→ 人物図鑑詳細情報 岸政彦(@sociologbook)


   岸政彦
(@sociologbook)

 
 関西大学社会学部卒業、大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。博士(文学)。2006年より龍谷大学社会学部教員。研究テーマは沖縄、被差別部落、生活史、社会調査方法論。
妻は、社会学者の齋藤直子。

李信恵の「反ヘイトスピーチ」裁判の会計係りだけど、会計報告はなし。

2014年12月、リンチ事件。その後の大晦日に凡どどラジオ出演。

リンチ事件後~李信恵らが復帰までネットの更新なし。なので、特に目立ったネットリンチの証拠は見当たらない。

2015年春ごろに、ネット復帰。


鹿砦社『反差別と暴力の正体』で徹底批判されてる。


イトケンの声掛けリスト


主水へのリンチ事件の二次加害者をランク付けしたら。
優柔不断で問題解決能力なしの無能というほうが近いのでは?
確信犯的なA級戦犯レヴェルというよりも。




2017/05/25に、上智大学で「私たちの部落問題」に妻の齋藤直子、李信恵。

大阪市立大学の、齋藤直子の所属する研究グループでは、【研究グループは同論文の作成に当たり科学研究費1820万円を獲得した。】

ABDARC(鳥取ループ裁判支援サイト)関係人物一覧




 
     
   


以下、時系列順


 
 


2011年10月7日

pakina
ボンボンどんくまさん


この投稿をInstagramで見る

ボンボンどんくまさん

pakina(@pakina)がシェアした投稿 -





pakina
かー!れー!はー!よーーーー!
この投稿をInstagramで見る

かー!れー!はー!よーーーー!

pakina(@pakina)がシェアした投稿 -







 
 
   

2012年1月1日
pakina
きしさいとうおはきな。今年もよろしく!

この投稿をInstagramで見る

きしさいとうおはきな。今年もよろしく!

pakina(@pakina)がシェアした投稿 -




さいとうなおこ
岸政彦


 
   




2014/02/16
藤井 誠二











 
   




2015/08/27

ひっさしぶりによう飲んだ

ゆきみけるさん(@yukimikeru)がシェアした投稿 -







 
     
 2018/03/19


大阪地裁 主水氏(M君) vs 李信恵氏ら5人裁判判決(民事)



 
 
   

2018/03/19(月)19:00~の催しの告知
関目ブラウニー(大阪市城東区関目、京阪関目駅前)
平野達也p
岸政彦b
弦牧潔d


=============

岸 政彦
2018年3月16日 ·
【ライブ告知】ひさしぶりに地元大阪でリラックスしたジャズを演奏します! 平野達也p 岸政彦b 弦牧潔d @関目ブラウニー 3月19日(月)19:00- みなさまぜひ。
https://brownie.webosaka.work


=============




【ライブ告知】ひさしぶりに地元大阪でリラックスしたジャズを演奏します! 平野達也p 岸政彦b 弦牧潔d @関目ブラウニー 3月19日(月)19:00- みなさまぜひ。 https://brownie.webosaka.work

岸 政彦さんの投稿 2018年3月16日金曜日





 
 2018/03/19



李信恵、伊藤大介、エル金、神原元弁護士、(たぶん凡も)、SNSに飲み会で怪気炎をあげている様の写真をアップ。



「ワインとチーズとホルモン大衆酒場 ホルマル」
大阪市の難波にある焼肉屋。

あの界隈の人脈がよく利用しているけど。経営責任者はリンチ事件人脈頼りだとかベッタリズブズブというわけでもないみたい。経営者が割と手広く多くの店を展開をしているみたいだし。

 



 
 
     
   







 


 
 

2018/08/09(木)19:00~の催しの告知
さうりる(京都市右京区西院)



========
岸 政彦
2018年7月18日 ·
【お知らせ】平野達也トリオ、久しぶりに京都でライブです。

8/9(木)19時〜、学生は500円オフ!
Jazz Live Sahouril@西院
平野達也p/岸政彦b/弦牧潔d

お待ちしておりますー! 場所はこちら⇨ http://sahouril.com



===========



【お知らせ】平野達也トリオ、久しぶりに京都でライブです。 8/9(木)19時?、学生は500円オフ! Jazz Live Sahouril@西院 平野達也p/岸政彦b/弦牧潔d お待ちしておりますー! 場所はこちら? http://sahouril.com

