→ 人物図鑑詳細情報 中村一成(@nakmurailsong) (なかむら いるそん)

  中村 一成

@nakmurailsong
  
 
 


WIKIPEDIAにも記載されている。
中村一成


=======
1969年、大阪市生野区に在日コリアン三世として生まれる。
立命館大学文学部卒業後、1995年毎日新聞社入社。高松支局、京都支局、大阪本社を経てフリー。
コリアNGOセンターの派遣講師としても登録されている[1]。

記事[編集]
ウトロ地区をはじめとする在日コリアン関係の記事が多い。ウトロ地区の記事を執筆する際は、決して転売先が在日関係者であることには触れないことで知られている。このことは毎日新聞社内でも話題になっている。
その他、『インパクション』など他メディアにも執筆している。

著書[編集]
『声を刻む:在日無年金訴訟をめぐる人々』インパクト出版会 2005年 ISBN 4755401534
『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件――〈ヘイトクライム〉に抗して』岩波書店 ISBN 978-4-00-025964-4 C0036
共著『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』三一書房 ISBN 978-4-380-13009-0  C0036  前田朗/安田浩一/鵜飼哲/師岡康子ほか

======



つまり、ウトロ問題についての在日側に立ちすぎて日本を糾弾し過ぎた偏向報道で人々から非難抗議が殺到してジャーナリストとしての地位が失墜して。
それ以降は在日に媚びたのしか売りがなくなってしまったということでしょう。
 
 
   



2013/10/22発売

月刊「部落解放」
===========

2013年11月号 684号
特集●「在特会」とヘイトスピーチ

奴らを通すな!―差別・排外主義的行為に対して、政治の側は何をなすべきか/有田芳生
インタビュー/言論を抑圧する「言論」に対して―ヘイトスピーチを被害者の立場から考える/李春熙
インタビュー/社会の側から排外デモに抗議する!/安田浩一/金展克

連載・大阪とハンセン病ゆかりの地③/三宅美千子
連載・部落文化・再生文化③―循環型社会の基軸/地域社会の再生/川元祥一
『地の群れ』が描く差別と差別の衝突と交わり―部落問題に迫る遠近法としての映画③/山本崇記
連載◆水平社論争の群像⑫日本水平社/朝治 武
連載◆新破戒 第45回 地層/髙山文彦/絵・向原常美

グラビア●差別撤廃東京大行進/島崎ろでぃ
水平線●被災地に出前講座・相談会の日々/やはたえつこ
人権いろいろ●婚外子差別違憲の最高裁決定/福島みずほ
メディアのミレニアム●「ゲン」を閉じ込めたのは誰?―『はだしのゲン』閲覧制限をめぐって/中村一成
IMADRアップデイト●雇用と人権―インド
映像フリースペース●中国人反体制芸術家の現状を告発する記録映画―アメリカ映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」/白井佳夫
東京音楽通信●美空ひばり13歳の歌声―アメリカ公演の音源が偶然見つかる/藤田 正
本の紹介●『差別とアイデンティティ』/野口道彦
編集後記



=========



 
   



2013/10/30出版の新刊


三一書房

=========


『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―』


定価:本体1,400円+税
A5判 ソフトカバー 219頁
ISBN978-4-380-13009-0  C0036
前田朗編
執筆:前田朗/安田浩一/冨増四季/金東鶴/古川雅朗/岡本雅享/阿部ユポ/西岡信之/中村一成/鵜飼哲/坪川宏子/金尚均/師岡康子(掲載順)

私たちが生きる日本社会を、悪意と暴力に満ちた社会にしないために―
「ヘイト・スピーチ」を克服する思想を鍛えるためのガイドブック!



==========



 
 





2014/06/09





 
 
   


2014/08/17







 
   




http://pcompany.jugem.jp/?eid=1902
====
いきなり告知攻撃!!
2014.10.07 Tuesday - 21:00 comments(0) trackbacks(0) - by さくらたまこ
緊急決定!

東京公演のアフタートークに参加していただくゲストの方が決まりました!!
11月2日日曜日17時の回は映画監督の坂上 香さん
11月3日月曜日14時の回は映画監督・作家の森 達也さんです。

というわけで、Pカンパニー初のアフタートーク。
ぜひ劇場で公演と共にご覧くださいませ。

「沈黙」アフタートークメンバー
11月2日17時開演
坂上 香・石原 燃・小笠原 響
11月3日14時開演
森 達也・石原 燃・林 次樹

「沈黙」公演のチケットも絶賛発売中です!

