→ 李信恵らの講演会の後ろ盾 2020年




       
 2020/01/09

19:00




2020/01/09のイベントの告知







 
 
2020/01/12

13:00

13:30



2020/01/12のイベントの告知





 
 
 2020/01/12

 15:30






2020/01/12のイベントの告知







 
 


2020/01/13






 
   



ロフトプラスワンWEST  2020/01/13


==================


「岸政彦にふれる」

OPEN 17:30 / START 18:30

前売り ¥2,500 / 当日 ¥2,800(飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト電話予約にて11/26(火)12時発売開始!
■購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/3159840001-P0030001
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
※ご入場はプレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト電話予約→当日の順 となります。

「岸政彦にふれる」

【出演】岸政彦、ケイン樹里安、上原健太郎

わたしたちをとらえて離さない社会の仕組みに、身近なテーマからふれて読み解く『ふれる社会学』刊行記念イベント。2020年最初のゲストは社会学者であり、第156回芥川龍之介賞候補および第30回、32回三島由紀夫賞候補に選出された、岸政彦さんにご登壇いただきます! 『社会学はどこから来てどこへ行くのか』『質的社会調査の方法』など、これまで/これからの社会学について論じつつ、小説も執筆されてきた岸政彦さんと共に、『ふれる社会学』の編者・ケイン樹里安と上原健太郎が現代社会について縦横無尽に語り尽くします!! 本イベントは『ふれる社会学』刊行イベントツアー、通称「#ふれしゃかツアー」第6弾! ということで、今回限りのスペシャルなお土産をご用意しております。是非お運びくださいませ!!

■岸 政彦(きし まさひこ)
1967年生まれ、社会学者・作家。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。主な著作に『同化と他者化』『街の人生』『断片的なものの社会学』『マンゴーと手榴弾』、小説に『ビニール傘』『図書室』など。


■ケイン 樹里安(けいん じゅりあん)
1989年生まれ.大阪市立大学都市文化研究センター研究員.主著:『アーバンカルチャーズ――誘惑する都市文化,記憶する都市文化』(晃洋書房2019年),『ポスト情報メディア論』(ナカニシヤ出版2018年).*NHK『おはよう日本』『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』TBS『NEWS23平成最後の夜』等に出演。


■上原 健太郎(うえはら けんたろう)
1985年生まれ.大阪国際大学人間科学部講師.主著:『持続と変容の沖縄社会』(ミネルヴァ書房2014年),『地元を生きる:沖縄的共同性の社会学』(ナカニシヤ出版,近刊).



==========



 
   


2020/01/18の講演会の告知









 
 
     


2020/01/22の催しの告知








 
 2020/02/02

 



2020/02/02の催しの告知























 
 李信恵もRT
2020/02/09


 
 15:00



17:30


 2020/02/09、15:00~17:30
関西大学

「トランスジェンダーを語りなおす」

遠藤まめた


司会 堀あきこ







 
2020/02/15

 





2020/02/15のNHKカルチャー京都(NHK文化センター京都教室)での講演会の告知

NHK福祉番組出演の経歴もおありだったとか。







 
 李信恵もRT

       
2020/02/22  
2020/02/22の催しの告知





 
 李信恵もRT
 2020/02/23

 13:00







ロフトプラスワンWEST 2020/02/23(日)13:00~
===========



核兵器のない世界へ 「核兵器の終わりの始まり」上映&トークショー
〜私たちに何ができるか、語り合いたい〜

OPEN 12:00 / START 13:00

前売り¥1,500 / 当日¥1,800(ともに飲食代別)要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエストweb&店頭&電話予約にて1/22(水)12:00〜発売開始!
■購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/3214260001-P0030001
電話予約 → 06-6211-5592(16時~23時)
※ご入場はイープラスチケット→ロフトプラスワンウエストweb→店頭&電話予約→当日の順となります。

このイベントの予約は締めきりました。

核兵器のない世界へ 「核兵器の終わりの始まり」上映トーク

【トークセッション】
南友佳子(国民平和大行進2018年通し行進者)
西晃(弁護士、原爆症認定訴訟支援大阪事務局長)
ファシリテーター:KEN-NYE

2020年、地上に原爆が投下されて75年。

非人道的な大量破壊兵器は、今も世界中に配備されています。「配備されている」というのは、「いつ使われるかわからない」というリスクの高い状態で、「終末時計」は2分前を指しています。
米国・ロシアがINFを破棄、中国や北朝鮮はどうなるのか。

いっぽう、2017年に世界122ヶ国、国連加盟国の3分の2という圧倒艇多数が賛成して「核兵器禁止条約」が成立しました。
まだ発効には至っていませんが、発効条件である「50ヶ国の批准」まで、19年12月現在で「あと16」と迫っています。
この条約の成立に貢献した「国際平和ビューロー」にはノーベル平和賞が授与されました。

核兵器が使われない最も確実な保証は「核兵器の廃絶」です。
それに向けて、私たちに何ができるか。実際に行動している人たちに学びながら、一緒に考え、語り合いたいと思います。
そして、行動していきましょう。私たち1人ひとりが、世の中を変える主役です。





============


あんな頭がおかしいやつでも、イベントの企画幹事はできるのね。それも商業主義のロフトで集客力あるのね。集客力の見込みの無さそうなやつだとロフトはやらせないでしょうしね。悔しいけど。ケニーが共産党人脈なのは知ってるけど、他の共演者も共産党人脈なのかしらね?