岸 政彦さんの投稿 2018年7月17日火曜日





============

さうりる
2018年8月8日 · 京都市 ·
《ライブ情報》
2018年8月9日(木)

平野達也(p)
岸 政彦(b)
弦牧 潔(d)

Start 19:00
MC ¥2,000

皆様のお越しをお待ちしております!
ご予約、お問い合わせはさうりるまで♪
電話:050-3749-3566
e-mail:info@sahouril.com 表示を縮小
— 場所: さうりる

============



《ライブ情報》 2018年8月9日(木) 平野達也(p) 岸 政彦(b) 弦牧 潔(d) Start 19:00 MC \2,000 皆様のお越しをお待ちしております! ご予約、お問い合わせはさうりるまで♪ 電話:050-3749-3566 e-mail:info@sahouril.com

さうりるさんの投稿 2018年8月8日水曜日










 
 
   



2018/10/05
藤井 誠二



=========


藤井 誠二

2018年10月5日 ·


..
昨日(10.4)荻窪titleにて社会学者・岸政彦さんと私でトークライブをしました。岸さん、ありがとうございます。
店内には定員をオーバーする方々に来ていただき、基本オフレコで調査や取材の裏話、沖縄の語られ方の変遷などについて議論しました。内容の一部は書評紙「週刊読書人」に二面を使って掲載されます。詳細はまた告知します。ー 友達: 岸 政彦


=========









 
   




2018/11/15



============

18年11月19日 ·
社会学者で立命館大学教授の岸政彦先生の講演会を、11月15日にウィリング横浜で開催しました。

生活史をテーマとした御講演で岸先生は次のようなことを話されました。

~~~

ポストモダン思想以降、言語論的転回ないし構築主義のもとで、他者から発された語りは事実から切り離され、単なる語りとして、何らかの解釈として捉えられるようになった。しかし差別や暴力を受けた当事者の語りを単なる語りとすることには大きな問題があること、そのような差別や暴力を事実として受け取ること、それらが実在することを理解しなければならない。

医療領域では、医学的言辞に適合せず無視されてきたような患者の語りは、ポストモダン的思想のもとでは重要なものと位置付けなおされることとなり、ナラティブセラピーなどとして一定の成果があったことも事実である。しかし、患者が「痛い」と訴えた時にその痛みを事実としてでなく単なる語りとして捉えてしまうことは問題が大きいのではないか。

語りを聞き取り、そこに意味を介在させず、実在を共有することこそが重要なのではないか。

~~~

私たち医療に携わる者としては、患者さんの語りをまずは受け止め事実として理解することが大切であることを再認識しました。その上で、臨床実践においては理解だけでは充分ではなく、そこからどのように支援につなげていくかを考察することが、私たちに投げかけられた課題となるでしょう。

御多忙の中、素晴らしい御講演をしてくださった岸政彦先生に深く感謝いたします。また、写真を撮影いただいた写真家・逢坂憲吾さんに御礼申し上げます。 表示を縮小
— 岸 政彦
さんと一緒です。


=============




社会学者で立命館大学教授の岸政彦先生の講演会を、11月15日にウィリング横浜で開催しました。 生活史をテーマとした御講演で岸先生は次のようなことを話されました。 ~~~ ポストモダン思想以降、言語論的転回ないし構築主義のもとで、他者か...

