→人物図鑑、ハスラー・アキラ(張由紀夫)の詳細情報


ハスラー・アキラ
張由紀夫

@YKOTKO   
関西から東京 

ゲイリブ



本屋への圧力肯定


市場ずしへのネットリンチ


ゲイリブで評判が悪い。


イトケンの声掛けリスト

セカンドリンチ






 
  松沢呉一編著『売る売らないはワタシが決める』



女性のフェミニストが性的に偏狭で被害者意識過剰だから、松沢呉一の仲間たちのセックスワーカーの合法化運動やゲイリブのほうに活路を見出して幻想をいだいていたけど。

松沢呉一が有料メルマガで、正確な引用じゃないけどだいたいこういう趣旨の発言をしていた「正義の活動をするゲイリブに対して、ダサくて正義の活動をできない情けないゲイたちが妬み嫉みで足を引っ張る」とか。私はそれを単純素朴に信じてたけど。

http://www.pot.co.jp/potch/potch-archive/20110218_105513493922483.html

でもヘイトスピーチ反対活動にゲイリブたちも参加して来て。でもハスラー・アキラらが本屋への圧力肯定とかおかしなところだらけなのには疑問を感じるようになってきて。


ブログ「ジャックの談話室」→「ゲイリブの拠点、2丁目aktaの予算打ち切り」で徹底批判されてたのを知って目からウロコが落ちました。
そして「ゲイリブと在日」で、実はゲイリブには被害者意識過剰な在日だらけで、大多数のゲイたちからしたらその被害者意識過剰な姿勢に対して批判が殺到しているとか。
ゲイリブは被害者意識過剰で、独善の押し付け、被差別者を悪用して税金から利権を搾り取ってるとかで、大勢のゲイたちから嫌われているということを大量に書いている。
ゲイリブは実は被害者意識過剰で在日と創価統一信者だらけだという噂。麻薬とHIV汚染がひどいのに、それを隠して他人様に啓発活動をしているとか。
2chでも匿名から大量の悪口が書きこまれているけど、その真贋については分からないけど、該当の関係者たちは反論も釈明もせず沈黙したまま。
東京のゲイバー「タックスノット」の店員。その店について、ネットの噂では、店主や他の店員らが創価とか。
ゲイリブのパレードが中止になったけど、ネット上からの匿名の噂では麻薬で逮捕者が続出したせいで、それを隠ぺいしてきたとか。
twitter上で、ゲイリブやしばき隊界隈を徹底批判しているゲイたちが大勢いるのを知って驚きました。その内の一人は丸井なんとかで、アキラやブブやユースケ等を徹底批判していて、その批判も妬み嫉みとは思えなくてかなり信ぴょう性が感じられた。
ゲイリブ界隈ってノンポリのゲイたちから評判が悪いということを最近になって知った。

ハスラー・アキラやブブドラマドレーヌらが市場ずしネットリンチにも加担をしていたのでますます幻滅した。



















 


松沢呉一の人脈は、反ヘイトスピーチ活動に参加する前から人間関係ができていた。




=============

松沢呉一
2014年5月23日 ·
やっと25日の進行表ができました。「凡どどラジオ」ではそんなもんを作ったことがないというので、ワシが作ったった。

私としては反レイシズムだの、ヘイトスピーチ規制法だのの話はする予定じゃなかったんですけど、そうもいかないみたいなので、前半は昨年からここまでのカウンター活動の話。

でも、しばき隊以降の話は皆さんだいたい知っているでしょうから、ちょっと視点を変えたところから捉え直してみたい。

どぅーどぅる君Doodle Char と初めて会ったのは2011年、秋山理央Rio Akiyamaと大阪に行った時のことです。今回カレーを出してくれるフサエさんFusae Fateともその時が初対面。彼女は野間易通Noma Yasumichiiの奥さんの友逹です。元バンドマン。

