→ 人物図鑑 げいまき(@makielastic)  詳細情報


 


げいまき
@makielastic




宮階 真紀


みやがい まき





 
2014年12月16日、李信恵の裁判の後、十三駅のあらい商店での飲食界に参加したのが、エル金、凡、李信恵、伊藤大介、マツモト等。他にも上瀧弁護士。猫屋敷、げいまき。
その後、北新地のバーでエル金、凡、李信恵、伊藤大介、マツモト等が主水にリンチ事件。


イトケンの声掛けリスト


李信恵と相互フォロー。


かなりの李信恵賛美者。<BR>
2018年10月27日「黙らない女たち 出版記念イベント」ロフトプラスワンWEST、「興味あり(142人)」<BR>
これに参加して絶賛李信恵とかなり懇意。<BR>
<BR>
SWASHのメンバー。セックスワーカーのための人権活動家。<BR>



山/完全版
@yamakanzenban

京都市の芸能集団「山/完全版」のメンバーの一人。パフォーマンス、演技担当。京大西部講堂での出演歴あり。



被害者意識過剰な悲劇悲劇のヒロイン志向なのが匂う。

「平和の少女像」を賛美。
慰安婦問題人脈やね。
私にとっては、「歴史戦を持ち出して日韓対立を扇動する活動家たちの道具」としか思えん。

自称日本人だけど。たぶん、朝鮮半島系。


人権活動は、、反日の朝鮮半島系、慰安婦問題人脈、解同にのっとられてる。

セックスワーカーの人権活動家界隈も、反日の朝鮮半島系、慰安婦問題人脈、解同にのっとられてる。


 
 



 =======

出身校: 帝塚山短期大学 考古学
家政学園高等学校に在学していました
京都市在住
京都市出身

=========



 
人脈分析のためのメモ


=======

カウパー団 『onomatopoeia』



出演/宮階真紀、vovobravo、堀内 航



【団体プロフィール】

2006年より発足。2013年5年ぶりに再開。

その間も個人は国内外でパフォーマンス(ロンドン、釜山、東京、別府)や

他のカンパニー作品に出演(高嶺格、bubu_de_la_madreine+山田創平、dracom、マレビトの会、岡田利規 等)。



宮階真紀  みやがいまき



カウパー団/1975年1500gで産まれる。30歳から舞台とセックスワーカーを始める。カウパー団主宰。女優パフォーマー。ブブ・ド・ラ・マドレーヌ+山田創平+山中透、高嶺格、松田正隆、岡田利規、筒井潤、田辺剛らの作品に出演。TVBrosのイベントやクラブ、国内外でのパフォーマンスも。その他乳がん手術をワイドショーでドキュメントされたことも演技をしたので出演作としている。

=====






人脈分析のためのメモ

 WIKIPEDIA 「山田創平」
======
作品
『水図』(インスタレーション、2010-2013、コンセプトデザイン:山田創平、絵:ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、音楽:山中透、映像:松浦莞二)
『水を飲む』(パフォーマンス、2013、コンセプトデザイン・演出:山田創平、出演:宮階真紀、u-ta、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、音楽:山中透、会場:ARTZONE)
『井戸の話』(パフォーマンス、2013、原作・演出:山田創平、出演:宮階真紀、u-ta、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、瀧口翔、薮内美佐子、MuDAほか、音楽:山中透、山/完全版、会場:アトリエ劇研)

====




 
 

人脈分析のためのメモ


京都市の芸能集団、「山 / 完全版 」のメンバー。


 WIKIPEDIA「山/完全版」
========

山/完全版(やまかんぜんばん)は、2013年に今井健太郎、薮内美佐子、ブブ・ド・ラ・マドレーヌにより結成されたバンド。多様なバックグラウンドをもつメンバーの多岐にわたる表現活動や関心事(パフォーマンス、芸術、笑い、素人芸、テクノロジー、自然、レイシズム、環境、笑い、原発など)などもバンドの概念を拡大・変形するために積極的に取り入れ、既存の音楽発表の枠にとらわれない表現のあり方を模索している。

主なメンバー
伊藤存 刺繍や映像、立体等の幅広いメディアを多用した作品発表を展開する。
薮内美佐子 美術家・パフォーマーとしてダムタイプやソロで活動する。
今井健太郎 リドークランデスタンをはじめ音楽/舞台芸術/現代美術など活動領域を曖昧にしながら作品を発表する。
松村康平 映画作家として活動する。
パラモデルなかの 美術作家ユニットパラモデルの片方、とある図書館スタッフとして活動する。

活動歴
2013年7月 - 良恩寺(京都)
2013年11月 - 井戸の話
2014年8月 - HAPS(京都)
2014年10月 - 現代地方譚2(須崎)
2015年8月 - 京都精華大学ギャラリーフロール
2015年8月 - 山/完全版のいきいきセンター(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)
2015年11月 - 高尾小フェス
2016年4月 - 京大西部講堂『物質の色』
2017年1月 - 芦屋市立美術博物館

外部リンク
soundcloud
tumblr


=======


「2013年に発足」とか。








山 / 完全版 の いきいきセンター
 2015年8月8日(土) –2015年8月23日(日) 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA @KCUA 1
=========


メンバー(50音順)

安東星郎:舞台・美術制作として活動する。

伊藤存:刺繍や映像、立体等の幅広いメディアを多用した作品発表を展開する。

いまいけんたろう:リドークランデスタンをはじめ音楽/舞台芸術/現代美術など活動領域を曖昧にしながら作品を発表する。

上村絵梨子:大学職員、アートコーディネーターとして活動する。

げいまきまき:カウパー団を主宰し、釜ヶ崎をテーマにした作品などを制作し活動する。

ジュリー・ペレイラ:美術作家として近年はシールを用いたインスタレーション作品を発表する。

神藤知子:イタリアから日本に拠点を移し美術作家として活動する。

谷口かんな:打楽器奏者、京都市立芸大音楽科に在籍中。

チビガッツ:ハイパーパフォーマンス集団MuDAメンバー。美術作家としても活動する。

チビキッチュ:独自の視点、自由な発想で参加する。

パラモデルなかの:美術作家ユニット・パラモデルの片方、とある図書館スタッフとして活動する。

藤本隆行:近年は、LED照明を使った舞台作品の制作やディレクションを手がける。

松村康平:映画作家として活動する。

南隆雄:美術作家。パリ在住で映像作品やインスタレーションを発表する。

薮内美佐子:美術家・パフォーマーとしてダムタイプやソロで活動する。

UFO:パリ在住のロボットエンジニアで、ライブでは主に衛星中継参加。


============



2016/04/02、京大西部講堂での芸能集団「山/完全版」にパフォーマンスに参加。
京都市の芸能集団「山/完全版」に、げいまきまきも所属。当時の芸名は、宮階真紀(パフォーマンス/演技)で参加。









 

以下、時系列順。



 

2012/12/01,02

=============


BEPPU PROJECT
2012年11月29日 ·
開催中の展覧会「水図_2012」で明日からイベントがあります。いずれも参加無料・予約不要。お気軽にご参加ください。
アーティストととっても近い距離ですごせるのも今の別府ならでは!