PカンパニーHP
http://homepage3.nifty.com/p-company/performance14.html


そして

今まで隠していたわけではありませんが
告知が遅くなってしまいました。

実はPカンパニーは今回の公演「沈黙」を
大阪でも上演することになりました!!
初の旅公演ですっ。

今回の作家、石原 燃さんのホームである大阪で
演劇ユニット燈座との提携公演として上演させていただきます。

ぜひ関西圏にお住いの皆様。
よろしくお願いいたします。
もちろん東京から応援に来ていただくのも大歓迎です!(笑)

Pカンパニー第14回公演
演劇ユニット燈座提携公演

「沈黙」
作・石原 燃(新作書下ろし)演出・小笠原 響

2014年11月8日・9日
谷町劇場(劇団大阪稽古場)

11月8日(土)14:00/18:00
11月9日(日)14:00

全席自由席 前売・当日共
一般 3500円・学生 2500円

8日18時の回と9日14時の回はアフタートークがあります。

アフタートークメンバー
8日18時 喜志哲雄(京都大名誉教授・演劇評論家)
     くるみざわ しん(劇作家)
     石原 燃

9日14時 中村一成(ジャーナリスト)
     石原 燃
     小笠原 響

チケットのお申込みこちらから
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=57985

大阪にお友達のいらっしゃる方、ぜひ拡散願います。
よろしくお願いいたします。



====




 
   


2014/11/28の講演会の告知














 
   





2014/12/04 19:14
Kwangmin Kim

?女?
李信恵、
?男?
中村イルソン
キム・ミョンス(関西学院大学教授)
キム・クァンミン(コリアNGOセンター)、
スーザン・メナデュー・チョン
?眼鏡の男?



2014/12/04 19:14
Kwangmin Kim



たぶん、林範夫(弁護士、コリアNGOセンター)
李信恵、
?男?
中村イルソン
キム・ミョンス(関西学院大学教授)
キム・クァンミン(コリアNGOセンター)、
スーザン・メナデュー・チョン






 
   









 
   




2014/12/07
秋山理央 撮影
「集団的自衛権に反対する学生デモ - 2014.12.7 京都市」


ピョン・リョンナ、カナブン、増野、
マナ?
03:30 飲食店内から中村イルソン(ジャーナリスト)?、李吉春?(イトケンの声かけリスト)が手をふってるの?
店外からレイジ?






 
   




2014年12月16日に、李信恵の反ヘイトスピーチ裁判。その後、十三のあらい商店で飲み会。

その後、別の店に移動して飲み会を続行。

(以下は長いこと極秘だったこと。その後、、李信恵、凡、エルネスト金、伊藤大介、マツモトエイイチらで北新地のバーに移動して、主水を電話で呼び出して集団リンチ。被害者恩主水は警察に被害届を出した)

李信恵、凡、エルネスト金はそれ以降長期間、公開での活動を停止。謎の活動停止については、次第に「主水への暴力事件。主水は被害届を出した」ということが漏れ出してきた。




 
   



2014年11月30日の告知で、2015/01/12の予定で李信恵と中村一成とで講演会の告知があったけど。

https://twitter.com/jimbunshoin/status/539280297234153472
=============
1/12(月・祝)13時半~、在日韓国朝鮮人問題シンポジウム「ヘイトクライムから考える「私たち」のいま」@大阪クリスチャンセンター。講演と報告:中村一成、李信恵/主催:日本基督教団大阪教区/参加無料・カンパ制。
http://www.pure.ne.jp/~uccj-osk/
20:50 - 2014年11月30日
====================