つまり、カウンター勢力のある部分は、その前からさまざまな形で人間関係ができておりました。私がクボケンや河原崎君と知り合ったのは30年前。ソフルフラワーユニオンの中川君はそのちょっとあと。NEWEST MODELの時代です。

どぅーどぅる君らとともにプラカードを掲げたなめぴょんさんはもともと私の読者です。福岡でカウンターをやっている大野金繁さんも私の古い読者であり、10年くらい前に福岡で会ってます。仙台で桜井誠にカウンターをかけた穴田さんは震災の時からのメルマガ読者。私のメルマガ読者でカウンターに参加しているのは他にもムチャ多いっす。差別の問題をメルマガで頻繁に取り上げてきたわけではないんですけどね。

張由紀夫君や大阪のBUBUさんはセックスワークつながりで、15年くらい前からの知り合い。張君がまだ京都にいた頃だったかな。

といったような、いわばカウンター前史を話そうかと思ってます。ただ、私は記憶力が悪いので内容は適当です。

そういう関係があって、昨年、どぅーどぅる君を裏でそそのかして、「どぅーどぅるデルタ殺戮部隊」が誕生します。悪い大人です。「友逹守る団」とは違うもうひとつのカウンターの流れです。

平野 悠さんがいらんことを言って炎上しましたが、ロフトとはライブハウスの方と先に付き合いがあり、ロフトプラスワンともオープン時からのつきあいです。震災以降は、ロフトプロジェクトはさまざまなデモや抗議活動に多大な貢献をしており、カウンター活動においても同様です。見えにくいので、その辺も大阪で解説をしておこうかと思います。

「凡どどラジオ」の放送はこの第一部のみ。

第二部はもともと話そうと思っていた内容で、盛岡で話したこととかぶります。こっちが私のメインの興味です。いっぱいあるので、1テーマ5分しか話さないという縛りで、12テーマくらい話そうかなと。全部中途半端になると思いますが、続きはまたの機会ってことで。でも、「野間易通はなぜエロ話が嫌いか」という話は5分で終わるべ。

今回人が入らないと「凡どどラジオ」の次はロフトプラスワンWESTでできないし、私も続きを話せなくなります。大阪の人たちは地元の人たちが企画している内容をバックアップした方がいいっすよ。東京の企画を大阪にもってくるより、自分たちで生み出す場にしていった方がいい。と東京の私は思います。

では、日曜日の夜、ロフトプラスワンWESTで。

※全員にタグをつけようとしたのですが、うまくいかなんだ。なんでだろ。あとでまた試みます。

凡どどラジオ
2014年5月23日 ·
5月25日(日)は241FM 凡どどラジオpresents「松沢呉一のマッツ・ザ・ワールドinロフトプラスワンウエスト」です。

えらいことになりました。凡どどラジオがロフトプラスワンウエスト進出です。ゲストは大好きな松沢呉一さん。

実は、関西でヘイトスピーチデモに対するカウンター行動が始まった頃に、友達守る団とは別でプラカード隊の呼びかけをしようと、僕とデルタさんとで企んだ時にいろいろ相談にのってもらったのが松沢呉一さんだったりします。

差別撤廃東京大行進ではAdvisory Boardとしてスタッフ一覧に載っていて、ゲイのための総合情報サイト g-lad xx(グラァド)の東京大行進のレポートでは名誉ゲイと紹介されていたり。 http://gladxx.jp/features/social/3520.html

そういえば、初めて松沢さんと会った時は、チャルガの話、大阪の風俗店の営業形態の話、陰毛の話、蛇の話をしていたっけ。

マッツ・ザ・ワールドっていうのは松沢さんのメールマガジンのタイトルなんだけど、真面目な話からアホな話まで盛りだくさん。レイシスト陣営にはこういう何でも話せるおもしろい人はいないでしょう。

それからそれから、激ウマのFATEのカレーの出店も決定! http://news.fatalbackground.org/?eid=1252526
あと、凡どどグッズが登場するらしい。