【朗読パフォーマンス】
12月1日(土)・2日(日) 15:00〜 40分程度
 会場:platform02(「水図_2012」展覧会場)
 出演:ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、宮階真紀、ほか

【アーティストサロン】
11月29日(金)〜12月2日(日) 19:00〜20:00 
 会場:platform03 まちなかカフェ

=======










 




2013/05/15

======
宮階 真紀
2013年5月15日 ·

コンセプトデザイン!山田創平ヘーイ!!いつ見ても男前。あたいは彼の授業で哲学をふむふむしたぜ。解りやすい上にどうして?と考える火種をくれるスゴ腕プロフェッサー!稽古中、ふと思ったけどもしやベジャール並を要求してる?眼が肥えてる分パフォーマーにも要求高い。どんと来い!意外にチェブラーシカ好き。上流のせせらぎの如くソリッド!カミソリ創平ヘーイ!!写真右。


========


その後の関係と推移。
2014年12月16日に李信恵の反ヘイトスピーチ裁判、その後に十三駅のあらい商店で懇親会。その懇親会には、げいまき(宮階 真紀)も参加。
2014年12月17日深夜に、北新地のバーでリンチ事件がおこって。
イトケンの声かけリストが暴露された。
げいまき(宮階 真紀)(イトケンの声かけリスト、リンチ事件発覚後もリンチ事件でセカンドリンチ加担者らと懇意な関係を続行。李信恵を応援支持)
山田創平(イトケンの声かけリスト、リンチ事件発覚後もリンチ事件でセカンドリンチ加担者らと懇意な関係を続行。李信恵を応援支持)




 

=========

やまや ゆうた
2013年5月23日 · 京都市 ·
すぺしゃるさんくす。

ブブ・ド・ラ・マドレーヌさん
山田 創平さん
宮階 真紀さん
LALAさん
とーこさん
かずよさん
ヒロシさん
中西 勝彦さん
那木 萌美さん
雨森 信さん
ちびっこさん
國兼 淳さん
園ちゃん
あべりあさん
マリアンヌさん
高麗房の皆さん
別府ネコのみなさん
ジェノバのおじさん
湖月さん
フェリーさん

========


 


2013/08/04






=======

himmingA.C.(ヒミングアートセンター)
このページに「いいね!」する · 2013年8月4日 ·

山田創平さん、氷見入り!
これから図書館&博物館へ。ー 友達: 平田 哲朗、スズキ ジュンコ、伊東葉子、山田 創平、ひらた よしえ



========


======

鍵田 いずみ
2日遅れで参ります〜。山中透+ブブ+ミヤガイマキ+ゆーた!

=======

山田創平
ブブドラマドレーヌ
ミヤガイマキ(げいまきまき)

2014年12月にリンチ事件がおこり、その後のセカンドリンチ加担のイトケンの声かけリストの人脈だらけ!





 




=========

Yuchiko Higuchi
2013年8月11日 ·
8月8日(木)のことですが、藝術定置網2013 エヤサー!
@アートNPOヒミング in 阿尾の番屋にて

「水を飲む performance 水図_2013」

を観てきました。

パフォーマンスの前に、「水」を手がかりに氷見をリサーチされた研究者の山田創平氏のプレゼンがあることは全く知らずに出かけたのですが、そのプレゼンがそのあとで観るパフォーマンスにとても大事な〈脳みそ≒心の準備運動〉となることとなってとても得した気分でした。
得したとはいいつつも、氷見と海洋民の歴史というものが、そもそもどこで消滅してしまったのかということまではたどれなかったわけですけど、そんなことよりも、消滅した?消滅させられた?歴史を紐解くことで見えてくる、見え隠れするものをたぐりよせることで今わたしがここに立っていることを感じることや、置き去りにして水に流してしまった歴史があるんだということを知ることにより、人間によってつくられた放射能が汚染した空気と水によってすっかり衰弱してしまったわたしたちのどこにあるかわからない心に効いてくるような気がしてならないのです。

山田氏のフィールドワークとブブ・ド・ラ・マドレーヌ、宮階真紀、u-ta、山田氏本人によるパフォーマンスの融合には衝撃がはしりました。
あれからしばらくたったというのに言葉にまとまらない。
それをすべて内包する技が芸術なんだな..というところまで。
言語を越えて記号のようにそこにあらわれた作品はとても美しかった。

「美しい」という言葉の本来の意味がどうかこのまま純粋さを保ちますように。

========





 

2013/08/16




======

鎧高 由紀子
2013年8月16日 ·

場所: 富山県氷見市


======


山田創平
ブブ

 


要 友紀子
2013年12月27日



http://archive.fo/AZXAn

げいまきまき(イトケンの声かけリスト)

青山薫(大学教授)

要 友紀子
 








http://archive.fo/5NpER


===================

要 友紀子
2013年10月6日 ·

この週末は朝から晩まで京都でエイズ文化フォーラムでワークショップとブース展示だった。かおりんはエネルギッシュで安定的、体系的に話せて、参加した一人一人対等にフォローに動けてすごい。みやがいさんは参加者らの心を掴む話ができてユーモアセンスが優れていて、丁寧に人と向き合えるいい人だ。来週この二人が三田のオルタナティブ学会で発表します。



===============




 




2013/10/11

鍵田 いずみ


山田創平
宮階真紀

======
鍵田 いずみ
Kyoto City University of Arts
2013/10/11 · · 「井戸の話」稽古日誌。 (1)パフォーマー宮階真紀さん、夕日を使って照明について考える。 (2)パフォーマーu-taさんと味の付いたバレリーナ。 (3)MuDAさんの代役を演じる原作者山田創平さん。

=======


 


