→ 人物図鑑詳細情報 岸政彦(@sociologbook)


   岸政彦
(@sociologbook)

 関西大学社会学部卒業、大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。博士(文学)。2006年より龍谷大学社会学部教員。研究テーマは沖縄、被差別部落、生活史、社会調査方法論。
妻は、社会学者の齋藤直子。

李信恵の「反ヘイトスピーチ」裁判の会計係りだけど、会計報告はなし。

2014年12月、リンチ事件。その後の大晦日に凡どどラジオ出演。

リンチ事件後~李信恵らが復帰までネットの更新なし。なので、特に目立ったネットリンチの証拠は見当たらない。

2015年春ごろに、ネット復帰。


鹿砦社『反差別と暴力の正体』で徹底批判されてる。


イトケンの声掛けリスト


主水へのリンチ事件の二次加害者をランク付けしたら。
優柔不断で問題解決能力なしの無能というほうが近いのでは?
確信犯的なA級戦犯レヴェルというよりも。




2017/05/25に、上智大学で「私たちの部落問題」に妻の齋藤直子、李信恵。

大阪市立大学の、齋藤直子の所属する研究グループでは、【研究グループは同論文の作成に当たり科学研究費1820万円を獲得した。】

ABDARC(鳥取ループ裁判支援サイト)関係人物一覧




   
   


以下、時系列順


 


2011年10月7日

pakina
ボンボンどんくまさん


この投稿をInstagramで見る

ボンボンどんくまさん

pakina(@pakina)がシェアした投稿 -





pakina
かー!れー!はー!よーーーー!
この投稿をInstagramで見る

かー!れー!はー!よーーーー!

pakina(@pakina)がシェアした投稿 -







 
   

2012年1月1日
pakina
きしさいとうおはきな。今年もよろしく!

この投稿をInstagramで見る

きしさいとうおはきな。今年もよろしく!

pakina(@pakina)がシェアした投稿 -




さいとうなおこ
岸政彦


   




2014/02/16
藤井 誠二











   




2015/08/27

ひっさしぶりによう飲んだ

ゆきみけるさん(@yukimikeru)がシェアした投稿 -







   







 


   



2018/10/05
藤井 誠二



=========


藤井 誠二

2018年10月5日 ·


..
昨日(10.4)荻窪titleにて社会学者・岸政彦さんと私でトークライブをしました。岸さん、ありがとうございます。
店内には定員をオーバーする方々に来ていただき、基本オフレコで調査や取材の裏話、沖縄の語られ方の変遷などについて議論しました。内容の一部は書評紙「週刊読書人」に二面を使って掲載されます。詳細はまた告知します。ー 友達: 岸 政彦


=========









   


2019/01/26
「トーク 温又柔(おんゆうじゅう) X 三木幸美(みきゆきみ) ここで暮らす」
グランフロント大阪、北館7階、ナレッジサロン・プレゼンーションラウンジ、
ヒューライツ大阪事務所、












2019/01/26
温又柔



2019/01/26
温又柔




2019/01/26
温又柔


温又柔
かすみけいすけ(三木幸美の夫)
三木幸美(イトケンの声かけリスト)
岸政彦(李信恵の支援者)(イトケンの声かけリスト)
齋藤直子(岸政彦の妻)(『結婚差別の社会学』)(イトケンの声かけリスト)


2019/01/27
尾﨑 誠嗣




2019/01/26
温又柔


温又柔
かすみけいすけ(三木幸美の夫)
三木幸美(イトケンの声かけリスト)





View this post on Instagram

【おしらせ】温又柔さんとグランフロント大阪で対談することになりました!! 移住連のキャンペーン「ここにいる koko ni iru.」大阪企画の最終回です。 ぜひお越しください?? 申込フォーム:https://goo.gl/forms/xkOPso795N1wpxdZ2 さまざまな文化・ルーツを持ちながら多くの人が生きるこの社会で、だれもが自分らしく生きるにはどうすればいいのか? これまで私たちは“ダイバーシティ(多様性)”を考えるシリーズとして、3回の企画をおこなってきました。最終回は、海外にルーツを持つ2人の話し手によるトークセッションです。  テーマは「ここで暮らす」― 多様なルーツや文化を持った人間が「ここにいる」という当たり前のことをどう発信するのがよいか。それを考えるヒントは、平凡な日々の暮らしにあるのではないでしょうか。流れる日々のなかで交わされる幾多の「やりとり」。 そこで生まれる、自分や相手の日常を継続させるための工夫や葛藤。そんなとどまらない暮らしの視点から、だれもが自分らしく生きることができる社会について、考える機会にしたいと思います。 日時 2019.1.26(土)14:00-16:30 (開場13:30) 場所 グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル7階プレゼンテーションラウンジ https://kc-i.jp/access/guide-04/ 参加費 1000円 | 定員100人 | 事前申込み制 申込フォーム:https://goo.gl/forms/xkOPso795N1wpxdZ2 問合わせ E-mail: osakakokoniiru@gmail.com , Tel: 06-6543-7003 (ヒューライツ大阪事務所) #温又柔 #三木幸美 #移住連 #ここにいる #ここで暮らす