ホームケアクリニック横浜港南さんの投稿 2018年11月19日月曜日




 
   


2019/01/26
「トーク 温又柔(おんゆうじゅう) X 三木幸美(みきゆきみ) ここで暮らす」
グランフロント大阪、北館7階、ナレッジサロン・プレゼンーションラウンジ、
ヒューライツ大阪事務所、












2019/01/26
温又柔



2019/01/26
温又柔




2019/01/26
温又柔


温又柔
かすみけいすけ(三木幸美の夫)
三木幸美(イトケンの声かけリスト)
岸政彦(李信恵の支援者)(イトケンの声かけリスト)
齋藤直子(岸政彦の妻)(『結婚差別の社会学』)(イトケンの声かけリスト)


2019/01/27
尾﨑 誠嗣




2019/01/26
温又柔


温又柔
かすみけいすけ(三木幸美の夫)
三木幸美(イトケンの声かけリスト)





View this post on Instagram

【おしらせ】温又柔さんとグランフロント大阪で対談することになりました!! 移住連のキャンペーン「ここにいる koko ni iru.」大阪企画の最終回です。 ぜひお越しください?? 申込フォーム:https://goo.gl/forms/xkOPso795N1wpxdZ2 さまざまな文化・ルーツを持ちながら多くの人が生きるこの社会で、だれもが自分らしく生きるにはどうすればいいのか? これまで私たちは“ダイバーシティ(多様性)”を考えるシリーズとして、3回の企画をおこなってきました。最終回は、海外にルーツを持つ2人の話し手によるトークセッションです。  テーマは「ここで暮らす」― 多様なルーツや文化を持った人間が「ここにいる」という当たり前のことをどう発信するのがよいか。それを考えるヒントは、平凡な日々の暮らしにあるのではないでしょうか。流れる日々のなかで交わされる幾多の「やりとり」。 そこで生まれる、自分や相手の日常を継続させるための工夫や葛藤。そんなとどまらない暮らしの視点から、だれもが自分らしく生きることができる社会について、考える機会にしたいと思います。 日時 2019.1.26(土)14:00-16:30 (開場13:30) 場所 グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル7階プレゼンテーションラウンジ https://kc-i.jp/access/guide-04/ 参加費 1000円 | 定員100人 | 事前申込み制 申込フォーム:https://goo.gl/forms/xkOPso795N1wpxdZ2 問合わせ E-mail: osakakokoniiru@gmail.com , Tel: 06-6543-7003 (ヒューライツ大阪事務所) #温又柔 #三木幸美 #移住連 #ここにいる #ここで暮らす

ゆきみけるさん(@yukimikeru)がシェアした投稿 -


























 
 




===========

藤井 誠二
2019年2月10日 ·
発売中の「アエラ」の「現代の肖像」に社会学者の岸政彦@sociologbook さんを書きました。写真はmikikoさん。大判フィルム撮影でモノクロの扉ページはこのコーナーではほとんどないのですが、すばらしい写真です。岸さんの子ども時代の話などをかなり盛り込みました。そして「沖縄」との関係や距離。
— 友達: Mikiko Yoshitani
さん、岸 政彦
さん


==========




発売中の「アエラ」の「現代の肖像」に社会学者の岸政彦@sociologbook さんを書きました。写真はmikikoさん。大判フィルム撮影でモノクロの扉ページはこのコーナーではほとんどないのですが、すばらしい写真です。岸さんの子ども時代の話などをかなり盛り込みました。そして「沖縄」との関係や距離。

藤井 誠二さんの投稿 2019年2月9日土曜日






 
 
   

ロフトプラスワンWEST

2019/05/03 19:00


===================



『ヤンキーと地元』刊行記念
地元とは何か──沖縄のヤンキーと過ごした10年間
打越正行x岸政彦

OPEN 18:00 / START 19:00

前売り¥1,800 / 当日¥2,300(共に飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売り券Thank you SOLD OUT!!
※web予約、電話予約の方でキャンセルの方がいらっしゃいましたらお早めにご連絡ください。
■当日券に関して■
当日17:30~18:30まで店頭にて整理券を配布致します。その後、18:50~ご入場となります。なお、後方のお席や立ち見となる可能性がありますのでご了承ください。予定枚数を超えた場合は抽選となります。
前売り券はイープラス、web&店頭&電話予約にて4/3(水)10時〜発売開始!
電話予約 → 06-6211-5592(16時~24時)
※ご入場はイープラスチケット→ロフトプラスワンウエストweb→店頭&電話予約→当日の順となります。

このイベントの予約は締めきりました。

【出演】
打越正行(社会学者。「ヤンキーと地元」著者。)
岸政彦(社会学者。著書「ビニール傘」「はじめての沖縄」)