KEN-NYEが共産党人脈なのは知ってるけど。


やっぱ共産党。こんな、オールド左翼臭い企画に、ロフトが出演させるなんて。動員力の見込みがあるか、ロフトの経営者に人脈があるか、なんでしょうね。
他の共演者も、調べたら共産党人脈でした。


========
日本共産党湖北地区委員会
2018年6月17日 ·

【インタビュー】国民平和大行進2018 通し行進者の南友佳子さん

2018.6.16 滋賀県長浜市 長浜平和委員会事務局長・高山亨氏が 通し行進者の南友佳子(37 歳)さんに聞く

https://youtu.be/GId-89pkVcQ

【全国通し行進者プロフィール・決意】南友佳子さん

私は被爆2世・3世でもない京都で生まれ育った人間です。今回応募したのは、昨年の出来事が大きかったからです。
昨年、京都府内の通し行進をやらせていただいている時の7月7日に「核兵器禁止条約」が国連で採択され、その喜びは私を含めて歩いている皆さんにも大いに励ましになりました。
核兵器を使うこととなった理由は戦争。誰かの命を脅かすだけでなく、その人の個性も奪われてしまいます。過去を繰り返してはいけないと、京都でもおこなっている「ヒバクシャ国際署名」にも参加しております。
被爆者に寄り添い、そして多様性を持って生きられるように、全国の皆さんと一緒に歩いて広げていきたいです。

http://www.antiatom.org/…/pdf/…/2018_heiwakoshin-marcher.pdf

========



日本共産党大阪府委員会
2018年04月01日「〝大阪400万筆〟達成必ず 3千万署名 宣伝・対話大きく広げて」
========
代表者会議では副幹事長の西晃弁護士が、自民党憲法改正推進本部が3月22日の全体会合で示した9条改憲の条文案の問題点や、改憲をめぐる安倍政権の動向について特別報告しました。
======


ケニーなんかのイベントに、エル金、凡、李信恵界隈が義理でも動員の協力するとも思えんし。客席には、うちらからしたら誰それ?みたいな、どうでもええようなのばかりかもしれんし。






 
 
 


2020/03/05

 19:30


 2020/03/05(木)、19:30~の催しの告知

中村一成
南山城支部事務所1階


=====

金 秀煥
2月4日 ·

支部の連続セミナーはなんてったって講師陣が超豪華なんです!!
そして次回は「ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件」の著者である中村イルソンさんをお迎えして、「ヘイトスピーチ の現在と今後の課題」というテーマで行います!!

去年のお酒の場で支部のセミナーの話になり、そこにいらっしゃった一成さんの「私は呼ばれていない」発言からこの企画がスタート。*後日確認したところご本人さんは覚えてらっしゃらないようで…笑

本セミナーはウリハッキョ(朝鮮学校)のチャリティー企画で2ヶ月に一度のペースで、各界の専門家をお招きして行っています。講師を引き受けてくれる方々はみなさん多忙な中、本企画の趣旨に賛同いただきご登壇くださる本当に「有難い」方々です。

皆様と一緒にヘイトピーチを考え、また皆様の参加費がウリハッキョの子どもたちのためるなる企画なので、地域の方はもちろん、地域外の方々のご参加も大歓迎なので、今からスケジュールの調整よろしくお願いします!ー 友達: 中村 一成

==========






 
 2020/03/07

 

2020年3月7日土曜日 14:00〜16:00



==========



女性たちのモノローグ:わたしがわたしであるために(朗読会)

公開 · 主催者: Picture This Japan








2020年3月7日土曜日 14:00〜16:00


東京都人権プラザ


チケット
www.tokyo-hrp.jp


女性の体について、また様々な体験談を綴った本やエッセイを朗読します。

朗読内容:

大藪順子「STANDー立ち上がる選択」から著者が朗読

李信恵「#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル」から著者が朗読

等。

ミュージックゲスト
ぱん (元Pansaku)

入場無料。事前予約が必要です。無料託児あり(3日前までに要予約)

予約・お問い合わせは東京都人権プラザまで。Tel 03-6722-0123 Fax 03-6722-0086 Email: tenji@tokyo-jinken.or.jp




===========
 
 
 2020/03/26

 

2020/03/26の催しの告知