公開生放送なので241FM (http://www.ustream.tv/channel/241fm )での放送も予定しますが、途中でぶった切ると思います。おもしろいイベントになると思うので関西の人はぜひ遊びにきてください。

どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R

5月25日(日) 241FM 凡どどラジオpresents「松沢呉一のマッツ・ザ・ワールドinロフトプラスワンウエスト」

日本で生まれて日本で育った、おんなじようでちょっと違う!? 在日やってる凡と どどる の二人がリアルな在日の日常をべしゃくりまくる人気ラジオ番組「凡どどラジオ」が遂にLOFTにやってきた! ゲストに反レイシズム界隈でもお馴染みのライター松沢呉一氏を迎え、華麗なる「マッツ・ザ・ワールド」が展開します。

OPEN 18:00 / START 19:00
前売・予約¥1500 / 当日¥1800(飲食代別)

【出演】
ぼん(凡どどラジオ) @Bong_Lee
どぅーどぅる。a.k.a. C.H.A.R.(凡どどラジオ) @triflingdoodle
【ゲスト】
松沢呉一(ライター)

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/23580




===========



"カウンター勢力のある部分は、その前からさまざまな形で人間関係ができておりました。"


秋山理央
穴田
大野金繁
河原崎
クボケン
張由紀夫君(ハスラー・アキラ)
どぅーどぅる
DELTA
ソフルフラワーユニオンの中川君
なめぴょん
野間易通
平野 悠さん
Fusae Fate
大阪のBUBU





 
 
 

以下、時系列順


 


 
 

2015年の春ごろから、徐々に李信恵、凡、エル金らは復帰。

2016年春に、リンチ事件が次々とリークされてて。
被害者からの怒りの告発が鹿砦社の本で掲載。

 
時系列順





 






レイバーネット


================


swashの要です。

展覧会開催中です。新宿、または堂山近辺にお越しの際はぜひお立ち寄りくださ
い。
また、27日(日)には大阪でシンポジウムもやります。

====================================================================

   MIXイベント「セックスワーカーのいるまち」開催のお知らせ
               
==================================入場料無料・事前申込不要==========

 大阪の「堂山町」あるいは東京の「新宿2丁目」- 人が人とつながり、
知識や情報とつながっていく町。これらの町は、ゲイだけでなくセックスワ
ーカーにとってもそうした「場」として機能しているのかもしれません。
 今回「セックスワーカーのいるまち」と題し、シンポジウム・トーク・展
覧会のmixイベントを開催します。
 ワーカーとお客、ワーカーと経営者、異業種のワーカーどうし、ワーカー
とワーカーではない人、コミュニティと行政と医療機関などなど…の間にあ
る「ギャップ」に、あきらめたり目をそらしたりすることなく、それぞれが
安心して仕事や生活ができるのはどんな「まち」なのか?を考えます。


┏━━━━━━━2008.01.22(火)~02.03(日)開催 ━━━━━━━━┓

  展覧会
  セックスワークを仕事とする私が日常的に感じたり考えたりする
  HIV/AIDS~セックスワーカーのいるまち~

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
場所: ふたつのまちで同時開催!
(1)コミュニティーセンター【dista(ディスタ)】大阪市北区堂山町17
-5巽ビル4F  TEL/FAX:06-6361-9300(http://www.mash-osaka.com/
access/)
(2)コミュニティーセンター【akta(アクタ)】東京都新宿区新宿2-15-
13第2中江ビル301号室 TEL : 03-3226-8998(http://www.rainbowring.
org/akta/)
入場料: 無料
日時: 2008年1月22日(火)~2月3日(日)
【dista:17:00-23:00。土曜は通常の展示は20:00まで。月曜休館。】
【akta:16:00-22:00】
展覧会の内容:「セックスワークを仕事とする私が日常的に感じたり考えた
りするHIV/AIDS」というテーマで鍵田いずみ(MASH大阪)、張由紀夫
(Rainbow Ring)、松沢呉一(ライター)が行ったセックスワーカーへのイ
ンタビューをもとに、「セックスワーカーのいるまち」を文と写真でお伝えし
ます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━2008.01.27(日)開催 ━━━━━┓