沖縄の「排除された若者たち」を対象に、驚異的なフィールドワークを展開した社会学者の打越正行さん。待ち望まれたその単著の初出版を記念して、同じく沖縄を専門とする社会学者の岸政彦さんを招いて、打越さんが見つめてきた「沖縄の地元社会」について、存分に語っていただきます。

ときには温かく包み込み、ときには厳しく束縛する「地元」の意味を、徹底検証します。




===============










 
   


2019/09/05(木)開場18:30 開演19:00 終演予定20:30 の催しの告知
AKOMEYA TOKYO in lakagu (東京都新宿区)

岸政彦、又吉直樹


===========

新潮社ラカグ室/la kagu イベント
2019年8月5日 ·
【販売開始!】市井の人々を描く小説も人気を集めている社会学者の岸政彦さん。新刊『図書室』の刊行記念イベントとして、今月末に『劇場』が文庫化される又吉直樹さんとお話しいただきます。9月5日(木)、必聴です!

※チケットは、下記のURLからお求めください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/.../detail/01nnbt10e8ur2.html

イベント名:岸政彦×又吉直樹「土地を描くということ――大阪で生きる/沖縄を思う」
開催日  : 9月5日(木)
日時   : 開場18:30 開演19:00 終演予定20:30
会場   : AKOMEYA TOKYO in lakagu 2階

#岸政彦 #又吉直樹 #図書室 #劇場 #新潮社 #ラカグ #lakagu #アコメヤ #アコメヤトウキョウ #神楽坂 #akomeya #akomeyatokyo #akomeyatokyoinlakagu #tokyo
#kagurazaka


==========



【販売開始!】市井の人々を描く小説も人気を集めている社会学者の岸政彦さん。新刊『図書室』の刊行記念イベントとして、今月末に『劇場』が文庫化される又吉直樹さんとお話しいただきます。9月5日(木)、必聴です! ※チケットは、下記のURLからお...

新潮社ラカグ室/la kagu イベントさんの投稿 2019年8月5日月曜日


 
   

2019/09/28(土)19:30~の催しの告知
ボンズロザリー(京都市東山区)
平野達也p /岸政彦b /弦牧潔d

============

岸 政彦
2019年9月15日 ·
【ライブ】おなじみとなりました祇園のボンズロザリーでのライブです! みなさまぜひぜひよろしくです。予約はお早めに!

2019年9月28日(土)19:30〜
平野達也p /岸政彦b /弦牧潔d
https://bondsrosary.com


===========




【ライブ】おなじみとなりました祇園のボンズロザリーでのライブです! みなさまぜひぜひよろしくです。予約はお早めに! 2019年9月28日(土)19:30? 平野達也p /岸政彦b /弦牧潔d https://bondsrosary.com

岸 政彦さんの投稿 2019年9月15日日曜日





 
   
2019/10/05(土)19:00~の催しの告知
会場 : HIJU GALLERY | 大阪府大阪市中央区本町4丁目7-7 飛鳥ビル 102
社会学者 岸政彦 × 写真家 鈴木育朗