2013/11/02、03

==========

Kinsei R&D
2013年11月3日

アートプロジェクト「水図」では、本公演のオリジナルDVDを制作するため、クラウド­ファンディングサイトの「CAMPFIRE」で支援を募っています。支援いただいた方­には、水図オリジナルのリターンをご用意しています。皆さまからのご支援をいただきま­すよう、何とぞよろしくお願いします。(2013年11月19日0時まで)
http://camp-fire.jp/projects/view/834
-----
水図・MuDA・山/完全版による初の共演
パフォーマンス「井戸の話~ある井戸守の見た900年~」

[公演概要]
京都には今もたくさんの井戸があります。
井戸の底の水は、汲み上げられ、人々となり、世界となり、やがて再び井戸に戻ります。
井戸はそれらすべてをゆるし、受け入れ、循環させ、流していきます。そういう井戸がわたしたちのまわりにたくさんあります。
井戸をめぐって、京都を拠点に活動する3つのグループが共演しました。

開催日|2013年11月 2 日(土)、3 日(日)
会場|アトリエ劇研
出演|
MuDA(QUICK / 内田和成 / CHIBIGUTS / 出川晋 / 鈴木宏樹)
山/完全版(今井健太郎 / 薮内美佐子 / ブブ・ド・ラ・マドレーヌ)
水図(宮階真紀a.k.a.カウパー団 / u-ta / 瀧口翔 / 横山大樹)
サウンドデザイン|山中透 今井健太郎 薮内美佐子
照明|藤本隆行(Kinsei R&D)
原作|山田創平
舞台監督|安東星郎
舞台監督補佐|堀内 航
音響|水上和真
スチール記録|林口哲也
ビデオ記録|松村康平
衣装協力|梅原彩香 細谷智子
フライヤーデザイン|村上 和
web制作|矢野ちかこ
サウンドCDグラフィック提供:小川智彦
渉外|中西勝彦 安河内 宏法
楽屋|大原采女
受付|荒木康代
制作|秋山はるか(MuDA) 内山幸子 山口敬子
協力|井上信太 竹内祥訓 Galleria Luce
企画|山田創平 山中透 ブブ・ド・ラ・マドレーヌ
製作|MuDA 山/完全版 水図
アトリエ劇研提携公演
【井戸の話HP】 http://idonohanashi.wix.com/idonohanashiー 場所: アトリエ劇研

==========








========

内山 幸子‎ ― 水図・MuDA・山/完全版 「井戸の話  ある井戸守の見た900年」
2013年10月31日 ·
【アートプロジェクト「水図」について】

暖かな日も、霜の降りる静かな夜も、あなたと私は共にあります。
雷鳴とどろく朝も、世界が雨にぬれる日も、あなたと私は共にあります。
(水図_2012 朗読テキストより)

人間が海岸を埋め立て、河原を塗り固めだしたのはいつ頃からでしょうか。
長い歴史の中で、一部のお金や権力を持つ人々が乾いた丘の上の、広くて日当たりのよい場所に住んだ時代はありました。しかしそのような時も、ほとんどの人々は水と親しみ、水と大地がせめぎ合うじめじめした場所で身を寄せ合って、力強く生きてきました。

しかしいつの頃からか人々は水を嫌い、水を隠蔽し、避けるようになります。
水路は覆われ、海辺は埋め立てられ、湿地はコンクリートで固められました。
私たちが「近代化」の過程で失った「じめっとしたもの」とはいったい何だったのでしょう。
この社会の、この言いようのない生きにくさの正体は何なのでしょう。

人と人の間にも、人と世界の間にも、生と死の間にも、神と人の間にも、水が満ち、それらをつなぎます。
どのような時も、死に臨む時も、水は私たちをやさしく包み、受け止めてくれるのです。

水はまた、私たち自身でもあります。
人間の体は大地のようです。
自分の体の湿った部分や、涙や血液などの体液を、自分の感情のじめじめした部分を、そして性や病や老いや死を、恥ずかしいものや穢らわしいもの、人に見せてはいけないものと感じるようになったのは、いつ頃からでしょうか。

私たちは「水」を失い、そしてまた命の脈動をも失ったのではないでしょうか。

水の世界を、もう一度よみがえらせたい。
そして私たちは、「水図」の旅に出たのです。

----
アートプロジェクト「水図」は、現代美術作家のブブ・ド・ラ・マドレーヌ、社会学者の山田創平を呼びかけ人として、音楽家の山中透、女優パフォーマーの宮階真紀、パフォーマーのu-taが展開するアートプロジェクトです。水は流動して定形を取らず、常にそのありようを変えるため、一カ所にとどまり誰かに所有されることはありません。
その開かれたかたちは現在の社会を見直す重要なイメージになると思います。アートプロジェクト「水図」は、芸術と研究の協働を試みつつ、現在の社会を斜めから見て、新しい社会観や人間観を模索するために、日本列島の各地、世界各国で制作を行う一連のプロジェクトです。
これまで大阪市、大分県別府市、京都市、富山県氷見市、ロンドンなどでインスタレーション展示や公演を行ってきた他、日本列島のさまざまな水辺や東南アジア諸国、南西諸島、香港島、台湾島、バリ島などの太平洋の島々でリサーチを行ってきました。
今回、私たちは新たなパフォーマンス「井戸の話~ある井戸守の見た900年~」を制作し上演します。これまで行ってきたリサーチの成果や制作の経験を存分に表現するために、今回、気鋭のパフォーマンスグループ「MuDA」、前衛的な音楽表現で注目を集める音楽集団「山/完全版」、そして世界的に活躍を展開する照明家の藤本隆行との共演が実現しました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

水図・MuDA・山/完全版
パフォーマンス[井戸の話〜ある井戸守の見た900年〜]

●公式HP
http://idonohanashi.wix.com/idonohanashi

●前売チケット購入「Pea-tix」
idonohanashi.peatix.com

●クラウドファンディング「CAMPFIRE」
http://camp-fire.jp/projects/view/834

========
 






http://archive.fo/rRx99
============


要 友紀子
2013年11月18日 ·

ついにICAAP11始まりました!ー 友達: 岡田 実穂、大曽根 雅子、宇佐美 翔子、宮階 真紀、Ayako Ueno



==============






 

2013/11/19



=====


やまや ゆうた
2013年11月19日 ·

建築士?
いやいや。
井戸の話 原作者 山田創平氏。

======

 






2013/12/18
田辺 剛


http://archive.is/ZcrTY
===========

田辺 剛
2013年12月18日 ·

まさかここで宮階嬢と会うとは。ー 友達: 宮階 真紀


=========



 
2014/02/22の講演会の告知

レイプクライシス・ネットワーク



======
レイプクライシス・ネットワーク
このページに「いいね!」する · 2014年1月30日 ·

2/22、ICAAPセックスワーカー会議報告会が京都であります。
RC-NETからは岡田と宇佐美がお話させていただきます。
お近くの方、ぜひお越しください♪

☆★☆彡☆★☆彡☆★☆☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆
第11回アジア太平洋地域国際エイズ会議
セックスワーカー会議報告会
文部科学省科学研究費補助
性産業で働く人びとの安全と人権を守る対策の研究 共同研究発表
☆★☆彡☆★☆彡☆★☆☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆...