  Bridging the Gap: 日本の性娯楽施設・産業に係わる人々の支援・
  予防対策の開発に関する学際的研究」の成果をコミュニティに還元
  していくために ~セックスワーカーのいるまち~シンポジウム

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
場所: 【クラブD'C(ディーシー)】大阪市北区神山町14-3アド神山1F
    
入場料: 無料
日時: 2008年1月27日(日)第一部 18:30~20:30(開場18:00)
              第二部 21:00~22:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【出演者(出演順)と講演内容】
●MC……鍵田いずみ(MASH大阪)・張由紀夫(Rainbow Ring)
第一部
●イントロダクション……東優子(大阪府立大学)
●Voices from Sexworkers……要友紀子(SWASH)・鍵田いずみ(MASH大阪)
●Voices from 新宿2丁目……松沢呉一(ライター)
●Voices from 堂山町……山田創平(財・エイズ予防財団)
●セックスワーカーのいるまち……出演者全員
第二部
●シャンソンライブ……シモーヌ深雪(Vo)・ANKO(Vo)・吉田幸生(Pf)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━2008.02.02(土)開催 ━━━━┓

  プロ・セックス・トークイベント
  セックスワークを仕事とする私が日常的に感じたり考えたりする
  HIV/AIDS~セックスワーカーのいるまち~

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
場所: コミュニティーセンター【akta(アクタ)】東京都新宿区新宿
    2-15-13 第2中江ビル301号室
    TEL : 03-3226-8998(http://www.rainbowring.org/akta/)
入場料: 無料
日時: 2008年2月2日(土)17:00~19:00(※当日は1/22(火)からの
「セックスワークを仕事とする私が日常的に感じたり考えたりするHIV/
AIDS~セックスワーカーのいるまち~展覧会」も開催中です。aktaの営業
時間は16:00-22:00)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【出演者(出演順)とトークの内容】
第一部
●あいさつ「日本の性娯楽施設・産業に係わる人々への支援・予防対策の
開発に関する学際的研究」……東優子(大阪府立大学)
●研究発表「青年期女性における金銭が介在する性行動とセクシュアルヘル
スの問題-携帯電話のwebアンケートを用いた調査から-」……野坂祐子
(大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター 講師)
第二部
●トーク&トーク「セックスワークを仕事とする私が日常的に感じたり考え
たりするHIV/AIDS:10人のインタビューを終えて感じること」……アキラ
(元セックスワーカー)、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(元セックスワーカー)、
松沢呉一(ライター)、生島嗣(ぷれいす東京)

============================================================
※これらイベントのすべては、平成19年度厚生労働科学研究費エイズ対策研究推
進事
業・研究成果等普及啓発事業により開催されます。

◆企画◆セックスワーカーのいるまち実行委員会

◆主催(シンポジウム)◆:(財)エイズ予防財団/厚生労働科学研究費エイズ
対策
研究推進事業「日本の性娯楽施設・産業に係わる人々への支援・予防対策の開発
に関
する学際的研究」主任研究者・東優子(大阪府立大学)
◆主催(トーク+展覧会)◆:(財)エイズ予防財団/厚生労働科学研究費エイ
ズ対
策研究推進事業「日本の性娯楽施設・産業に係わる人々への支援・予防対策の開
発に
関する学際的研究」分担研究者・生島嗣(ぷれいす東京)

◆お問い合わせ先◆
(1)大阪府立大学人間社会学部・東優子研究室 TEL(072)254-9793/MAIL
higashi@sw.osakafu-u.ac.jp
(2)MASH大阪・鍵田  TEL/FAX:06-6361-9300








==============











2011/03/04

 
 
2011/10/06






 





























2013/08/28
=======
緊急の呼びかけにも関わらず約350名もの方が参加した - 2013.8.28 超緊急!0828東電本店抗議!ー 目良 誠二郎、張 由紀夫と一緒に東京電力本社 Tokyo Electric Power Company Head Officeにいます。
======