===========

Hijugallery
2019年10月5日 ·
HIJU GALLERY 2019年9月の展示は、鈴木育郎 特別展 「終夏」となります。

● 社会学者 岸政彦 × 写真家 鈴木育朗トークショー始まっています。●

●ギャラリーステートメント●
本展示会は鈴木育朗の作品を展示する特別展である。鈴木は2013年キヤノン「写真新世紀」グランプリを受賞後2冊の写真集を世に出している。しかしそれとは別に自主制作による少部数の写真集を製作し発表することにこれまで重きを置いてきたが、本展示会では久しぶりにプリントによる新作展示となる。また新旧の自主制作本も併せて展示する。まさに現在における鈴木育朗の集大成と言えるだろう。
協賛:キヤノン株式会社
●PROFILE●
鈴木育郎 (すずきいくろう): 1985年、静岡県浜松市生まれ。写真家。2010年、舞踏家 吉本大輔氏のポーランドツアーに同行。帰国後東京に移る。2013年、「鳶・CONSTREQUIEM」で、キヤノン「写真新世紀」グランプリ受賞
個展に2012年「月夜」マチュカバー。2013年「月の砂丘」蒼穹舎。2014年「月夜」nuisance galerie 「写真新世紀」東京展2013「最果-Taste of Dragon」(東京都写真美術館地下1階展示室)
著書に「解業」(2015年、赤々舎)、「月夜」(2018年、日版アイピーエス)があるほか、
小部数ながら自費出版による写真集多数
(SO BOOKS https://sobooks.jp/)
●スケジュール●
会期 : 2019年9月14日(土)~10月14日(祝)
時間 : 13:00~19:00 (火・水・木曜日 休廊)
会場 : HIJU GALLERY | 大阪府大阪市中央区本町4丁目7-7 飛鳥ビル 102
●トークイベント●
社会学者 岸政彦 × 写真家 鈴木育朗
10月5日(土)19:00~(要予約 先着30名)
参加費:¥1000 参加費は当日受付にてスタッフにお支払いください。
岸政彦 : 1967年生まれ。社会学者・作家。立命館大学教授。専門は沖縄、生活史、社会調査方法論など。
『断片的なものの社会学』(2015年朝日出版社)で紀伊國屋じんぶん大賞2016を受賞。小説「ビニール傘」(2017年新潮社)で第156回芥川龍之介賞候補及び第30回三島由紀夫賞候補に挙がる。2019年にも小説「図書室」(新潮社)で第32回三島由紀夫賞候補となる。その他著書として「はじめての沖縄」(2018年新曜社) 「マンゴーと手榴弾-生活史の理論」(2018年勁草書房)などがある。
●トークイベントの受付は締め切りました●
●詳しくはホームページまで●
http://www.hijugallery.jp



==============




HIJU GALLERY 2019年9月の展示は、鈴木育郎 特別展 「終夏」となります。 ● 社会学者 岸政彦 × 写真家...

Hijugalleryさんの投稿 2019年10月5日土曜日






 
 

 
 
   
2019/12/10(火)16:20~17:50の催しの告知
立命館大学 朱雀キャンパス 創思館1F カンファレンスルーム
社会学者の岸政彦先生、哲学者の千葉雅也先生、比較文学者の西成彦先生


============
木本 学
2019年12月10日 · 京都市 ·
『書くってどういうこと 学問と文学の間で』
立命館大学 大学院 先端研
社会学者の岸政彦先生、哲学者の千葉雅也先生、比較文学者の西成彦先生を迎えての、小説論。
小説を具体的なものと向きあう契機として捉える千葉先生。ジャズのコード進行のように制限がある中で言葉が出てくるという岸先生。千葉さんの新作を「三四郎」の現代版だと捉える西先生(さすが比較文学者!)
時に論文指導が入ったり(大切なのは問題設定)、教授会の暴露話が出たり(立岩真也先生は教授会の最中ずっとツイッターやっている)など、爆笑を交えた知的な時間でした。
「世界の向き合い方について人はどのように言葉にしてきたのか、が国語の授業だ」という西先生の言葉が印象的でした。
— 場所: 立命館大学 朱雀キャンパス



==========




『書くってどういうこと 学問と文学の間で』 立命館大学 大学院...

木本 学さんの投稿 2019年12月10日火曜日








 
   






ロフトプラスワンWEST


2020/01/13(月) 18:30~
============

「岸政彦にふれる」

OPEN 17:30 / START 18:30

前売り ¥2,500 / 当日 ¥2,800(飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト電話予約にて11/26(火)12時発売開始!
■購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/3159840001-P0030001
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
※ご入場はプレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト電話予約→当日の順 となります。

「岸政彦にふれる」

【出演】岸政彦、ケイン樹里安、上原健太郎

わたしたちをとらえて離さない社会の仕組みに、身近なテーマからふれて読み解く『ふれる社会学』刊行記念イベント。2020年最初のゲストは社会学者であり、第156回芥川龍之介賞候補および第30回、32回三島由紀夫賞候補に選出された、岸政彦さんにご登壇いただきます! 『社会学はどこから来てどこへ行くのか』『質的社会調査の方法』など、これまで/これからの社会学について論じつつ、小説も執筆されてきた岸政彦さんと共に、『ふれる社会学』の編者・ケイン樹里安と上原健太郎が現代社会について縦横無尽に語り尽くします!! 本イベントは『ふれる社会学』刊行イベントツアー、通称「#ふれしゃかツアー」第6弾! ということで、今回限りのスペシャルなお土産をご用意しております。是非お運びくださいませ!!

