→ 社納葉子(@shanouyoko)(yoko.shanou)

 社納葉子
@shanouyoko 

社納葉子
yoko.shanou


Yoko Shanou
yokoshanou


 信恵信者のクズフェミライター。
 リンチ事件後も一緒に記念撮影。


 
 



2015/09/26
鄭 甲寿(チョンカプス)
















 
2016/02/09










 




2018/12/01














http://archive.ph/rsJbR



花柄シャツの女性?
モリヤマレイジ(「エル金は友達祭り」参加、イトケンの声かけリスト)
パク・ミニョン(元あらい商店)
チョキの女性?
ソウルフラワーユニオン中川(イトケンの声かけリスト)
リク
レニー(「エル金は友達祭り」参加、噂ではエル金と)

李信恵
?頭巾の女性?(李信恵ベッタリのクズフェミライターの社納葉子か?)
眼鏡にVサインの男性?
キツネ型の手の男性?
イクピー(元SADL、関西市民連合)(「エル金は友達祭り」参加、イトケンの声かけリスト)
まえだまえだ(「エル金は友達祭り」参加、イトケンの声かけリスト)




http://archive.ph/K0kNM

パク・ミニョン(元あらい商店)
リクオ





TWITTERにアップされたのは日付は2019/08/08だけど、実際に撮影をされたのは、2018/12/01なのでしょうね。




http://archive.ph/nh485

花柄シャツの女性?
モリヤマレイジ(「エル金は友達祭り」参加、イトケンの声かけリスト)
パク・ミニョン(元あらい商店)
元あらい商店で働いていた女性
ソウルフラワーユニオン中川(イトケンの声かけリスト)
リク
レニー(「エル金は友達祭り」参加、噂ではエル金と)

李信恵
?頭巾の女性?(李信恵ベッタリのクズフェミライターの社納葉子か?)
眼鏡にVサインの男性?
キツネ型の手の男性?
イクピー(元SADL、関西市民連合)(「エル金は友達祭り」参加、イトケンの声かけリスト)
まえだまえだ(「エル金は友達祭り」参加、イトケンの声かけリスト)



 2019/08/08



http://archive.is/DBNCQ






 



ソウルフラワー中川敬&リクオ
『うたのありか2019』


2019/9/1(日)大阪ハウリンバー






http://archive.ph/vLQ2g




2019/09/02 08:47




http://archive.ph/AY95J



イクピー
元あらい商店で働いていた女性
リクオ
ソウルフラワーユニオン中川
パク・ミニョン(元あらい商店)
黒いシャツの男性?

眼鏡に赤いスカーフに青シャツの女性は、井上不二子 (野生動物専門の肉屋、山肉デリの店主)
ケニー
レニー、
?西口正史(ラジオ関西) ?
まえだまえだ
眼鏡にキャップの男性?
?指を狐みたいにしている男性?(あの界隈でよう見かける奴だけど、不明)
?頭にスカーフで黄色い髪の女性は?(李信恵ベッタリのクズフェミライターの社納葉子か?)
女性?


?黄色い髪の女性は?(李信恵ベッタリのクズフェミライターの社納葉子か?)(あの界隈とようつるんる細井小百合か?)
モリヤマレイジ
黄色いシャツの男性?









 







=============



人権研修はケツ持ちが命

90年代に「芸能人は歯が命」という歯磨き粉のCMがあった。言うならば人権研修はケツ持ち(バック)が命といったところ。また人権研修の密室性についても示唆するところが多いこのエピソードを紹介しよう。2012年4月、京都府亀岡市で無免許で自動車を運転していた少年が小学生・保護者の列に突っ込み3人が死亡、7人が重軽傷という痛ましい事故が起きた。当時、ネット上ではこの少年が解放同盟員の幹部の子息という情報がありその真偽を確認するため取材した。結論から言えばデマで加害者少年は一般地区出身だったが、この取材の過程で妙な情報を入手した。

同和問題、女性の人権などの分野で活動する社納葉子氏というフリーライターがいる。解放同盟の関連刊行物でも執筆多数。SNSなどを見ると在日朝鮮人活動家の李信恵氏ら反差別活動の面々との集合写真がある。失礼ながらライターというよりも活動家というイメージの人物だ。



こんな話だった。社納氏が亀岡市からの依頼で2011年7月、「人権教育講座」に登壇した。すると受講者から「えせ同和」などの批判を受け、また亀岡市教育委員会からも説明を求められたというのだ。要するに同和や人権問題を専門にする「運動体より」の講師が攻撃されるという珍しい例である。

そして市からは職員による聞き取りを求められた。ところが社納氏のブログによると亀岡市教育委員会からの連絡はしばらくすると途絶えたという。当時、社納氏にメールを通じて取材を申し込んだが断られた。亀岡市に至っては取り付く島もないという様子で一切「ノーコメント」だった。普通、自治体職員は感情を表さないものだが、当時応対した職員は非常にナーバスになっていた。なお謝礼は交通費込みで28900円とありこのクラスの講師の相場が分かるのも興味深い。



面白いことに当時、社納氏よりも亀岡市側の取材拒否感が強かった。また妙なことに地元解放同盟の支部長に事故の一件だけではなく、講演会についても聞いてみたのだが「えせ同和やて。面白いこというやないか」と初耳の様子だった。つまり地元の有力な同盟員ですらトラブルを把握してなかったようだ。

自治体職員や活動家というものは分かりやすい人種だ。自身が有利な立場の時は攻勢、強気に出るし、不利と見ると沈黙、後手になる。この場合は明らかに亀岡市側がトーンダウンしている様が見て取れた。つまり亀岡市は社納氏の経歴や背景を理解していなかったのだろう。それは




講演を文字起こししたものを読んだ、部落解放運動の関係者の一人は「まったく問題ない」と言い切ってくれた。

『部落差別は「特別な差別」なのか?17』 (2012-04-11)




という辺りに事態収束の謎が垣間見える。つまり「えせ同和」とクレームをつけた参加者たちが女性講師に“かましてみよう ”と思ったところ、相手は上位のバックボーンがあったから尻すぼみしてしまったと見た。市役所側も拳は振りあげたが同じく背景を知ってどう矛先を収めていいのか右往左往したのだろう。仮に登壇したのが解放同盟の役員や関係する大学教授あたり人権研修の常連ならばこんな事態は起きてなかったはず。「フリーライター」という微妙な存在と知名度が参加者や亀岡市の判断を鈍らせたのだろう。現象としては面白いが誰の、どんな立場の人権に何ら役に立ってないエピソードである。

ともかく人権研修にとっていかにバックが大事で、また非常に密室的で狭い世界であるのかお分かり頂けたはずだ。




==========




 







リンチ事件後も、リンチ事件加害者側と集合写真を一緒に撮影しているので、平べったい顔で細い目の女性がいたけど。
リンチ事件加害者側の人脈で、平べったい顔で細い目の女性が複数名いる。
まだ判別が難しい。


 ★ 呉光現には娘が三人おって、その一人が呉眞雅。


 →  人物図鑑詳細情報 呉眞雅(pipipipipipipipi)(@oh_jina)



 ★ 細井小百合。FACEBOOKで李信恵と友達。

 → 人物図鑑詳細情報 細井小百合




李信恵やその界隈とようつるんでるのが、クズフェミライターの社納葉子で、黄色いショートヘアに丸顔で細い目で。見分けがつきにくい。

 → 社納葉子(李信恵とようつるんでるクズフェミライター)