 
 


2014/02/02
https://togetter.com/li/624250
========

「反レイシズムイベント shout!!! NO RACISM -vol.2-」
LIFE info:shout!!! NO RACISM -vol.2-
様々な差異を越えた多様性のある社会を、多種多様な人達で作り上げていこうというテーマのもと開催する反レイシズムイベント第2弾。トークショウやドラグクイーンショウ、カウンター陣によるDJ timeに美味しいカレーなどなど。あらゆるものを血肉として、叫べ ! NO RACISM ! ! !
日時:2月2日(日)15:30 start
場所:地下一階
http://lifejpn.tumblr.com/post/72937541805/shout-no-racism-vol-2
============

KARS students
2014/02/02
「shout!!! NO RACISM -vol.2-」


野洲(K.A.R.S代表)(男組)(セカンドリンチ加担)
ハスラー・アキラ
ブブドラマドレーヌ(李信恵の裁判支援者のコアの活動家。李信恵の裁判支援の同人誌『鶴橋安寧』の編集スタッフの一人。イトケンの声かけリスト、声かけ済み。セカンドリンチ加担。リンチ事件発覚後も凡、李信恵と懇意)















 





====

タックスノット
· 2014年9月10日 ·

タックスノットにいます。

======


 





リンチ事件が2014年12月に発生。
その後、李信恵、凡、エル金らは謎の活動停止状態。李信恵、凡らは予定されていた催しをキャンセル。
ネット上では、外部から不思議がられていた。



李信恵は、インスタグラムでは発信を続けていたのですね。当時は外部でそれに気がついていたのはごく少数。
本当にごく少数のお仲間だけでしょうね。

 



 









 




2015/02/06


=========
遠藤 妙子
2015年2月6日 ·

一緒にいる人: 張 由紀夫、Daisuke Tasaka

==========




2015/02/06



===========


遠藤 妙子
2015年2月6日 ·

一緒にいる人: Daisuke Tasaka、張 由紀夫

========







 





大阪市解体にNOを! ちょこっと取材&デモに参加。#SADL

Sinhae Leeさん(@rinda0818)がシェアした投稿 -



====

rinda0818大阪市解体にNOを! ちょこっと取材&デモに参加。#SADL

2015年3月14日

=======


「いいね」
cap0927baboy
Capitan Baboy

makiokogiku
Makio Kogiku

takaakik
Takaaki K

piaoqin
park kumsoon

myong_fa
Myongfa Ki M

bekakochin
べかこ

ykotko
AkiraTheHustler




 





============

2015/3/28  男組が東京の「NAKED LOFT」で解散式。
男組(高橋直輝、石野雅之、山口祐二郎、木本拓史、マツモト"男丸"エイイチ、和田彰二、男組一同)
野間易通、松沢呉一、辛淑玉、安田浩一、伊藤大介、DJ TASAKA、アキラ・ザ・ハスラー、清義明、OSCAR、島崎ろでぃ、ATS(C.R.A.C.)

===========








http://archive.fo/BG48P







 











 



2015/04/26
東京レインボープライド








2015.4.26|渋谷|東京レインボープライドパレード2015|Tokyo Rainbow Pride Parade 2015, Shibuya, Tokyo, 2015/4/26.


2015.4.26|渋谷|東京レインボープライドパレード2015|Tokyo Rainbow Pride Parade 2015, Shibuya, Tokyo, 2015/4/26.