2013年11月18日〜22日にバンコクで開催された国際エイズ会議・セックスワーカープログラムには、アジア太平洋地域15カ国からたくさんのセックスワーカー団体が参加し、各国の労働状況や取り組み、課題などが話し合われました。今回、会議に参加した、セックスワーカー支援団体、性暴力被害者支援団体、研究者らが集まり、それぞれが取り組む課題と関心から報告します。また、セックスワークというイシューでつながる支援者どうしの交流会も行いますので、ぜひこの機会に有意義なネットワークをつくっていきましょう!

【とき】2014年2月22日(土)
午後1時〜1時半…世界のセックスワーカー運動を牽引した活動家Andrew Hunterさんを偲んで Andrewさんの功績とセックスワーカー運動の歴史
午後1時半〜5時…スピーカートーク&参加者との議論
午後5時〜7時…交流会。簡単な軽食、お菓子をご用意いたします。持ち寄り大歓迎!

【ところ】京都市東山いきいき市民活動センター2階集会室
京都市東山区三条通大橋東入2丁目下る巽町442番地の9  TEL:075-541-5151
地図 http://higashiyamacds.main.jp/access/
最寄駅・バス停(各駅、停留所より徒歩5分)
【市営地下鉄東西線】三条京阪[2] 番出入口
【京阪本線】三条駅[3] [4] [5]号出口
【京都市バス】5,12,46,100,201,202系統 ・・・ 東山三条 5,10,11,12,59系統 ・・・ 三条京阪前

【お申込み、お問い合わせ】
共催:SWASH→ mail.swash@gmail.com
グローバリゼーションとひとの移動映画祭→ http://amenic2011.cocolog-nifty.com/blog/

【チラシはこちらからダウンロードできます】
http://swashweb.sakura.ne.jp/file/20140222kyoto.pdf

☆★☆彡☆★☆彡☆★☆☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆

♪♪♪♪参加団体プロフィール♪♪♪♪

★★SWASH(Sex Work and Sexual Health)★★
http://swashweb.sakura.ne.jp/
セックスワーカーが安全・健康に働けることを目指して活動しているグループ。メンバーは、セックスワーカーとそのサポーターで構成されており、現在は特にHIVなどの性感染症対策に焦点をあてて活動。

★★RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク)★★
http://rc-net.info/
性暴力に関する当事者団体。情報支援サイト運営の他、各種相談事業、自助グループ運営、講座、「性暴力サバイバーにとって生きやすい社会を」というテーマで公募したポスターの展示などのイベントも開催。

★★GrowAsPeople(グロウアズピープル)★★
http://growaspeople.org/
サービス、空間、プロダクトのデザイン支援と、当事者を代弁した社会への情報発信を通し、夜の世界に関わる女性のセカンドキャリアの実現を行うNPO

♪♪♪♪スピーカー紹介(あいうえお順)♪♪♪♪

★☆★青山薫/SWASH・神戸大学国際文化学研究科★☆★

【発表内容】
今回の会議でも焦点の一つになり、2005年ごろから国際的なシーンで注目されている、性労働をする権利と人身取引禁止対策の葛藤。この問題について、国連機関の調査とアジア太平洋・ヨーロッパのSWアクティヴィズムを通して学んだことを報告します。参加者のみなさんとの忌憚のない議論を楽しみにしています。

【プロフィール】
2001年以来、社会学の範囲でジェンダー/セクシュアリティと移住労働をテーマに仕事をしています。国際エイズ会議参加は5回目。今回は、科研費課題の研究代表者として参加。SWASHと一緒に参加行動調査をさせてもらっています。

★☆★岡田実穂・宇佐美翔子/RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク)★☆★

【発表内容】
ICAAP11の中のAgainst
Violenceセッションの様子を中心に、性暴力被害とHIV/AIDSとの関係について、これからの活動に必要なこ

=====

青山薫
レイプクライシス・ネットワークの岡田実穂・宇佐美翔子
角間惇一郎
げいまきまき
西野寛子
水嶋かおりん



 







 












 
李信恵の反ヘイトスピーチ裁判の支援のためのコアのスタッフの一人がブブドラマドレーヌ。


 2014年12月16日、李信恵の裁判の後、十三駅のあらい商店での飲食界に参加したのが、エル金、凡、李信恵、伊藤大介、マツモト等。
他にも上瀧弁護士。猫屋敷、げいまき。


その後、2014/12/17深夜、北新地のバーでエル金、凡、李信恵、伊藤大介、マツモト等が主水にリンチ事件。



 





2015/03/31

要 友紀子




http://archive.is/H8GWm
========


要 友紀子
日時: 2015年3月31日 場所: 兵庫県 西宮市付近 ·

イギリスからきたSWOUの方を囲んで夙川でお花見中ー 友達: Lil Wills、宮階 真紀、青山 薫

==========


Lil Wills
要 友紀子
?女?
宮階 真紀(イトケンの声かけリストにも載ってた、げいまきまき)
?女?
?誰?
青山 薫(大学教授)



 







 

2015/05/30









山 / 完全版 の いきいきセンター
 2015年8月8日(土) –2015年8月23日(日) 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA @KCUA 1
=========


メンバー(50音順)

