁護する側が次々にリンチ事件の情報をリーク。
ネット上では大騒ぎになった。
それでも、李信恵、凡、エル金、伊藤大介、松本エイイチらは遊び惚けた情報を公開。
凡どどラジオを開催。



 → どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R(@TriflingDoodle)、Yongjik Jwa、時系列順 2017年


 → どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R(@TriflingDoodle)、Yongjik Jwa、時系列順 2018年


 → どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R(@TriflingDoodle)、Yongjik Jwa、時系列順 2019年


 
 
     
     
   





 
     
     
     
     
     
     
   


 
     
     
     
     
 

 FACEBOOK上で、「どぅーどぅる」と「黒い彗星」とが混同されて記載されていますので。ご注意ください。


 → 人物図鑑詳細情報 どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R(@TriflingDoodle)、Yongjik Jwa


 → 人物図鑑詳細情報 黒い彗星





=============================


以下は、柳橋 未詩緒がFACEBOOKにアップした写真で、【一緒にいる人: Yongjik Jwa】(どぅーどぅる)とあるので、誤解したけど。これは写真をアップした人が、間違って記載をしたのでしょうね。
2015年5月31日の東京の朝鮮総連60周年記念式典があったけど、その日のどぅーどぅるのTWILOGを検証したら、大阪市の鶴橋とクラブにいました。


以下の写真は、本当は黒い彗星でしょうね。


朝鮮総連の式典を朝鮮学校で開催に対して、行動保守界隈の佐藤さん、カトテツらが朝鮮総連批判の街宣を告知をしたら、カウンターたちが結集して妨害したことがあったなあ。





【一緒にいる人: Yongjik Jwa】

http://archive.is/V6sLY





柳橋 未詩緒がFACEBOOKにアップしてる写真で【一緒にいる人: Yongjik Jwa】(どぅーどぅる」ってやってるけど。

これはミスで、本当はこの黒いマスクの人、「黒い彗星」じゃないか?
黒いマスクで、顔も体もムッチリしてて、紙にパーマかかってて。







 
 
   

松沢呉一が「どぅーどぅる」と懇意。


松沢呉一の有料メルマガによると、「どぅーどぅる」は本職が厳しいみたいですね。
ちなみに。「どぅーどぅる」の職業ってどんだけ惨めやねん?と不思議だったけど。
豪族のお墓の古墳にお供えする埴輪を製作する職業とか?(橋本治のエッセイのネタですから)。着物の機織り? 小説で、ガス灯の職人が苦労の末、技術を習得したのに、ガス灯の時代が終わったので、最後のガス灯りを飾って去るというのがあったなあ。
他の方々からの情報で知りました。私ならその職業をすごい立派な尊敬できる職業だと敬愛します。ただ、そういう立派な尊敬できる職業でも、技術の進歩が速いので大変なのでしょうね。彼の本職については、ここでは晒しません。




その打開策として、松沢呉一が「凡どどラジオ」で稼げるようになれればいいなという夢があったみたいですね。そして、これで食っていけるのが一人でも出てくると、そいつが関西のカウンター専従になれます。「関西のカウンター専従」って。

それがリンチ事件発覚で、その夢が壊れるとなったら、そら逆上するし。リンチ事件批判をした三輪を屁理屈と糾弾でつるしあげるわな。

そういう甘い夢を抱かせた松沢呉一も悪い。




=========(引用開始)=======


<マッツ・ザ・ワールド>第5455号 ダイレクトカット236
松沢呉一
2014/05/30 (金), 15:13

<<<<<<<<<<マッツ・ザ・ワールド 第5455 号>>>>>>>>>

<ダイレクトカット 236>

私がこうも「凡どどラジオ」を応援しているのは、たまたま私が出演することになったためもあるんですけど、ああいうメディアがあるといいじゃない ですか。カウンター情報が流れ、在日についての話が流れ、バカ話もできて。

在特会のニコ生に対抗できるくらいの力を持ちえるのは、のりこえネットではなく、「凡どどラジオ」です。今はまだまだ微力ですが、数千人が聴くラ ジオにできると本気で私は思っているのです。