■岸 政彦(きし まさひこ)
1967年生まれ、社会学者・作家。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。主な著作に『同化と他者化』『街の人生』『断片的なものの社会学』『マンゴーと手榴弾』、小説に『ビニール傘』『図書室』など。


■ケイン 樹里安(けいん じゅりあん)
1989年生まれ.大阪市立大学都市文化研究センター研究員.主著:『アーバンカルチャーズ――誘惑する都市文化,記憶する都市文化』(晃洋書房2019年),『ポスト情報メディア論』(ナカニシヤ出版2018年).*NHK『おはよう日本』『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』TBS『NEWS23平成最後の夜』等に出演。


■上原 健太郎(うえはら けんたろう)
1985年生まれ.大阪国際大学人間科学部講師.主著:『持続と変容の沖縄社会』(ミネルヴァ書房2014年),『地元を生きる:沖縄的共同性の社会学』(ナカニシヤ出版,近刊)


========







 
   



BAR蓄音機

2020年6月5(金) @バー蓄音機
平野達也(ピアノ)
岸政彦(ベース)
弦牧潔(ドラム)

☆当面演奏は19:30〜21:30と致します。閉店は23:00です☆






 
   



Loft PlusOne West
2020/10/24(土)OPEN 18:00 / START 19:00


==================
「地元を生きる」刊行記念/
社会の海に潜る──フィールドワーカーが語る沖縄というフィールド
@Loft PlusOne West

OPEN 18:00 / START 19:00

◎観覧・配信視聴について
観覧チケット:前売り¥2,000 / 当日¥2,500 ※共に要1オーダー¥500以上(18:00開場 / 19:00開演)
配信チケット:¥1,000(19:00〜20:00予定)

■観覧チケットはこちらのWEB予約にて
※キャンセルの際は必ずご連絡ください
■配信視聴チケットはコチラから(前半1時間のみの配信)
(応援投げ銭あり!無理のない範囲でお願い致します!)
※購入受付期間:11/7(土)まで
※アーカイブは、配信終了後、11/7(土)23:59まで視聴可能
※配信サービスの仕様上、放送の遅延などが発生する場合がございます。アーカイブは遅延なくご覧いただけますので予めご了承ください。
※配信内容を録画するなどして再配信する行為は禁止させて頂いております。

このイベントの予約は締めきりました。

【出演】
岸政彦
上原健太郎

【リモート出演】
打越正行
上間陽子

岸政彦・打越正行・上原健太郎・上間陽子という、沖縄研究の最前線を走る4名が、8年の歳月を費やして完成させた『地元を生きる──沖縄的共同性の社会学』(ナカニシヤ出版)。
その刊行を記念して、著者4名(うち2名はオンライン参加)によるオフラインイベントを開催。

今回は特に、その「調査のやり方」についてじっくり語る。
「沖縄」は、これまで社会学や人類学、あるいはジャーナリズムなどでどのように語られてきたのか。
そして著者たちは、どのような調査によってそれを乗り越えようとしたのか。
4名による沖縄でのフィールドワークは、どのように計画され、どのように進行し、そしてそこに、どのような困難が存在したのだろうか。

岸政彦と上原健太郎が現場でオフライン参加、打越正行と上間陽子は東京と沖縄からオンライン参加し、本書の「舞台裏」について縦横に語り合う。

前半1時間はオンライン配信されますが、後半部分はは会場内のみの完全オフラインでおこないます!
果たしてどんな話が聞けるのか!?
ぜひご参加を!!
※会場での書籍販売あり、終演後はサイン会も行います。