安東星郎:舞台・美術制作として活動する。

伊藤存:刺繍や映像、立体等の幅広いメディアを多用した作品発表を展開する。

いまいけんたろう:リドークランデスタンをはじめ音楽/舞台芸術/現代美術など活動領域を曖昧にしながら作品を発表する。

上村絵梨子:大学職員、アートコーディネーターとして活動する。

げいまきまき:カウパー団を主宰し、釜ヶ崎をテーマにした作品などを制作し活動する。

ジュリー・ペレイラ:美術作家として近年はシールを用いたインスタレーション作品を発表する。

神藤知子:イタリアから日本に拠点を移し美術作家として活動する。

谷口かんな:打楽器奏者、京都市立芸大音楽科に在籍中。

チビガッツ:ハイパーパフォーマンス集団MuDAメンバー。美術作家としても活動する。

チビキッチュ:独自の視点、自由な発想で参加する。

パラモデルなかの:美術作家ユニット・パラモデルの片方、とある図書館スタッフとして活動する。

藤本隆行:近年は、LED照明を使った舞台作品の制作やディレクションを手がける。

松村康平:映画作家として活動する。

南隆雄:美術作家。パリ在住で映像作品やインスタレーションを発表する。

薮内美佐子:美術家・パフォーマーとしてダムタイプやソロで活動する。

UFO:パリ在住のロボットエンジニアで、ライブでは主に衛星中継参加。


============








 








2015/08/14
山/完全版


 







2015/11/14






2015/11/17
山/完全版


京都市の芸能集団「山/完全版」に、げいまきまきも所属。ブブも参加。






 




2016/03/03
山/完全版



京都市の芸能集団「山/完全版」に、げいまきまきも所属。ブブも参加。

 





 





2016/04/02、京大西部講堂での芸能集団「山/完全版」にパフォーマンスに参加。
京都市の芸能集団「山/完全版」に、げいまきまきも所属。当時の芸名は、宮階真紀(パフォーマンス/演技)で参加。







 

『週間実話』2016年5月12・19日合併号No.18が李信恵を名指しで集団暴行事件の加害者として批判記事を載せた。


2016年4月28日に、週刊誌で報道されて、それ以降、ネット上ではリンチ事件について大騒ぎになった。




 













 



『週間実話』が謝罪訂正記事。

http://megalodon.jp/2016-0429-0005-27/www.nihonjournal.jp/web/jituwa_201618/index.htm
================
【お詫び】
 本誌2016年5月12・19合併号で掲載した『暴力事件を増加させそうな【自公提出】ヘイトスピーチ規制法案のザルっぷり』の記事中、2014年12月に起きた事件に「やよりジャーナリスト賞受賞ライター李信恵氏が加害者でかかわっていながら」とありますが、李信恵氏が「加害者でかかわって」いたという事実はなく誤りでした。李氏に深くお詫びし訂正致します。 編集部

WEB書店
===============
l



李信恵がさっそく声明。

 
李信恵の「謝罪文」がネットで公開される。野間易通、M君の実名を挙げ誹謗中傷を開始。


 






 



2016/09/10のイベントの告知


http://drc-fgss.com/2016/08/17/snxgirlsactivism/
=============


2016年9月10日(土)17時開場、17時30分映画S/N上映、19時20分パフォーマンス、19時40分トーク(20時40分終了)
11日(日)13時開場、13時30分映画S/N上映、15時30分トーク(17時終了)、17時30分オープン・ディスカッション(於中華料理蓉々)
場所:同志社大学寒梅館地下一階 クローバーホール
主催:FGSSセンター、S/N×ガールズ・アクティビズム実行委員会
資料代500円、オープン・ディスカッションのみ要予約
内容:
S/N ×ガールズ・アクティビズム」は、ダムタイプのパフォーマンス《S/N》(1994年初演)をフェミニズムや女性という観点から捉え直す試みです。
古橋悌二さんが亡くなってから21年。近年、《S/N》の上映会やシンポジウムが各地で盛んに開催されています。昨年に引き続き、今年も、ダムタイプが生まれたこの地・京都で、古橋さん追悼の意味も込め、この作品を2日間にわたり上映し、アフタートークを行います。そして、現在の日本をとりまく政治状況を女性とフェミニズムの視点から見つめ、新たな関係性を生み出す場としたいと考えています。
【9月10日】トークテーマ「共振のパフォーマンス:身体、声、観客」
 1日目のトークでは、《S/N》においてこれまで見過ごされてきた「女性」による「女性」のパフォーマンスに焦点を当てます。彼女たちの声、身振り、身体は観客に何をもたらし、そして、それはどのように彼女たち自身にはね返ってくるのでしょうか。《S/N》では、演じる者と観る者とのあいだの距離が、その振幅を変えながら、両者の境界を揺るがしています。ある身体から生まれる声や身振りが、他の身体、思考、感情を動かすこと--《S/N》の「女性」パフォーマンスが作り出す「共振する身体」について考えてみたいと思います。
トークゲスト
倉田めば(大阪ダルクディレクター、パフォーマンス・アーティスト)
竹田恵子(東京大学)
ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(アーティスト)
進行・菅野優香(同志社大学)
【9月11日】トークテーマ「女の声はシグナル? ノイズ?」
 2日目のトークでは、《S/N》で表現されたセックスワーカーのイメージを糸口に、「社会問題化する女性の描かれ方」について考えます。セックスワーカーとアートや表現をめぐる「トラブル」は、どのように発生し、なぜ繰り返されるのでしょうか。差別的な視線はセックスワークという職業だけに向けられるものではなく、「女性」への視線と重なっています。《S/N》におけるセックスワーカーの存在や、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)で起こったこと、炎上するたくさんの女性表象などを、社会のあり方とつなげて話しあいたいと思います。

トークゲスト
青山薫(神戸大学)
げいまきまき(女優パフォーマー元セックスワーカー)
ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(アーティスト)
進行・堀あきこ(在野研究者)
★オープン・ディスカッションは要予約
学生1500円/一般2500円 1ドリンク、フリーフード
(定員になり次第、予約を締め切ります)オープン・ディスカッション予約・お問合せ
girlsactivism@gmail.com
詳細はチラシ及びfacbookページをご覧ください。


===========








 






2016.11.20、ミナミダイバーシティフェスティバル
コリアNGOセンターが主催。
「未来のための歴史パネル展」の慰安婦展ありで、セックスワーカーの人権活動のブースあり。




2016.11.20、ミナミダイバーシティフェスティバルのセックスワーカーの人権のブースに、ブブドラマドレーヌ、要友紀子、げいまき等がともに参加し記念撮影した。
ミナミダイバーシティフェスティバルの人脈。
コリアNGOセンターが主催で、慰安婦展ありで、セックスワーカーのブースあり。




http://archive.is/OB1PW





 


2017/03/12

SWASH要友紀子からお誘い。





 ブログにまとめた。
 →「SWASHの活動家から「うちの顧問弁護士が民事と刑事とで訴訟する」ってきた


 