理想を言えば、ここで金儲けをしたい。これで食っていけるのが一人でも出てくると、そいつが関西のカウンター専従になれます。幸い、どぅーどぅる 君もいつまで今の仕事ができるかもわからんことですので、どぅーどぅる君が食っていければいいなと。

この間初めて、どぅーどぅる君の仕事について聞いたのですが、不安定な仕事です。現在も不安定である上に、その職業自体、十年後には消えているか もしれない。完全に消えることはないとしても、先細りです。技術職ではあっても、その技術を他に転用することも難しそうです。

これだけで食っていくのは難しいので、他にもバイトをやりつつですが、番組にスポンサーをつけて、ロフトプラスワンWESTで稼いで、グッズを 作って、本にもまとめて。

そのために、今後の「凡どどラジオ」のテーマは、聴衆者の枠をどう広げていくかです。カウンター外の人たちを引っ張り込みたい。


(以下略)


<<<<<<<<<<マッツ・ザ・ワールド 第5455 号>>>>>>>>>>

===(引用終了)========


どぅーどぅるが、中核派をボコボコにしたことを松沢呉一が自慢。

============

松沢呉一

金 2015/09/18, 10:54


<<<<<<<<<<マッツ・ザ・ワールド 第6042 号>>>>>>>>>>

◆昨日は最後まで国会前にいたんですけど、到着が遅かったので、ハイライトシーンは観られませんでした。

石田純一のスピーチのことじゃなくて、どぅーどぅる君が新左翼セクトと対峙して、ボコボコにして追い出したシーンです。「どぅーどぅる、それ以上 やると死ぬから、その辺にしておけ」と止めるのが大変だったらしい。

私が着いてからもまだそいつらはウロウロしていて、あざらしの餌食になってまして、私も若いのを説教しましたが、頭が悪くて驚きました。今どき新 左翼に入るのはあんなもんなんかな。

今回は一昨日の話の続きです。


<国会中継 21>


(略)


そうこうするうちに、SEALDsのトラメガ部隊がやってきて、「アベやめろ」コールが始まり、前に前に進んでいきます。SEALDs関西のオー ケー君もいます。こ
こ数日、ずっとこっちにいるんだな。

もういいか。疲れました。疲労の8割から9割はヘビ探しのためですけど、この頃はすでに雨が相当降ってきていて、傘もレインコートもないですし。

今日の仕事は終了。銭湯に向かいました。


(略)

(だらだら続く)

<<<<<<<<<<マッツ・ザ・ワールド 第6042 号>>>>>>>>>>


===========





どぅーどぅるは、在日であることを公開していないのか? 驚いた。

それと松沢呉一が、どぅーどぅるに説教したと偉そうに。北丸雄二の「隠れホモ」発言を擁護って。松沢呉一がどの人脈に媚びてるのか。

=========(のら猫の手が引用開始)======


<マッツ・ザ・ワールド>第6064号 銭湯調査 288
松沢呉一
2015/10/01 (木), 23:11
marchontky@gmail.com
<<<<<<<<<<マッツ・ザ・ワールド 第6064 号>>>>>>>>>>

(略)


<銭湯調査 288>

3日連続の銭湯です。

どぅーどぅるの野郎が、北丸雄二さんの書いていたことを理解できずに批判していたので、その説明をずっとやっているうちに遅くなり、10時を過ぎ てしまいました。

雑駁すぎるとは言えますけど、北丸さんがクローゼット層を「隠れホモ」と揶揄する気持ちは十分に理解できます。そのことを理解せず、「怒りを力」 の上映をするのはまずかろうと思います。

「カミングアウトするもしないも本人が決めればいいこと」という前提は正しい。しかし、そのことによって、カミングアウトする人たちがカミングア ウトした人たちと同じ発言権があるのだと勘違いしてはいけない。クローゼットとし
て生きていく決断をしている人たちはしばしばオープンリーゲイの 足を引っ張る。対等な発言力があるとすると、オープンリーゲイはただただ叩かれ、蔑まれることになりかねない。クローゼットなゲイには「おまえら はヘテロとして生きているんだから黙っとけ」と言っていいし、言うべきです。北丸さんはそのイライラを溜め込んでいたのだろうと思います。