新型コロナウィルス感染拡大防止のために(必ずお読み下さい)
・皆様に検温を行います。37.5度以上の熱がある方はご入場出来ません。
・体調のすぐれない方、5日以内に平熱を超える発熱をされた方、咳・咽頭痛などの症状がある方、基礎疾患をお持ちの方、過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方は来場をお控え下さい。
・マスク、フェイスガード等の着用をお願いいたします。また、咳をする際には手ではなくティッシュやハンカチ、袖などで口をふさぐ“咳エチケット”もお守りください。
・入場口にアルコール消毒を用意していますので、イベント入場時に両手のアルコール消毒をお願い致します。
・定期的に場内の換気を行います。ご了承ください。
・会場で声援を惹起する、来場者同士での接触などの行為はお控え下さい。
・場内は客席の間隔を広くとっております。席をたたれる際も接触に気を付けるようご協力ください。
・お手洗いでは、石鹸による手洗い・アルコール消毒薬による手の消毒をお願い致します。
※状況により注意事項の追加や会場でのイベントが中止となる可能性もございます。予めご了承ください。



=================



 
   
2020/10/26(月)19:30~の催しの告知
平野達彦(ピアノ)、岸政彦(ベース)、弦牧潔(ドラム)
「バー蓄音機」 近鉄八戸ノ里すぐ

============

岸 政彦
2020年10月25日 ·
【お知らせ】明日は街頭演説……ではなく、平野トリオの演奏です! これで今年最後、しばらくお休みに入ります。みなさまぜひ、ふらりとお越しください。

10/26(月)「バー蓄音機」 近鉄八戸ノ里すぐ


============




【お知らせ】明日は街頭演説……ではなく、平野トリオの演奏です! これで今年最後、しばらくお休みに入ります。みなさまぜひ、ふらりとお越しください。 10/26(月)「バー蓄音機」 近鉄八戸ノ里すぐ

岸 政彦さんの投稿 2020年10月25日日曜日









 



Kayoko Kajimura
Tatsuya Kimura
岩井 ひとみ
中村砂織
Toyomi Naruse
松下 一樹
谷川 嘉浩
玉川 千雅子
大森 秀斗史
Miki Kureyama
松原寿尚
久井 茂
Ayumi Morita
橋詰 健
Minchaul Bu
山本 貴光
小田 昌栄
Takuya Kuratsu
弦牧 潔
河村 信
李 信恵
佐野 真弓
榎本 容子
足立 大樹





 

