→ 人物図鑑詳細情報 oscar (@oscarexpress )

oscar

@oscarexpress  
セカンドリンチ 
 自称右翼。

なぜか異常に李信恵に媚びる。リンチ事件以降も、関係者に異常に媚びる媚びる。

主水リンチ事件では、A級戦犯というよりは、李信恵に媚び媚びオヤジ扱いでいいか?
 
 









オスカー
木元
山口ゆうじろう
松本エイイチ
JKS
岩淵進




オスカー
木元
山口ゆうじろう
松本エイイチ
JKS
岩淵進



高橋 英明
2014年4月20日 · 東京都Nakano-ku ·










2014/11/02





 


2014/12/20





http://archive.is/7YugB



 





2014/12/23




http://archive.is/NRbY4

 





Naked Loft
2015/03/28(土) 13:00~

================

男組 FINAL -By Any Means Necessary-

OPEN 12:00 / START 13:00

予約 ¥1,300 / 当日 ¥1,500(共に飲食代別)
※予約は店頭電話またはWEBにて(受付期間:3/21(土)16:30から)
TEL:03-3205-1556(16:30〜24:00)
WEB:http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/

【出 演】
高橋直輝
石野雅之
山口祐二郎
木本拓史
マツモト"男丸"エイイチ
和田彰二
男組一同

【ゲスト】
野間易通
松沢呉一
辛淑玉
安田浩一
伊藤大介
DJ TASAKA
アキラ・ザ・ハスラー
清義明
OSCAR
島崎ろでぃ
and more...

【LIVE】
ATS(C.R.A.C.)

●イベント終了後、新宿某所で男組FINAL大宴会を深夜まで開催予定。
※参加希望者は男組のメンバーに問い合わせ下さい。花見を兼ねた解散式となります。

男組公式サイト



【声 明】

男組は今日ここに、解散を宣言する。

2013年6月の男組結成から2年を迎えようとする今、レイシスト達を取り囲む包囲網はさらに拡がりを見せている。

我々の「超圧力」により高田(通名:桜井)誠は在特会会長の役職を降り、ネット右翼を中心とした排外主義的なデモは急速に勢いを衰えさせている。我々の活動は日本の反レイシズム運動において一定の成果を上げたと言えるだろう。

そして日本に漂うレイシズム・排外主義と戦うために、更なるステップのために、男組は解散する。

高橋直輝が掲げた「非暴力超圧力」の旗の下には、数多くの参加者、賛同者が集った。現場ではレイシスト達に怒りの鉄拳を突きつけ、また反差別の想いを共にする同志達には笑顔を、そして最高の一献を酔い潰れるまで捧げてきた。

我々は差別と戦う人々を決して「一人」にはしなかった。

常に差別・排外デモ反対の最前線に立ち上がる人々と共に、現場に立ち、声をあげ続けた。東京、大阪、京都、名古屋。レイシストとそれに抗する人々がいる限り、我々は身体ひとつで全国の現場に駆けつけた。

一枚のプラカード、一台のトラメガ、そして止むに止まれず抗議の声をあげた同志達と共に。

しかし、地を這うような行動力でレイシストを追い続け、ヘイトデモ反対の最前線に立つ前衛であり続けた我々の愚直なまでの現場主義は、一方で警察権力からの理不尽で不当な逮捕を招くだけでなく、一部のカウンター諸氏からも批判を浴びたのは事実だろう。

それでも我々は我々の信じる「やり方」を貫き通したことを誇りに思う。

しかし日本の空の下では、路上で、職場で、教室で、家庭で、メディアで、ネットで、今なお社会の奥底にヘイトが芽吹き、蠢いていることを忘れてはならない。

戦いはまだ終わらない。

無自覚で「無邪気」なレイシズムを振りかざす連中に対し、この日本で暮らす人々と共に戦おう。

半笑いで差別をやり過ごす生温い空気が横溢するこの日本で生きていかなければならない人々と共に戦い続けよう。

男組は今日解散する。

我々はそれぞれが差別と排外主義と戦う一人のカウンター、そしてプロテスターに戻っていく。

しかしそれぞれが「たった一人」になろうとも、戦いはまだ終わらない。

そしてレイシストやファシストに突きつけた男組の「非暴力超圧力」の拳は、すべてのカウンター、プロテスター諸君、そしてまだ見ぬ「すべての差別・排外主義と戦う 人々」とこれからも共にあり続けるだろう。

「男組は、全力でレイシストを排除する。」

男組組長 高橋直輝


============







 












http://archive.is/7AnCl

 時系列順をチェックしたらわかるよ。この人はリンチ事件についてすぐに知ってたな。


 