http://blog.goo.ne.jp/okuyeo/e/fe2c12864997f303b716aa9558ca33e5

これに参加した方からのレポート。告知通り、二人とも出演し講演をしたのが分る。




【会場カンパが八万五千円近く集まりホンギルトン基金に四万二千円寄付して頂きました、あと半分はシネさんの裁判基金に送られました。】



http://ameblo.jp/amebloacchan/entry-11975819614.html
===========
●1月12日(月祝) 13:30~16:30  大阪クリスチャンセンター(大阪市中央区玉造2-26-47)
第34回 在日韓国朝鮮人問題シンポジウム
「ヘイトクライムから考える「私たち」のいま」
講演:中村一成 (いるそん)さん(フリージャーナリスト)
報告と発言「私の受けたヘイトスピーチ」:李信恵(リシネ)さん(フリーライター)
参加無料・献金あり ※献金は、朝鮮学校を支えるホンギルトン基金と李信恵さんの反ヘイトスピーチ裁判支援に捧げます。
主催:日本基督教団大阪教区  http://www.pure.ne.jp/~uccj-osk/
共催・実行委員会組織:社会委員会/日韓宣教協約特別委員会
============


 
   





2015年春ごろ、李信恵、凡、エル金らは活動再開。謎の自粛期間についてはその理由は一切言わなかった。




 
   
2015/02/21





http://archive.is/8BGrG


2015/02/27








 
   



2015/03/03




 
   




2015/06/21
撮影 秋山理央
「戦争立法に反対する学生デモ/SEALDs KANSAI - 2015.6.21 京都市」



リンチ事件隠ぺい工作、セカンドリンチ加担、イトケンの声かけリストにのってる人脈のほとんどが参加。

02:34~ OK
14:04~ ピーコ、のじまさとこ、後ろにカナブン、凡、マナ、フサエ、マエダマエダ
14:17~ カナブン、凡、
14:19~ サンナム
14:21~ いつき
14:35~ レイジ
14:36~ イクピー、傘、レイジ、奥山ユウスケ、SK2
14:53~ 奥田愛基(SEALDS)、山田創平
15:04~ 赤い帽子に灰色シャツはあぶ?
15:08~ 白川(豚マン王子)
15:37~ nuho(ANTIFA大阪)、
15:33~ kenken、ピョン・リョナ、チチ、李信恵、毎日香サドラー、
15:42~ あらまー
16:17~ 渡辺雅之准教授、(赤い顔)、 黄色い帽子に黄色いズボンはあぶ?
16:20~ 着物女性はなお(pekako)?
16:24~ 増野?
16:50~ 大河原としたか弁護士(共産党立候補者)、中村一成
16:51~ 吉田 幸弘
17:11~ あらまー

野間陸、大野、横川 圭希、ヒヒ、ヤス、ピーコ、のじまさとこ、あぶ、河本マチコ、ユキマツ、上野ヤデ、金マンリ(車椅子)、猫屋敷、










 
   


2016年4月28日発売の週刊誌で暴露以降、リンチ事件が発覚し、大騒動になった。




 
   



リンチ事件発覚以降も、懇意なのをアピール。





 
   



2016/08/21



===========

嶋田 至
2016年8月21日 ·

昨日、じんけんSCHOA主催のシンポジウム「ヘイトスピーチに私たちはどう立ち向かうべきか?」を開催しました。
事務局としては、「大仕事」を無事終えることができて、ほっとしています。

さて、シンポジウムでは、じんけんSCHOLA共同代表の上杉聰さんの司会進行で、5人のパネラーからお話を聴きました。

中村一成(イルソン)さんからは、京都朝鮮学校へのヘイトデモを取り上げ、差別が公然化し、攻撃性を増していることが説明されました。
「ダメなことはダメ」と声を上げ続けること大切さを感じました。
 
李信恵(イ・シンネ」さんは、かつてヘイトデモを取材したとき、「いい韓国人も悪い韓国人も殺せ!」と書かれたプラカードを笑いながら掲げているデモ参加者をみて、心臓が止まりそうに驚いたそうです。
そして、2年前にヘイトデモ主催者を告訴。「私が黙っていると、差別がなかったことになる」という責任感からの告訴だったそうです。
ただ、告訴してからがたいへんだったそうで、Twitterでの嫌がらせが、毎日5,000~2万件ほど届くそうです。
10kgほど痩せたとのこと。

川口泰司さんからは、ネットでの差別の問題が提示されました。
いま、「部落地名総監」がネットでオープンになり、たとえば、ある地域の氏名を入力すると、その人が部落出身者かどうかが特定できるようになっているそうです。
インターネットでの差別は、欧米では徹底されているとのこと。
日本でもそのような対処の必要性を感じました。