2021/01/07に発売。

新潮
===============

新潮 2021年2月号

特別定価1,200円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2021/01/07

購入する
定期購読

メールマガジン登録
公式Twitter

メールで送る
◆川のほとり/筒井康隆
最愛のひとり息子・筒井伸輔、二〇二〇年に死す――時空を超えた再会を描く感動掌篇! ◆骨を撫でる[一三〇枚]/三国美千子
逃れえぬ河内の土地と血縁の業。三島賞受賞『いかれころ』の世界を突き詰めた野心作。 ◆大阪の西は全部海/岸 政彦
生まれてこないって、どういうこと? 脳内の声と対話し、私は自分の人生を引き受ける。 ◆FICTION 06 黄金の馬車/山下澄人
仲間の死、劇団の苦境、作家デビュー。記憶は混濁しつつ、今この瞬間に向かって流れ込む。 ◆プリニウス(七十四)/ヤマザキマリ+とり・みき ■■ 連載小説 ■■
◆天使も踏むを畏れるところ(八)/松家仁之
◆曼陀羅華X(十二)/古川日出男
◆全然(十八)/滝口悠生
◆漂流(二十)/町田 康
◆チェロ湖(二十二)/いしいしんじ
◆ビッグ・スヌーズ(三十五)/矢作俊彦
◆荒れ野にて(五十九)/重松 清 ■■ 新潮 ■■
◆チベットの「いま」を描き出す――ペマ・ツェテンの芸術世界/大川謙作
◆日本語への帰郷/イナン・オネル
◆変な女/河村敏栄
◆コロナ狂想曲変ト長調/宮沢孝幸 第53回《新潮新人賞》応募規定
【選考委員】大澤信亮/小山田浩子/鴻巣友季子/田中慎弥/又吉直樹 ◆家族と敗戦 江藤淳論/先崎彰容
善悪が吹っ飛んだ時代に、母と隔離され幼年期を過ごした江藤は、深刻な危機に陥った。 ◆戦時下の生を描く[講演]/黒沢 清
たとえ戦争中でも、人間は自由と幸福の追求を諦めない。『スパイの妻』のテーマを語る。 ◆霧のなかのルイーズ・グリュック/今福龍太
喪失の影にこそ希望は宿る。ノーベル文学賞の栄誉へ至る、アメリカスの女性詩人の系譜。 ◆#SAVEtheCINEMAとは何か、何を目指しているのか/馬奈木厳太郎 ◆『豊饒の海』論(三)[短期集中連載]/平野啓一郎 ◆能十番 日英現代語訳/いとうせいこう ジェイ・ルービン
第六回・高砂 ◆コロナの認識論(最終回)/養老孟司 ◆あの頃何してた?(最終回)/綿矢りさ 【リレーコラム】Passage――街の気分と思考(19)
◆サンクトペテルブルク/レニングラードの冬の日/柴崎友香
◆半分のチョコレート/谷崎由依 ◆OH MY GOD/エリイ(Chim↑Pom)
第十六回・海は二つの扉を押し開いて母の胎から溢れ出た ◆大楽必易――わたくしの伊福部昭伝(四)/片山杜秀
◆小津安二郎(六)/平山周吉
◆保田與重郎の文学(二十七)/前田英樹
◆小林秀雄(七十一)/大澤信亮 ◆地上に星座をつくる/石川直樹
第九十二回・伊勢を歩く ◆見えない音、聴こえない絵/大竹伸朗
第一九一回・記妄憶想 ■■ 本 ■■
◆星野智幸『だまされ屋さん』/石原 燃
◆石川直樹『地上に星座をつくる』/滝口悠生
◆仲俣暁生『失われた「文学」を求めて 文芸時評編』/矢野利裕




============







新潮社の人脈分析をしたい。
なぜか、リンチ事件加害者側の人脈と重なる。
岸政彦、石原燃、星野智幸。
反日の朝鮮半島系に媚びへつらうおかしな連中だらけ。
『新潮』の編集長は、矢野優。

松沢呉一も、書籍を次々と新潮社から発行しているし。
担当編集者が岑(みね)さんって。彼を調べたい。岑(みね)って名前は珍しいし、中国系か朝鮮半島系かしら?

2018年に、『新潮45』編集部が8月号に掲載された自民党の杉田水脈(みお)衆院議員の寄稿「『LGBT』支援の度が過ぎる」について、ヘイトスピーチ反対活動家界隈が抗議活動をしていたけど。
当事者のゲイたちの中には、その抗議活動に対して、批判的で、「見当外れの大バッシングに見舞われた」と杉田議員に対して同情的なのもいたけど。

松沢呉一は、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員の寄稿「『LGBT』支援の度が過ぎる」に対して批判的で、ヘイトスピーチ反対活動家界隈の抗議活動を賛美して。そして「新潮社内部でも『新潮45』編集部をしている」という趣旨の発言を書いていたので、『新潮45』編集部とは派閥が違うのでしょうね。
松沢呉一を担当している編集者たちやその派閥は、間違いなく、LGBT活動家支持、ヘイトスピーチ反対活動家界隈支持、反日の朝鮮半島系支持、なのでしょうね。


室谷克実(むろたに かつみ)が韓国批判の書籍を新潮社から出しているから分かりにくくなってるけど。
新潮社でも、部門ごとに派閥が違うのでしょうね。


★ 室谷克実(むろたに かつみ)の本を担当している編集者、杉田水脈(みお)衆院議員の寄稿「『LGBT』支援の度が過ぎる」を載せた『新潮45』編集部
★ 岸政彦、石原燃、星野智幸、松沢呉一を担当している編集者
同じ新潮社でも、かなり派閥が違うのでしょうね。


李信恵を批判する在日、マリカも新潮社からデビュー作を新潮社から発行しているから分かりにくくなているけど。
知人の解釈では、「在日、キリスト教の人脈があるからではないか?」って。

新潮社の派閥分析が今後重要。

 
 
     
 


岸政彦への批判