→ 人物図鑑詳細情報  岩淵進 (@buchi777)


   
岩淵進
@buchi777

               
  どぅーどぅるのひどい擁護発言をRT


 「自殺した」とか?



 
               
 








Neked Loft


2014/09/11(木)OPEN 18:30 / START 19:00
=============


男組・言論部プレゼンツ 「教育しばき」For the children, For the future 〜いじめ・レイシズムを乗り越えるワークショップ〜

OPEN 18:30 / START 19:00

予約¥1300 / 当日¥1500(飲食代別)※学割有り
当日券あり(枚数に限りが有りますのでお早めに)
電話03-3205-1556(18:00〜24:00)

“By Any Means Necessary”
「必要ないかなる手段をとろうとも」(マルコムX)

男組はこの言葉を胸の奥に抱いて、この世にはびこるレイシズムと闘う集団である。マルコムXはこうも言う。

「教育こそが未来へのパスポートだ。明日という日は、今日準備をする人たちのものである」
”Education is our passport to the future, for tomorrow belongs to the people who prepare for it today”

必要なあらゆる手段の中でもポイントになるのが「教育」である。街角の「ヘイトスピーチ」と学校や職場で起きている「いじめ」は同根かもしれない。そんな大胆な仮説を立てた男組言論部。武闘派イメージの強い男組の暗部である言論部の全貌がこの日いよいよ明らかにされる。

いじめ、レイシズム…この世にはびこるあまたの差別。それらをどう乗り越えていくか、男組言論部が主催する初の対話型イベント。乞うご期待!

トータルコーディネーター:
・渡辺雅之(立教大学・埼玉工業大学・講師)

出演予定者:
• 高橋直輝・木本拓史(男組)
• 山口祐二郎・岩淵 進(憂国我道会)
• 池田ユリア(SAR)
• 佐々木大輔(筑波大大学院)
• その他サプライズゲストあり

主催:反レイシズム集団「男組」
協賛団体(順不同):TOKYO NO HATE (東京大行進2014実行委員会) / 差別反対東京アクション / SAR(レイシズムに対抗する諸学生/Students Against Racism) / 差別反対女組 / 憂国我道会 / OoA本部「ヲタクオブアンチファ」 / 対レイシスト行動集団 C.R.A.C. / のりこえねっと(-ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-)

(予定内容)

• ワークショップ「いじめレイシズムの現実、そこに共通するもの、その正体は何だ?!」
• トークセッション「いじめ、ヘイト一体 どうすればいい?」

※とは言え、難しい内容ではありません。学生さんからシニアまで。考え方は「右」「左」「真ん中」「ノンポリ」どなたでも!反レイシズムに関わる思わぬ裏話やマル秘エピソードも聞けるかも(謎

飲み食べながら、気軽にどうぞ。(勿論ネトウヨと呼ばれている方も大歓迎!一緒に話しましょ!)会場は狭いのでご予約はお早めに!

同時開催
• 「反差別パネル展mini」




=========











22:06
柳橋 未詩緒 2014年9月12日 ・



木野トシキ
















 
               
   



Naked Loft
2015/02/10(火) 19:00~

=============================



男組プレゼンツ「日本の路上からアジアを世界を考える」Vol.1
〜外国人労働者問題とISIS人質事件のリアル〜

OPEN 18:30 / START 19:00

予約¥1300 / 当日¥1500(飲食代別)
電話 03-3205-1556(18:00〜24:00)
※当日券あり。予約のお客様の後の入場となります。

【出演】安田浩一、清義明、佐藤剛裕、岩渕進

主催:反レイシズム集団「男組」

非暴力・超圧力トークショー@「男組」高橋直輝組長誕生日記念

これまで北朝鮮拉致問題やチベット侵略問題が歴史修正主義者や行動保守界隈に「利用」されてきたように、アジアと世界の諸問題はヘイトスピーチと排外主義に直結している。またISISによる人質事件は世界に大きな波紋を広げ、国内でもイスラムファビアを拡大している。かように激しく変動する状況の中で我々は何をすべきか?

【第一部】 外国人労働者の現況は?!
『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』『ネットと愛国』の著者安田浩一氏が、現在もなお過酷な環境下に置かれている外国人労働者の現況について実例を上げて話る。

【第二部】 ISIS人質事件をどう考える?!
反レイシズム運動の一翼を担ってきた清義明氏(サッカージャーナリスト)をメインコメンテータとして展開する。パリ連続テロ事件とISISの人質事件に関連したイスラムフォビアの高まりと、それらを巡る政治的課題について議論する。

聞き手には男組からチベット・ウイグル問題に関わってきた佐藤剛裕と岩淵進が登壇。

現在、反差別運動の高まりと世論により、ヘイトデモは沈静化しつつある。しかし、世界とアジア、日本国内に差別と排外主義の根は広く深い。これからも世界とアジアの動向によっては、新たな困難と問題をもたらすだろう。

このような難しい情勢の中、新たなフェーズを迎えつつある反差別アクション。その展望を多角的な視点から考えあう参加型のイベント「日本の路上から『アジア』を『世界』を考える」Vol.1。

乞うご期待!







==========================


   セカンドリンチ          
 



2016/02/09


 

 
               
   


(月)17:50
=============

こぎつねの家(旧)
2016年9月26日 ·
【こぎつねオープンまで】石も運び、しかも軽々と。びっくらこいたぁ。本当に、男の人って「田んぼの力」なんだと、感動しました。もっちゃんは、総合格闘技をやっているとか。首も太い。漫画に出てくる男の子のようでした。


=============


【こぎつねオープンまで】石も運び、しかも軽々と。びっくらこいたぁ。本当に、男の人って「田んぼの力」なんだと、感動しました。もっちゃんは、総合格闘技をやっているとか。首も太い。漫画に出てくる男の子のようでした。

こぎつねの家(旧)さんの投稿 2016年9月26日月曜日


https://archive.ph/wip/WCsJz

岩渕進
田村誠
?グラサンの男?
松本エイイチ










2016年11月頃に、辛淑玉中心の世田谷の「こぎつねの家」をオープンしたけど。
2020/06/30をもって、世田谷の「こぎつねの家」を退去しました。
2020年11月初旬に、11月初旬、辛淑玉さん中心の 「コギツネの森の家」のお披露目会があったらしい。場所は不明。