文公輝(ムン・コンフィ)さんは、生野区で民族差別に取り組んでおられます。
ヘイトスピーチをみて、地域のいろいろな団体に「私たちの町でこんなことが許されるのか?」を訴え、反対運動に巻き込んでいったそうです。
大阪で、ヘイトスピーチ禁止条例が制定されたのも、そんな広範囲の住民運動がベースになっているようです。

松波めぐみさんは、長年、障害者の支援運動に取り組んでこられました。
先日の相模原の事件を受け、とても戸惑っておられる様子を、私たちに伝えてくれました。
障害者が、地域から排除されている、その積み重ねが、今回の事件いつながっているのではないか...
相模原の事件の背景を、もっともっと深くとらえていく必要性を感じました。

司会進行の上杉さんからは、非差別部落の人に対する意識調査の結果が伝えられました。
若い人から高齢者まで、どの年代にも差別に肯定的な人が、5~10%程度はいるそうです。
今まで、この層の人たちは声を潜めていたのに、いま、声を出せる環境になったのではないかということを、問題提起されました。

たいへん内容の充実した3時間半でした。
  
マイノリティの生きづらさは、マジョリティにはなかなか理解されにくいのだと思います。
マジョリティの人たちは、「差別なんかないよ」「苦しんでいるのは努力が足りないのだ」などと、感じることも多いのではないでしょうか。
でも、差別はあるし、それは、本人の努力とは関係のないところで起きるし、ときには身の危険を感じさせるほどの暴力として迫っているものです。

それは、マイノリティの立場に立ってみないと、感じることができません。
自らすすんで、相手の立場にたってみること。
多様な人たちとの共生や協働は、そんな行動からスタートするのではないかと感じました。ー 場所: 大阪市立大学 梅田サテライト

=======

http://archive.li/IPDoR





週刊誌報道でリンチ事件がリークされて、ネット上で大騒動になってた。
それでも李信恵を人権問題の講演会に招致した。

2016/08/21




http://archive.is/nDjGy
 



 
   




2017/07/26出版の新刊




法律文化社

本当は怖い自民党改憲草案
======

■執筆者紹介(*は編者/執筆順)

*伊地知紀子 いぢち のりこ
大阪市立大学大学院文学研究科教授

山室 信一  やまむろ しんいち
京都大学名誉教授

内田樹 うちだ たつる
神戸女学院大学名誉教授

藤原 辰史 ふじはら たつし
京都大学人文科学研究所准教授

石埼 学 いしざきまなぶ
龍谷大学法学部教授

中村 一成
なかむら いるそん
ジャーナリスト

武村二三夫  たけむら ふみお
弁護士(大阪弁護士会)

西垣 順子
にしがき じゅんこ
大阪市立大学大学教育研究センター准教授

岩佐 卓也 いわさ たくや
神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授

弘川 欣絵 ひろかわ よしえ
弁護士(大阪弁護士会)

香山リカ  かやま りか
立教大学現代心理学部教授

西澤 晃彦
にしざわあきひこ
神戸大学大学院国際文化学研究科教授

金 尚均 きむ さんぎゅん
龍谷大学法学部教授

石川 康宏  いしかわ やすひろ
神戸女学院大学文学部教授

大野  至
おおの いたる
関西市民連合、元SEALDs KANSAI

塩田潤 しおた じゅん
関西市民連合、元SEALDs KANSAI

*新ヶ江 章友 しんがえあきとも
大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授





======





 
   



2018/03/29












 
   


2019/01/10
朴敏用(パク・ミニョン)






ブブ・ドラマドレーヌ
猫屋敷
李信恵
中村一成(イルソン)
朴敏用(パク・ミニョン)(元あらい商店)
松本エイイチ
?後藤由耶(ごとう よしや)(毎日新聞記者)?
増野徹
伊藤大介






2019/01/10
朴敏用(パク・ミニョン)









松本エイイチ
?白髪の男性?
?後藤由耶(ごとう よしや)(毎日新聞記者)?
増野徹
伊藤大介
中村一成(イルソン)
李信恵
猫屋敷
ブブ・ドラマドレーヌ



 
   





2019/01/14(月)14:00~15:00にビデオ上映会とお話
2019/01/14(月)15:15~17:00にパネルディスカッション
会場:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン

2019/01/14(月)17:45~交流会(韓国料理屋「ハルバン」)



京都市 地域・多文化交流ネットワークサロン


==============

「済州4・3事件に学ぶ」―京都から「4・3事件」を考える―

今年で70年を迎える「済州4・3事件」について、京都の地からパネル展やビデオとお話、パネルディ
スカッションを通じ学び、考えます。
日時:2019年1月7日(月)午前9時~19日(土)午後5時 
   *ビデオとお話、パネルディスカッションは14日(月)のみ。
会場:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン
  京都市南区東九条東岩本町31


*ビデオとお話、パネルディスカッション
1月14日(月)
午後2時~3時 ビデオ上映
「悲劇の島 チェジュ(済州)~『4・3事件』在日コリアンの記憶~」
(2008年4月27日放映 NHK「ETⅤ特集」)
        お話:伊地知紀子さん(大阪市立大学文学研究科教授)
          「済州4・3事件とは」
午後3時    コーヒーブレイク
午後3時15分~5時   パネルディスカッション
「京都から『済州4・3事件』を考える」
  パネリスト:呉光現 (オ・クァンヒョン)さん(在日本済州4・3犠牲者遺族会会長)
     :中村一成 (ナカムライルソン)さん(ジャーナリスト)
進行:西岡研介さん(ノンフィクションライター)
  午後5時45分~ 交流会 「ハルバン」(京都市南区東九条南河原町6-10)


主催:「済州4・3企画」実行委員会
協賛:特定非営利活動法人 コリアNGOセンター/京都市地域・多文化交流ネットワークサロン/京都・東九条C
ANフォーラム/アジア国際夏期学校/愛隣館研修センタ-/立命館大学コリア研究センター/特定非営利活動法
人 丹波マンガン記念館/特定非営利活動法人聖公会生野センター/在日本済州43犠牲者遺族会