 



2015/05/31





 




2015/05/31






 






2015/06/17







 











 
2015/06/28の韓国、ソウルのゲイパレード


田村 美緒
2015年7月6日







 



2015/08/30








 




2015/09/21のイベント




2016/9出版


『S/N×ガールズ・アクティビズム記録集』(同実行委員会[菅野優香、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、堀あきこ]企画編集、2016年9月) 1000円+送料180円





==============
日本女性学研究会
· 2016年10月26日 · 編集済み ·

『S/N×ガールズ・アクティビズム記録集』(同実行委員会[菅野優香、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、堀あきこ]企画編集、2016年9月) 1000円+送料180円

・記録集の刊行によせて(菅野優香)
・ごあいさつ(S/N×ガールズ・アクティビズム実行委員会)
・「S/N×ガールズ・アクティビズム」の始まり(ブブ・ド・ラ・マドレーヌ)
・ダムタイプについて、S/Nについて
【特別寄稿】
・同じということはわかりあえるということではなく、違うということは断絶ではない(竹田恵子)
【イベント・レポート】(岩川ありさ)
・トーク 9/19「これ!も!女の!運動」
・トーク 9/20「AIDSを生きる、看取る」
・トーク 9/21「ART・Life・Activism」
・イベントアンケートから
・1990年代の京都:時間軸による整理図
・資料:《S/N》プロジェクトメンバー、パフォーマンス《S/N》公演記録
・資料:パフォーマンス《S/N》各シーンの主な構成
・編集後記(堀あきこ)

本記録集は、2015年9月に、3日間にわたっておこなわれたイベント「S/N×ガールズ・アクティビズム」を記録したものである。このイベントでは、「ダムタイプ(dumb type)」というグループのパフォーマンス作品《S/N》(1994年初演)を扱っている。

《S/N》の制作については、古橋悌二さんが自らのHIV感染とゲイであることをダムタイプのメンバーにカミングアウトしたことの影響が大きかったため、《S/N》は、従来、「ゲイ男性」を中心とした表現として語られてきたという。しかし、実際には、《S/N》の制作には、多くのセクシュアルマイノリティを含む女性たちも関わっていた。そこで、このイベントでは、《S/N》をフェミニズムと女性という観点から捉えなおすことを試みたという。また、《S/N》を含む1990年代の京都のアクティビズムと現在の女性運動とのつながりについても考察されている。

この記録集では、まず、竹田恵子氏が、《S/N》における女性表象について論じている。

次に、3日間にわたって開催された、パネリストたちによるトークがそのままの形で、60ページを費やして収録されている。これが、この記録集の最大の特色だと言えるだろう。

第1日目は、あかたちかこさん(思春期アドバイザー)、對馬果莉さん(同志社大学院生)、元橋利恵さん(大阪大学院生)の3人による「これ!も!女の!運動」と題するトークである。進行は堀あきこさんだ。それぞれが、ご自分の経験をもとに、ウーマンズダイアリー・プロジェクト、京都96条の会、怒りたい女子会などにおける、女性の活動について語っている。けっして運動についての概説のようなものではなく、どうして運動に参加したのか、どのように運動を企画したのか、その中から自分自身が得たものは何か、今後どうするのか、といったことを述べておられるので、興味深く一気に読める。

2日目は、青木理恵子さん(CHARM)、岡野八代さん(同志社大学)の2人による「AIDSを生きる、看取る」と題するトークである。進行は、ブブ・ド・ラ・マドレーヌさん(美術家)である。最初にブブさんが、ダムタイプの中では古橋さんやHIVを持っている人々に対する看病がおこなわれていたことから、今日のテーマは「看取り」になったという経緯について語っている。次に、HIV陽性者や在日外国人に対する介護問題に取り組んでいる青木さんが、さまざまな「普通」でない看取りについて語る。岡野さんは、なぜ政治学は、家族や身体、性について語らないのかという話から始めて、政治学では語られない「時間」の捉え方や、LGBTだからこそ見えてくる「家族」を乗り越えた「共生」について語っておられる。

3日目は、アキラ・ザ・ハスラーさん(美術家)、ブブ・ド・ラ・マドレーヌさん(美術家)の2人による「ART・Life・Activism」と題するトークである。進行は、菅野優香さん(同志社大学)だ。このトークは、ARTとActivismとの関係を、Life(生命・生活)の切実さと向き合ってきた2人のアーティストが語るという趣旨である。お二人とも、1990年代にHIVエイズと共に生きるための情報を可視化する活動をなさった方であり、古橋悌二さんを看取った方でもある。お二人は、まず《S/N》と女性と関わりについて語ったのち、現在自らがおこなっているアクティビズムとアートや《S/N》とのつながりについて語っておられる。

