リンチ事件被害者、主水への二次加害 、種類別



加害者をかばうために、「レイシャル・ハラスメント」「在日」など、マイノリティの属性を悪用するテンプレの証拠保存


 → 2016年

 週刊実話のリーク情報で、ネット上が大騒ぎになった。
加害者をかばうために、加害者側のお仲間たちが「レイシャル・ハラスメント」「在日」など、マイノリティの属性を悪用


 → 2017年


 → 2018年

 2017年12月についにリンチ事件の裁判で5人組が本人尋問されて。
2018年に判決。判決結果は、エル金、凡、伊藤が罰金で、李信恵とマツモトは不起訴処分だったので、5人組と弁護士は祝杯をアップ。
被告側弁護士の神原が、被告側のマイノリティ属性を悪用。