===========


「済州4・3事件に学ぶ」――京都から「4・3事件」を考える――への呼びかけ
「日本から済州島まで来てくれてありがとう。『4・3』の歴史を学びに来てくれて感謝しています……」
 2017年4月1日から3日にかけて、済州島で行われた「済州4・3慰霊の旅」の現地コーディネーターを務めて下さった金
昌厚(キム・チャンフー)氏(前「四・三研究所」所長)は参加者との別れ際、こんな挨拶をされた。
 10回を数えたこの「慰霊の旅」を企画し、旅の間、通訳を務めてくれた呉光現(オ・クァンヒョン)氏(「在日本済州4・3犠
牲者遺族会」会長)を通じて聞いたこの金氏の言葉に、私は恐縮すると同時に、この旅で知った過去の事実と、今なお続く重い現
実に今後、どう向き合っていけばいいのかを思案し続けていた。
 済州4・3事件は、第二次世界大戦後の米軍政期に起こり、朝鮮戦争勃発後に至るまでの7年7カ月にわたって、済州島全域で
行われた住民大量虐殺事件だ。
 発端は1947年3月1日、米軍政の済州島民に対する圧政に抗して行われた官・民一体のゼネストだった。デモ隊に向かって
警察が発砲し、住民6人が死亡。島民の怒りはピークに達した。これに対し米軍政と警察は済州島を「アカの島」とフレームアッ
プし、本土から応援の警察部隊と極右勢力の「西北青年団員」を送り込み、徹底した弾圧を行った。
 この米軍政や警察による弾圧、また朝鮮半島の分断を固定化させる南半島の単独選挙に抗し、翌48年4月3日、共産主義政党で
ある南朝鮮労働党(南労党)済州島党が武装蜂起した。これを以て後に「4・3事件」と呼ばれることになるのだが、同年8月15
日、南半島単独選挙によって大韓民国政府が樹立されると、李承晩政権は済州島を「鎮圧」するために軍隊を派遣。11月17日に
は戒厳令が敷かれ、済州島全域で「焦土化作戦」が展開された。多くの無辜の島民が「アカ」の烙印を押され、「武装隊に協力し
た」という理由で、集団で虐殺されたのだ。
 さらに50年、朝鮮戦争が勃発すると、済州島民らに対し「予備拘束」が行われ、再び多くの住民が「処刑」された。そして54
年9月21日の「漢拏山(ハルラサン)禁足地域の全面解放」を以て、4・3事件は終結した――とされるのだが、この間の犠牲者
は2万5千~3万人に及んだといわれている。
 済州島でこのような事件があったことは、廬武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が、韓国大統領として初めて済州島民に公式謝罪した
2003年以降、日本の新聞、雑誌等でも時折、報じられるようになったので、全く知らないわけではなかった。さらに言えば、
学生時代からの友人でもある呉氏が20年前からこの事件に取り組んでいたことも知っていた。が、私の中では、あくまで「韓国近
代史上、隠蔽されてきた惨事」という認識だった。
 2017年3月、抱えていた仕事が一段落し、長年、気になっていた隣国の史実でもあったので、私は冒頭の「済州4・3慰霊
の旅」に参加した。
 500人以上の住民が虐殺されたノブンスンイ、ムドンイワッやクンノルケなどの「失われた村」、そして朝鮮戦争勃発後、予
備拘束された200人近くの人々が集団虐殺されたアルトゥル飛行場跡……。半世紀にわたって「語ることも、悲しむことさえ、
許されなかった」それらの現場から、70年の歳月とタブーを乗り越え迫ってくる事実のあまりの凄惨さに私は、圧倒され、言葉を
失い、混乱した。僅か3日間、「4・3事件」のほんの「入り口」に立っただけにもかかわらず、だ。
 そして整理のつかない頭と心を抱えながら帰国した私は、折に触れ、それを試みようとしたが、うまくいかないまま、1年が過
ぎ、事件から70年を迎えた。
 日本人である私にとって最大の課題は、この事件に対し「当事者性」が持てないことだった。
 日本による朝鮮に対する過去の植民地支配、それに起因する強制連行や慰安婦問題などの歴史的事実、さらには日本社会に蔓延
る在日朝鮮人差別や、それが顕在化したヘイトスピーチなどの問題は全て「日本人の問題」であり、これらに対しては当事者意識
を強く持てる。
 一方、「済州4・3事件」では、弾圧を指示した当時の警察幹部の多くが「日帝時代の官吏」であり、焦土化作戦を行った軍幹
部の大半が「旧日本軍の志願兵」だったことなど、事件の背景には間違いなく「日本の植民地支配」が存在し、それが大きく影響
している――ということは、頭では理解できるのだ。が、なかなか「当事者」としての感覚が持てず、正直、この事件にどう向き
合えばいいのか苦慮していた。
 そんな悶々とした気持ちを抱えながら私は、今年4月22日に大阪・東成区民センターで開かれた「済州4・3事件70周年犠牲
者慰霊祭」に参加した。開会の30分以上前に到着したにもかかわらず、会場となったホールは満席。通路にも人が溢れ、開会時間
になってもまだ、入り口の前には入りきれない人の列ができていた。後に聞いたところによると大阪では700人、東京では15
00人が参加したという。その多くが遺族の一世や、その子や孫の二世、三世だった。
「4・3事件当時、虐殺から逃れるために日本に渡った済州島民は『5千人以上』とも、『1万人以上』とも言われるが、在日社
会では未だに事件そのものがタブーとなっているため、正確な数は分からない……」
 以前、呉氏からこんな話も聞かされていたし、金石範(キム・ソクポム)さんや金時鐘(キム・シジョン)さんの作品や、文京洙(ム
ン・ギョンス)教授の論文からもそうした事実を知り得ることはできた。だが、あの日、東成区民センターに集まった多くの人の
姿を目の当たりにして初めて、日本が済州4・3事件の「現場」の一つであることを強く認識すると同時に、ようやく「関係者性」
を見出すことができた。
 このような経緯から私は、20年余にわたってこの事件に取り組んできた呉氏ら在日の遺族や、大阪や神戸と同様に済州島出身者
が暮らす京都の人たちと共に、この「済州4・3事件に学ぶ」に企画段階から関わり、呼びかけ人の一人に名を連ねることにしま
コ ト
した。
 日本人、朝鮮人という民族の違い、「韓国」、「朝鮮」という国籍の別を問わず、一人でも多くの人に犠牲者の「声なき声」に
耳をすませていただければ幸いです。
2018年11月3日 ノンフィクションライター 西岡研介



===========








 
   


2019/02/02の講演会の告知







 
 