2017/04/29
「セックスワーカーのためのアドボケーター養成講座」
東京大学本郷キャンパス
受講料30,000円
後援 : 特定非営利活動法人 アジア女性資料センター(李信恵に賞を与えた団体。慰安婦問題)

http://swashweb.sakura.ne.jp/file/kouza_tokyo.pdf









http://archive.is/yFpge














http://archive.is/8OiDX








 




2017/11/05




http://archive.fo/BpmEc





http://archive.is/GbsPG




反ヘイトスピーチ活動、李信恵支持のコアのメンバー。



リンチ事件発覚後も、李信恵の裁判を支持応援。コアの中心人物を続行。









 


2018/04/01


















































元橋利恵(イトケンの声かけリスト)(共産党系の活動家))(ダイバーシティパレードのスタッフの一人)
?女?
河本真智子(イトケンの声かけリスト)(共産党系の活動家)
黒木愛子(凡の妻)(ダイバーシティパレードの運営係りの一人)
KARI TSUSHIMA(立命館大学から同志社大学院生)
げいまきまき(イトケンの声かけリスト)(LGBTやHIVの活動団体DISTA、セックスワーカーの人権活動SWASHの活動家)
?白い髪の女は、たぶん、韓国からのDJ SELFIE(@__yooooooong)
?頭の両脇に長い飾りをつけている女は、たぶん、韓国からのDJ SEESEA(@uuuuman)、インスタグラムはmike litoris(@seesea_16echno)
金明和(キム・ミョンファ)(イトケンの声かけリストの連絡係りの一人)(朝鮮学校の美術教師)












 








2018/04/28







 































 





ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(イトケンの声かけリスト、セカンドリンチRT)
要友紀子(「顧問弁護士が貴方を民事と刑事とで訴訟するのを止めたから、指定する部分を全部削除してくれ」。どうもブラフらしい。その後の異常な二重基準)

宇佐美翔子
山田創平(イトケンの声かけリスト)
松沢呉一(リンチ事件後も凡を応援支持。リンチ事件への非難の声が大きくなると、ごまかし
畑野とまと
東優子
青山薫
要友紀子
篠原久作(ぶろっくやっちゃうよ君、イトケンの声かけリスト、セカンドリンチRT)

岡田実穂(敵対立候補の潰し)
げいまきまき(李信恵信者くさい)(イトケンの声かけリスト)
宮田りりぃ
あかたちかこ(リンチ事件後もイベント招待)





『セックスワーク・スタディーズ』人脈分析

日本基督教団人脈が濃厚! 反日の朝鮮系、キリスト教フェミニスト人脈、反日の慰安婦問題。

東京大学 竹田恵子
FB、李信恵と友達、ハスラー・アキラ等、あの界隈の人脈だらけ
TWITTER、李信恵と相互フォロー、

大阪ドーンセンター
あの界隈の人脈

アジア女性資料センター
李信恵に賞を与えた松井やより賞の姉妹組織



ttp://archive.is/rjSlN


コミュニティセンターdista
ここのコアの活動家や関係者が李信恵信者だらけ
うっちー、げいまきまき、ブブ、カナブン、


特定非営利活動法人自立生活サポートセンターもやい大西連

NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ赤石千衣子

阿蘇ひまわり基金法律事務所森あい

(医)太融寺町谷口医院医院長長谷口恭

NPO法人いくの学園相談員

バザール・カフェ
日本基督教団


榎本てる子
日本基督教団

NPO法人ぷれいす東京








 






 


「在日朝鮮人から見た韓国の新聞」
 → 2018/06/03 「裸がわいせつでないなら」






中央日報
=============


「女性の胸はわいせつ物?」ソウル・江南で女性たちが上半身裸でデモ
2018年06月03日12時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment18 sharemixi
ソウル・江南(カンナム)の中心部で2日、女性団体の会員らが上半身裸になる脱衣パフォーマンスを行い警察に止められた。

女性団体ファイヤーフェミアクションはこの日午後1時ごろ、ソウル・江南区のフェイスブックコリア本社前で記者会見を行い、「男性の胸は問題なく女性の胸だけがわいせつ物なのか」と糾弾し、上半身を脱衣するパフォーマンスを行った。

これに先立ち同団体は先月29日、女性の体に付与される「わいせつ物」のイメージに抵抗するために胸を露わにした写真をフェイスブックに掲載した。しかしフェイスブック側は該当写真を削除し、「裸体イメージまたは性的行為に関するフェイスブック規定に違反した」として1カ月間のアカウント停止処分を下した。

会員らは「フェイスブックは女性の裸体をわいせつ物と規定し男性の写真は削除しない。こうした差別規定はなくならなければならない。男性の裸体を許容するように女性の裸体も許容しなければならない」と主張した。

この日集会に参加した会員10人は現場で上半身を完全に脱いだ。警察はすぐに毛布を持ってきて会員らの体を隠そうとしたが、会員らはこれに反発しもみ合いになったりもした。

警察は会員らに公然わいせつ罪などを適用して処罰できるか検討する予定だと明らかにした。

これに対し同団体はメディアを通じ、「警察がミランダルールを告知するなど逮捕しようとするのにあきれた。公然わいせつ罪自体が第三者に性的な感情を呼び起こす時に成立するものだが私たちを見て興奮したのかと抗議すると去って行った」と説明した。

会員らは「パフォーマンスによる通報は入っていないと聞いているが、二重のものさしで警察が恣意的判断をしたもの。今後もこうした活動をしていくだろう」と明らかにした。



===============





 彼女の上半身裸の屋外パフォーマンスは、韓国のそれと連動しているのでは?





 
 

 2018年10月27日「黙らない女たち 出版記念イベント」ロフトプラスワンWEST、
げいまきまきも参加して絶賛激賞。



 
 
2019/01/19

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/106501
魚拓
http://archive.is/gxwb9
=============

2019年1月13日

路上×セックスワーク×劇場『D.I.Y.ソーシャル』

OPEN 18:00 / START 19:00

前売り¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエストweb&店頭&電話予約にて12/11(火)10時〜発売開始!
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002281679P0030001
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
※ご入場はプレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエストweb→店頭&電話予約→当日の順 となります。

このイベントの予約は締めきりました。

D.I.Y.ソーシャル

【出演】
げいまきまき(女優パフォーマンス元セックスワーカー)

【ゲスト】
第1部 野間易通(フリー編集者/対レイシスト行動集団C.R.A.C.)
第2部 橋本裕介(ロームシアター京都/KYOTO EXPERIMENTプログラム・ディレクター)

【出店】
studio FATE
http://news.fatalbackground.org/
2019年の2/22(金)~3/3(日)に大阪は北加賀屋の名村造船所跡のブラックチェンバーで開催する、パフォーマンスと映像や音を合せた展示、日替わりゲストとトークショウもあるげいまきまき主宰の企画「have a nice day, sex worker」のプレイベントを開催!