どぅーどぅる君はそれでも納得できていなかったようですけど、たぶん自分自身に重ねるところがあるんでしょう。日常生活では彼は在日であることを 明らかにしてませんから。

しかし、これをそのまま在日に重ねるのは無理があります。在日はいくら隠しても在日であることは公的に証明されてしまうのだし、そこに直面する瞬 間はどうしても来ていまいます。パスポートを見れば明らか、選挙の際にも明らかですから。

対して、同性愛者は異性愛者として一生を終えることも可能。言わなければわかりはしないわけで。完全な異性愛者であるとして生活している人たち が、都合のいい時だけ当事者ヅラするなってことです。

この辺のことを改めて彼は考え抜く必要があるかと思います。


<<<<<<<<<<マッツ・ザ・ワールド 第6064 号>>>>>>>>>>

=========(のら猫の手が引用終了)======









 
 



 

   松沢呉一編著『売る売らないはワタシが決める』



女性のフェミニストが性的に偏狭で被害者意識過剰だから、松沢呉一の仲間たちのセックスワーカーの合法化運動やゲイリブのほうに活路を見出して幻想をいだいていたけど。

松沢呉一が有料メルマガで、正確な引用じゃないけどだいたいこういう趣旨の発言をしていた「正義の活動をするゲイリブに対して、ダサくて正義の活動をできない情けないゲイたちが妬み嫉みで足を引っ張る」とか。私はそれを単純素朴に信じてたけど。

http://www.pot.co.jp/potch/potch-archive/20110218_105513493922483.html

でもヘイトスピーチ反対活動にゲイリブたちも参加して来て。でもハスラー・アキラらが本屋への圧力肯定とかおかしなところだらけなのには疑問を感じるようになってきて。


ブログ「ジャックの談話室」→「ゲイリブの拠点、2丁目aktaの予算打ち切り」で徹底批判されてたのを知って目からウロコが落ちました。
そして「ゲイリブと在日」で、実はゲイリブには被害者意識過剰な在日だらけで、大多数のゲイたちからしたらその被害者意識過剰な姿勢に対して批判が殺到しているとか。
ゲイリブは被害者意識過剰で、独善の押し付け、被差別者を悪用して税金から利権を搾り取ってるとかで、大勢のゲイたちから嫌われているということを大量に書いている。
ゲイリブは実は被害者意識過剰で在日と創価統一信者だらけだという噂。麻薬とHIV汚染がひどいのに、それを隠して他人様に啓発活動をしているとか。
2chでも匿名から大量の悪口が書きこまれているけど、その真贋については分からないけど、該当の関係者たちは反論も釈明もせず沈黙したまま。
東京のゲイバー「タックスノット」の店員。その店について、ネットの噂では、店主や他の店員らが創価とか。
ゲイリブのパレードが中止になったけど、ネット上からの匿名の噂では麻薬で逮捕者が続出したせいで、それを隠ぺいしてきたとか。
twitter上で、ゲイリブやしばき隊界隈を徹底批判しているゲイたちが大勢いるのを知って驚きました。その内の一人は丸井なんとかで、アキラやブブやユースケ等を徹底批判していて、その批判も妬み嫉みとは思えなくてかなり信ぴょう性が感じられた。
ゲイリブ界隈ってノンポリのゲイたちから評判が悪いということを最近になって知った。

ハスラー・アキラやブブドラマドレーヌらが市場ずしネットリンチにも加担をしていたのでますます幻滅した。


有料メルマガをやってたけど、終了。
清義明のネット雑誌「タグマ」などで活躍。



ゲイリブに異常に媚びる。
ブログ「ジャックの談話室」で、ゲイリブ業界の麻薬、利権、悪評、在日や帰化人だらけを知ったけど。松沢呉一が異常に遠慮してるのが分かった。