2019/09/26出版の新刊






 
 
   



2019年12月22日(日) 13:00~17:00
龍谷大学(深草キャンパス)紫光館4階 法廷教室


《「ヘイト・クライム」ユニット公開イベント》京都朝鮮第一初級学校襲撃事件から10年【犯罪学研究センター共催】
「民族教育に対する攻撃とたたかう」 ヘイト被害回復と民族教育権をめぐる日本社会の状況から

中村一成さん(ジャーナリスト、

裁判弁護団の豊福誠二弁護士、
事件当時に京都朝鮮第一初級学校のオモニ会会長だった朴貞任(パク・ジョンイム? パク・チョンイム?)(チングドゥルのメンバーで歌担当、民謡歌手)、
襲撃事件裁判を支援する会(こるむ)の事務局長を務めた山本崇記(たかのり)(立命館大学大学院から静岡大学准教授)、
徳島県教組襲撃事件裁判の原告である冨田真由美さんが出演した。
事件当時、京都朝鮮第一初級学校アボジ会の副会長だった金尚均(キム サンギュン)(龍谷大学教授)がコーディネーターを務めた。


龍谷大学
======

《犯罪学研究センター「ヘイト・クライム」ユニット公開イベント》
京都朝鮮第一初級学校襲撃事件から10年
「民族教育に対する攻撃とたたかう」
ヘイト被害回復と民族教育権をめぐる日本社会の状況から

=========

日時:2019年12月22日(日) 13時~17時/受付12時30分~
会場:
龍谷大学 深草キャンパス 紫光館4階 法廷教室(EV,多目的WC有)
(>>アクセス方法)
最寄駅:地下鉄「くいな橋」駅、京阪電車「龍谷大前深草」駅、JR奈良線「稲荷」駅
資料代:500円

<内容>
◇第1部「事件当事者たちなどによるパネルディスカッション」
事件当時第一初級学校 アボジ会副会長
事件当時第一初級学校 オモニ会会長
襲撃事件裁判を支援する会(こるむ) 事務局長
「朝鮮学校嫌がらせ事件裁判」弁護団
徳島県教組襲撃事件裁判原告 ほか

◇第2部 特別講演「残された課題としての公的ヘイト」
中村一成さん(ジャーナリスト、『ルポ京都朝鮮学校襲撃事件』著者)

◇同時開催 写真展と資料展

<主催>
朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋
<共催>
龍谷大学犯罪学研究センター(Criminology Research Center)


※本企画の趣旨にそぐわない方の参加をお断りする場合があります。


=========


ブログ 日刊イオ
===========
京都朝鮮第一初級学校襲撃事件から10年、京都で集会

by leesangyong · 公開済み 2019年12月25日 · 更新済み 2019年12月25日

「京都朝鮮第一初級学校襲撃事件から10年 民族教育に対する攻撃とたたかう―ヘイト被害回復と民族教育権をめぐる日本社会の状況から」が12月22日、京都の龍谷大学深草キャンパス紫光館で行われた(主催:朝鮮学校と民族教育の発展を目指す会・京滋【こっぽんおり】、共催:龍谷大学犯罪学研究センター)。

冒頭、襲撃事件を振り返る映像が流された。

続いて、事件当時者、支援者、関係者らによるパネルディスカッションが行われた。裁判弁護団の豊福誠二弁護士、事件当時に京都朝鮮第一初級学校のオモニ会会長だった朴貞任さん、襲撃事件裁判を支援する会(こるむ)の事務局長を務めた山本崇記さん、徳島県教組襲撃事件裁判の原告である冨田真由美さんが出演した。事件当時、京都朝鮮第一初級学校アボジ会の副会長だった金尚均さん(龍谷大学教授)がコーディネーターを務めた。

パネルディスカッションに続いて、事件当時、校舎内にいた元生徒3人(現在はいずれも大学生)も壇上に立って発言した。

第2部では、ジャーナリストで『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件』の著者である中村一成さんが「残された課題としての公的ヘイト」というテーマで講演を行った。