ゆきみけるさん(@yukimikeru)がシェアした投稿 -


























   

ロフトプラスワンWEST

2019/05/03 19:00


===================



『ヤンキーと地元』刊行記念
地元とは何か──沖縄のヤンキーと過ごした10年間
打越正行x岸政彦

OPEN 18:00 / START 19:00

前売り¥1,800 / 当日¥2,300(共に飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売り券Thank you SOLD OUT!!
※web予約、電話予約の方でキャンセルの方がいらっしゃいましたらお早めにご連絡ください。
■当日券に関して■
当日17:30~18:30まで店頭にて整理券を配布致します。その後、18:50~ご入場となります。なお、後方のお席や立ち見となる可能性がありますのでご了承ください。予定枚数を超えた場合は抽選となります。
前売り券はイープラス、web&店頭&電話予約にて4/3(水)10時〜発売開始!
電話予約 → 06-6211-5592(16時~24時)
※ご入場はイープラスチケット→ロフトプラスワンウエストweb→店頭&電話予約→当日の順となります。

このイベントの予約は締めきりました。

【出演】
打越正行(社会学者。「ヤンキーと地元」著者。)
岸政彦(社会学者。著書「ビニール傘」「はじめての沖縄」)

沖縄の「排除された若者たち」を対象に、驚異的なフィールドワークを展開した社会学者の打越正行さん。待ち望まれたその単著の初出版を記念して、同じく沖縄を専門とする社会学者の岸政彦さんを招いて、打越さんが見つめてきた「沖縄の地元社会」について、存分に語っていただきます。

ときには温かく包み込み、ときには厳しく束縛する「地元」の意味を、徹底検証します。




===============










   






ロフトプラスワンWEST


2020/01/13(月) 18:30~
============

「岸政彦にふれる」

OPEN 17:30 / START 18:30

前売り ¥2,500 / 当日 ¥2,800(飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト電話予約にて11/26(火)12時発売開始!
■購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/3159840001-P0030001
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
※ご入場はプレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト電話予約→当日の順 となります。

「岸政彦にふれる」

【出演】岸政彦、ケイン樹里安、上原健太郎

わたしたちをとらえて離さない社会の仕組みに、身近なテーマからふれて読み解く『ふれる社会学』刊行記念イベント。2020年最初のゲストは社会学者であり、第156回芥川龍之介賞候補および第30回、32回三島由紀夫賞候補に選出された、岸政彦さんにご登壇いただきます! 『社会学はどこから来てどこへ行くのか』『質的社会調査の方法』など、これまで/これからの社会学について論じつつ、小説も執筆されてきた岸政彦さんと共に、『ふれる社会学』の編者・ケイン樹里安と上原健太郎が現代社会について縦横無尽に語り尽くします!! 本イベントは『ふれる社会学』刊行イベントツアー、通称「#ふれしゃかツアー」第6弾! ということで、今回限りのスペシャルなお土産をご用意しております。是非お運びくださいませ!!

■岸 政彦(きし まさひこ)
1967年生まれ、社会学者・作家。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。主な著作に『同化と他者化』『街の人生』『断片的なものの社会学』『マンゴーと手榴弾』、小説に『ビニール傘』『図書室』など。


■ケイン 樹里安(けいん じゅりあん)
1989年生まれ.大阪市立大学都市文化研究センター研究員.主著:『アーバンカルチャーズ――誘惑する都市文化,記憶する都市文化』(晃洋書房2019年),『ポスト情報メディア論』(ナカニシヤ出版2018年).*NHK『おはよう日本』『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』TBS『NEWS23平成最後の夜』等に出演。


■上原 健太郎(うえはら けんたろう)
1985年生まれ.大阪国際大学人間科学部講師.主著:『持続と変容の沖縄社会』(ミネルヴァ書房2014年),『地元を生きる:沖縄的共同性の社会学』(ナカニシヤ出版,近刊)


========







   
 


岸政彦への批判