Galaxy - Gingakei
=============

02.01.2016 - 02.07.2016 12:00~21:00
LINE UP
■写真家  島崎ろでぃー
1973 年、東京生まれ。3.11 以降、福島、反原発デモ、反ヘイト・カウンター行動、国会前デモ、沖縄・辺野古ゲート前などで報道カメラマンとして活躍。初の写真集『ひきがね』が 2月5日に発売予定。
HP

【会期中のスペシャル・イベント】

■2月1日(月)
19:00〜トーク・セッション1 
島崎ろでぃー×有田芳生×池内さおり

■2月6日(土)
15:00〜トーク・セッション2
島崎ろでぃー×三島タカユキ×石田昌隆×植田千晶

18:00〜トーク・セッション3
島崎ろでぃー× ex男組(高橋直輝・和田彰二)

■2月7日(日)
16:00〜トーク・セッション4
島崎ろでぃー×吉野寿(イースタン・ユース)

17:00〜
Outside Yoshino(吉野寿ソロ)ライブ

18:00〜24:00
CLUB CRAC「銃撃」スペシャル
大貫憲章、ECD+Illicit Tsuboi、DJ Tasaka、1-Drink、Buzzzzz

INFORMATION
今回の写真展は、2009年にカメラマンとしてのキャリアをスタートしてからの足跡をテーマ別に整理したものとなります。3.11以降、被写体の選択は大きく変化し、被災地や社会運動の現場へ積極的にコミットした作品となりました。しかし、被写体との個人的な関係が色濃く映しだされている初期作品から現在の作品まで、独自のヒューマニズムは変わらず全ての写真を貫いています。

——————————–

ラスティック・バンドのベーシストからビルの窓拭き屋の社長を経てプータローとなった島崎ろでぃーがカメラを手にしたのは2009年、36歳のときだった。この遅咲きカメラマンは以後、路上で出会う人々をファインダーに捉えることに没頭する。
3.11以降東京〜福島〜沖縄と、21世紀の日本で起きていることを現場でリアルタイムで記録しつづけた島崎は、報道カメラマンとしての仕事で知られることが多い。しかし彼が追っているのは事件ではなく、人である。路上で知らない人に声をかけてポートレートを撮影するという彼の写真の原点は、街頭や国会前や辺野古のゲート前に集まるデモの群衆を撮るときにもブレることはない。
まるで銃に弾をこめるように一眼レフにメモリーカードを装填し、ひきがねをひくようにシャッターを切る。島崎ろでぃー初の大規模個展となる「銃撃 Gunfire」は、彼がカメラを手にしてから5年の間に穿たれた無数の銃痕からセレクトし、ギャラリーの壁に配置しなおしたものである。
会期中には、ラッパーのECDとのコラボレーションによる初の写真集『ひきがね』も発売される。俳優、彫師、外国人、被災者、パンクス、不良、プロテスター、学生。3.11から5年めの節目を迎える2016年、島崎ろでぃーのシャッターが捉えた人々を通して、我々が生きる日本という国の姿を再確認してほしい。

野間易通(Counter-Racist Action Collective)


==========











===============
島崎ろでぃー写真展『銃撃 Gunfire』
2016年2月1日(月)~2月7日(日)
会場:東京都 渋谷 Galaxy銀河系
時間:12:00~21:00
料金:無料

==========
会期中に行なわれるトークイベントには参議院議員の有田芳生、衆議院議員の池内さおりをはじめ、三島タカユキ、石田昌隆、植田千晶、ex男組、宮沢章夫、吉野寿(eastern youth)が出演。さらに最終日には吉野のソロライブが行なわれるほか、クロージングパーティーには大貫憲章、ECD+Illicit Tsuboi、DJ Tasakaらが出演する。なお2月5日にはECDとのコラボレーションによる島崎初の写真集『ひきがね』が刊行される。
============










 


2016/02/07







 




阿佐ヶ谷ロフトA
2016/04/10(日)18:30~
===================

「男組復活祭」-路上の作法-

OPEN 18:00 / START 18:30

予約 ¥1,300 / 当日 ¥1,500(飲食代別)

おかげ様で前売り予約完売! 男組メンバーも気合入りまくりです。予約頂いた皆様、誠に有難うございました! *当日は席のレイアウトを工夫し数多くの当日券をご用意します! (男組一同)

【出演】男組、島崎ろでぃー、李一河監督、他豪華ゲスト
【司会】辛淑玉
【主催】反差別集団「男組」

男組HP
http://otokogumi.org






==============






 






2017/01/15






















 









 


2017/04/11







 




2017/04/16