以下、パネルディスカッションでの朴貞任さんの発言内容を一部紹介したい

日常が一変した事件だった。襲撃者の人数は10数人だったが、その背後に、事件を称賛するサイレントマジョリティの存在を実感した。小さいころから差別をたくさん受けてきたが、怖いと思ったことなかった。朝鮮人として堂々と生きてこられたのは、民族学校に通い、自分のアイデンティティを培ったから。でも、この時はじめて怖いと思った。周りが全部敵に見えた。なぜ事件を止められなかったのか、10年経った今も宿題のように自分の心の中に残っている。

在日が裁判を起こしても勝ったことない、やっても無駄、傷つくだけ、警察も何もしてくれなかった、司法に訴えたところで自分たちを守ってくれる判決が出るわけない、かかわりたくない、早く忘れたい―。裁判をするうえで、さまざまな声が上がった。でも私たちがここで黙ったら第2、第3の事件が起きる。ここで止めないといけないと民事裁判に踏み切った。最後には、やってよかったと思えた。失ったものも多かったが、得たものも多かった。

顔と名前を出して事件を語り継いでいく活動をしてきたのは、自分の中で事件を風化させたくない、なによりも事件を繰り返したくなかったから。

ヘイトスピーチ、ヘイトクライムはまだ続いている。被害の回復は道半ば。高校無償化、そして幼保無償化からの朝鮮学校除外、民族教育権の侵害―私たちの奪われた尊厳はまだ回復されていない。



事件当時の生徒たちからは、

事件の動画を初めて見た時、衝撃を受けた。それ以上に胸をえぐられたのが、在特会に同調するような発言で埋め尽くされていたコメント欄だった。

ヘイトスピーチの被害を受けたのは自分たちが悪いことをしたからではないのか、と自分の存在を否定してしまった。でも、「あなたの周りは敵より味方の方が多い、安心して」という周囲の大人の言葉に救われた。

事件の前までは、差別された経験もなく、在日に対する差別は実態のないものだと思っていたが、その日を境に日本社会を見る目が変わった。

ヘイトや差別を容認する日本社会は、長い年月をかけて作られてきた大きなアリの巣のようなもの。高校無償化除外や幼保無償化除外といった官製ヘイトとも地続きだと思う。

朝鮮学校を取り巻く環境を見る時、「かわいそうな朝鮮学校の子どもたち」に終始する意見は危なっかしい。構造的な部分にも着目すべきではないか。

といった声が上がった。

4時間半を超える長丁場となったが、非常に内容の濃い集会となった。

集会の場では、事件を通じた連帯、出会い、つながりが多く語られた。裁判を軸にしたたたかいに多くの人びとが連なった。この日の集会もそんな運動を通じてできた貴重なつながりの産物だった。

事件から10年。事件を機にヘイトクライム、ヘイトスピーチが社会問題化した。裁判には勝利したが、ヘイトクライム、ヘイトスピーチの問題は解決していない。被害回復のプロセスも道半ばだ。高校無償化、幼保無償化からの朝鮮学校除外、地方自治体の補助金減額、支給停止など朝鮮学校の民族教育に対する攻撃は終わっていない。このような「官製ヘイト」が蔓延する状況といかにたたかっていくのか。

この日の集会は今後の課題を考えるうえでも多くの示唆を与えてくれる場になったように思う。(相)
============








 
   


2020/03/05(木)、19:30~の催しの告知

中村一成
南山城支部事務所1階


=====

金 秀煥
2月4日 ·

支部の連続セミナーはなんてったって講師陣が超豪華なんです!!
そして次回は「ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件」の著者である中村イルソンさんをお迎えして、「ヘイトスピーチ の現在と今後の課題」というテーマで行います!!

去年のお酒の場で支部のセミナーの話になり、そこにいらっしゃった一成さんの「私は呼ばれていない」発言からこの企画がスタート。*後日確認したところご本人さんは覚えてらっしゃらないようで…笑

本セミナーはウリハッキョ(朝鮮学校)のチャリティー企画で2ヶ月に一度のペースで、各界の専門家をお招きして行っています。講師を引き受けてくれる方々はみなさん多忙な中、本企画の趣旨に賛同いただきご登壇くださる本当に「有難い」方々です。

皆様と一緒にヘイトピーチを考え、また皆様の参加費がウリハッキョの子どもたちのためるなる企画なので、地域の方はもちろん、地域外の方々のご参加も大歓迎なので、今からスケジュールの調整よろしくお願いします!ー 友達: 中村 一成

==========