セックスワークや表現の自由をめぐる議論をアートや執筆、路上アクション、劇場などそれぞれの現場で実践を続けている方々をゲストにお呼びして語り尽くします!

ゲストはフリー編集者であり2013年1月にレイシストをしばき隊(現C.R.A.C.)を結成し、新大久保などで行われていた排外デモへのカウンター行動の一翼を担い、カルチャーや芸術と社会の関わりにも深い造詣を持つ野間易通氏、そして10月に開催された「KYOTO EXPERIMENT2018 -京都国際舞台芸術祭-」では"女性"をテーマにプログラムディレクションを担当された橋本裕介氏。

公共の場所で、劇場で、インターネットでそして個室で起こる波紋や希望などとどのように向き合い、どのような手法で意見を発信し社会とつながっていくのかを、げいまきまきとゲストの対話を通して探ります。
フロアとの対話上等!でご来場をお待ちしています!

◼️have a nice day, sex worker
https://www.facebook.com/HaveanicedaySexworker/


============




 




2014年12月におきたリンチ事件の隠ぺい工作、セカンドリンチ加担者の人脈だらけ。もう隠さなくなってきたな。





SWASHの中心メンバーに、ブブドラマドレーヌ、げいまきまき。


イトケンの声かけリストの連絡係りが複数いてて、その一人が、金明和(キム・ミョンファ)(朝鮮学校の美術教師)。

イトケンの声かけリストの連絡係りが複数いてて、その一人がうっちー(LGBT活動家で、ディスタの関係者。凡どどラジオのスタッフ。李信恵のボディガード、李信恵の裁判支援のための同人誌『鶴橋安丁寧』のスタッフ)。彼も参加。

イトケンの声かけリストに、既に連絡済みと記載されてたのが、ブブドラマドレーヌ(LGBT活動家で、セックスワーカーの人権活動家。MASH、ディスタの関係者。李信恵のボディガード、李信恵の裁判支援のための同人誌『鶴橋安丁寧』のスタッフ)(済州島人脈)
リンチ事件が発覚後も、凡とイチャイチャ。セカンドリンチをRT。

イトケンの声かけリストに、げいまきまき(セックスワーカーの人権活動家。MASH、ディスタの関係者)。リンチ事件発覚後も、李信恵の二冊目の本の出版記念に参加し絶賛。



2019/02/22の催しのゲストに、金明和(キム・ミョンファ)


2019/03/02 催しのゲストは金光正年さん(クラブNOON元経営者)だけど。イトケンの声かけリストのウッチーも参加して写真公開。


swash
 → 201902/20 「セックスワークをテーマにしたアートイベント 「have a nice day, sex worker」のご案内」

==============

セックスワーカーの安全を応援するSWASHや大阪のゲイコミュニティセンターdistaでもスタッフをしているげいまきまきです。
今回は私個人がパフォーマンスユニットとして活動しているカウパー団の公演をお知らせをさせてください。

この度セックスワークをテーマにした展示や毎回異なるパフォーマンスと多彩なゲストによるトークを120分に詰め込んだアートイベントを開催します。
2月22〜3月3日までの2週に渡る金曜土曜日曜です。
大阪の北加賀屋にある名村造船所跡地のギャラリーでおおさか創造千島財団様の助成金の応援を得て行います。

展示やパフォーマンスは自身のセックスワーク従事経験と2018年にアムステルダムの国際エイズ会議やプライドパレードに参加し取材した事を元に構成しました。
パフォーマンスとトークゲストは日替わりです。

トークゲストは朝鮮学校美術講師でもあるアーティスト、DARCディレクター、マイノリティコミュニティへのヨガ講師、医療者、ダンス規制法で闘ったクラブ元経営者など多彩で社会と表現について先駆的な活動をされている方々です。

3月2日の14時からはセックスワーカーの安全と健康を応援するグループSWASHの普段とは少し違った切り口から今年て20周年を迎える中での当事者活動の悲喜こもごもなライブイベントもあります!

おそらくこの規模と多彩で多様なゲストを迎えてセックスワークをテーマにしたアートイベントはとても珍しく果敢なものです。

ぜひその場の体験をしにお越しください。
リンク先でのチケット前売りサイトでも
メールでのチケットお取り置きでも承ります。
メールの場合はこちら
hndswsw@gmail.com
までお名前と御希望の日、枚数をご教示くださいませ。

日時等イベント詳細↓
https://www.facebook.com/events/658464077903177/?ti=ia

チケット前売り
https://hndsw.peatix.com

●2月22日 金曜 開演 19時〜21時(開場18時)

トークゲスト 青木稜子(アーティスト)、金明和(アーティスト、朝鮮学校美術講師)
トークテーマ:イメージについて等

この日のパフォーマンスは映像作家 アリーナ・ジダーノワによる映像作品とのコラボレーション。
セックスワーカーに限らず、社会からの、自身の、そして自身が放つ、呪縛と恍惚を産む可能性もあるイメージと葛藤についてがテーマです。
イメージを形にすることについて、青木稜子さん、朝鮮学校の美術講師でもある金明和さんとお話をします

●2月23日 土曜 開演16時〜18時 (開場 15時半)

トークゲスト 青山薫(研究者・神戸大学)

セックスワーカーとはなんぞやの部分とセックスワーカーの権利活動としての難しさ等入り口から迷路まで!

●2月24日 日曜 開演 14時〜16時 開場13時半

トークゲスト テラダマサヒロ(ライター)

この日のテーマは。心や体のセルフケア。

自尊心と性と生。体と精神は相互に作用反作用。
長年セクシュアルマイノリティやヘイトスピーチへのカウンターなどマイノリティのコミュニティに向けて呼吸や瞑想のワークショップを行い、社会の公正さに向けた闘いに疲弊し過ぎないケアを伝授されている、ライターでもあるテラダマサヒロさんに、お話を伺います!

最後は来場者のみなさんも軽く体を温め瞑想を体験してみましょう。テラダマサヒロさん自家製の暖かいチャイも堪能する週末の夕方に。

●3月1日 金曜 開演19時〜21時 開場18時半

トークゲスト 田中課長(girls health lab主宰、元嬢、現医療職)
ファシリテーター等 あかたちかこ(思春期アドバイザー)

この日のテーマはお客様への性教育!
接客をするワーカーが共感するベスト上位にあがるのは「日本て性教育が圧倒的不足」ではないでしょうか?性教育とはメカニズムのみならず!合意について、目の前にいるあなたと私の違いについて等、悲喜こもごもなロング&ワイディングロード。

嬢として元プロ、現在は医療のプロである田中課長、性のお悩みに応えて海千山千いつだって頼りになる思春期アドバイザーあかたちかこを迎え、類い稀な免疫力の低さから感染症に罹ることにはお馴染みのげいまきまきと三つ巴のトークとパフォーマンス!

●3月2日 土曜日 開演16時〜18時 開場15時半
※特別イベントは14時から15時半
(特別イベントは無料)
トークゲスト:金光正年さん(クラブNOON元経営者)
SWASH特別イベント
セックスワーカーが安全に働く応援の活動グループSWASHは今年20周年です!
今回はアートの場で漫才やオカルト等普段とは少し違ったSWASHの魅力をお届け!

そして16時からのゲストは、クラブ規制法裁判で法を相手に闘い、見事無罪を勝ち取ったクラブNOON元経営者、金光正年さん!
悪法も法なり、なんて寝言を吹っ飛ばす果敢さ。実は売春防止法だって見直す事も必要なんです。
闘う心意気、四方山話をぜひ!

●3月3日 開演 14時〜16時 (開場13時半)

トークゲストは倉田めばさん(大阪DARCディレクター)
この日はファシリテーターとしてあかたちかこさんも登壇。テーマは、自由について。

ヤクチュウ、セックスワーカー、私たちはその名前を自ら名乗った時私の事になる。
名乗った瞬間に感じた解放感。だけどそれきり囚われないわけではない。その時その時私は何かに囚われどこかから抜け出している。
アディクションやエロのクリエイティビティについても。
パフォーマンスは冬にまさかのアレ登場。

=========












=============
要 友紀子
3月2日
今日のセックスワークのアートイベント「have a nice day, sex worker」のゲストは金光正年さん(クラブNOON元経営者)でした?? クラブ規制法(風営法)をどうやって変えたのか、無罪を勝ち取った裁判の闘いなど、ご本人から直接お聞きでき、非常に勉強になり収穫の大きな一日でした? ダンス規制、先日のタトゥー裁判、セックスワーク、いろいろ重なる苦労話が多く、勇気づけられることが多くて。政治的に活動する人が少なく、人々や社会に理解されにくい業界の者どうし、知恵と経験を共有して頂けるのはとてもありがたいです。 引き続き、時間がかかるのを覚悟して小さなことからこつこつとがんばりたいと思いました?? 明日の最終日はダルクの倉田めばさんがゲストです?? ぜひ北加賀屋へ?? http://swashweb.sakura.ne.jp/node/204


========


げいまきまき(セックスワーカーの人権活動家)(DISTAの関係者)(イトケンの声かけリスト)(リンチ事件発覚後も李信恵を応援支持)
金光正年さん(クラブNOON元経営者)
要 友紀子 (セックスワーカーの人権活動家)
うっちー(LGBT活動家)(DISTAの関係者)(イトケンの声かけリストの連絡係りの一人、セカンドリンチに加担)(李信恵の裁判支援の『鶴橋安寧』のスタッフ。リンチ事件発覚後も李信恵を応援支持とボディガード)










 








 

2019/04/25
オーサカカイギ


後ろ姿だけど、
山田創平(イトケンの声かけリスト、リンチ事件が発覚後も、凡、その他セカンドリンチ加担者らと共演。コアの人脈や共演者は支持基盤が、リンチ事件加担者人脈だから遠慮があるのでしょうね)
金髪は、げいまきまき(イトケンの声かけリスト、リンチ事件が発覚後も、セカンドリンチ加担者らと共演。コアの人脈や共演者は支持基盤が、リンチ事件加担者人脈だから遠慮があるのでしょうね)






 





2019/08/15の日本敗戦の日の予定のはずが。台風襲来の予報のため2019/08/14に変更。
朝鮮半島系の解放記念日として大きな祝日で、反安倍デモで、韓国本土との連帯の意志を表明。かなり朝鮮半島系の政治活動の匂いがする。
















 










 
2019/08/12の催しの告知





========

宮田 りりぃ
8月2日 16:25 ·
【研修会のお知らせ】

8月12日(月曜・祝日)、MASH大阪研修会を開催します!!
要予約・入場無料。ぜひお越しくださいませ(^^)/

<2019年度 第1回 MASH大阪研修会>

【主催】
 大阪府健康医療部 保険医療室 医療対策課

【協力】
 MASH大阪

【開催日】
 2019年8月12日(月曜・祝日)15:00-17:00 (開場 14:30)

【テーマ】
「ハームリダクションと性の健康 -ヘルプが言えない世の中への処方箋-」

【講師】
 倉田めば(大阪ダルク/Freedom)
 げいまきまき(SWASH/MASH大阪)
 後藤大輔(MASH大阪)

【内容】
 ハームリダクションとは、薬物使用やセックスワークなどを理由に処罰することを優先せず、その人たちが、安心・安全に困った状況から抜け出せるよう支援する取り組みです。
 ところで、薬物使用者やセックスワーカーは、差別や偏見から、困っていても誰かに「ヘルプ」を言いにくいことがしばしばです。今回は、薬物使用者やセックスワーカーに詳しい講師を迎えて、ハームリダクションが、これらの人々の性の健康増大にどう役立つのかを、参加者のみなさんと一緒に考えていきます。

【開催概要】
・開催場所:コミュニティセンターdista
・対象:教育、医療従事者、保健師等の行政職員等、HIV検査や医療・支援、予防啓発に従事する機会のある人
・受講者数:25名(要予約)
・参加費:無料
・申込み方法:distaのサイト(https://www.dista.osaka/)の問合せフォームからお申込み下さい。
 なお、お申込みの際は「お名前・ご所属・人数」を入力してください。
・お問い合わせ:06-6361-9300 ※17:00-22:00(休館日の月・火曜日を除く)

==========



 
 

やっぱり、慰安婦問題人脈!


「平和の少女像」って。

私にとっては、「歴史戦を持ち出して、日韓対立を扇動する活動家たちの謀略」としか思えない。