今年も「S/N×ガールズ・アクティビズム」は開催された。この記録集には「vol.1」と記されているが、今後も発行する予定のようだ。

このイベントのfacebookページは、以下である。
https://www.facebook.com/girlsactivism/

この記録集は、「girlsactivism@gmail.com」に購入希望数、住所、名前をご連絡すれば、送金先が送られてくる。そこに入金して、郵送していただいた。(遠山日出也)



============










 















 








 



後藤 博
· 2015年12月23日 ·

六本木のギャラリー、OTA FINE ARTSの常設展でアキラ・ザ・ハスラーの作品を見た。ー 友達: 張 由紀夫




 












 


2016/05/03









 







 


2016/05/14
有田 芳生



http://archive.is/pHaSn
男?
ハスラー・アキラ
有田議員
生島嗣(いくしま ゆずる)(ぷれいす東京)
マーク・ウィンチャスター(クラック北海道)(アイヌ研究家)
五野井郁夫(高千穂大学経営学部教授)
田村貴紀(たかのり)(法政大学の非常勤講師)
眼鏡の男性?
MC JOE
やべしんた(写真家)
石野雅之(男組)



 




2016/06/10
ソウル・クイア・パレードに李信恵らが参加。
他参加者
植田 祐介、ハスラー・アキラらも参加。


仁川空港に着いた\(^o^)/

Yusukeさん(@yusukewaseda)がシェアした投稿 -







 






===========


ykotkoさんのプロフィール写真


ykotko
Beautiful town,beautiful people.
ゲイのアーティストたちが集まって作られた「陽射し」という名前の本屋さん。2016.06.12

#SeoulIsBeautiful #BlendIsBeautiful #햇빛서점
Photo:RodyShimazaki


=============



韓国語での看板だし、たぶん、韓国、ソウルでの集まり

ゆうすけ(朝鮮半島系からの帰化人で韓国語翻訳家で、LGBT活動家で、ヘイトスピーチ反対活動家)(イトケンの声かけリストの連絡係りの一人、セカンドリンチ加担)
金相佑(キム・サンウ)、(韓国本土からのエリート留学生で、大手メディアでディレクター)
?男?
?男?
?男?
ハスラー・アキラ(芸術家、LGBT活動家、タックスノットの店員)(イトケンの声かけリスト)




 




2016/9出版


『S/N×ガールズ・アクティビズム記録集』(同実行委員会[菅野優香、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、堀あきこ]企画編集、2016年9月) 1000円+送料180円





==============
日本女性学研究会
· 2016年10月26日 · 編集済み ·

『S/N×ガールズ・アクティビズム記録集』(同実行委員会[菅野優香、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、堀あきこ]企画編集、2016年9月) 1000円+送料180円

・記録集の刊行によせて(菅野優香)
・ごあいさつ(S/N×ガールズ・アクティビズム実行委員会)
・「S/N×ガールズ・アクティビズム」の始まり(ブブ・ド・ラ・マドレーヌ)
・ダムタイプについて、S/Nについて
【特別寄稿】
・同じということはわかりあえるということではなく、違うということは断絶ではない(竹田恵子)
【イベント・レポート】(岩川ありさ)
・トーク 9/19「これ!も!女の!運動」
・トーク 9/20「AIDSを生きる、看取る」
・トーク 9/21「ART・Life・Activism」
・イベントアンケートから
・1990年代の京都:時間軸による整理図
・資料:《S/N》プロジェクトメンバー、パフォーマンス《S/N》公演記録
・資料:パフォーマンス《S/N》各シーンの主な構成
・編集後記(堀あきこ)

本記録集は、2015年9月に、3日間にわたっておこなわれたイベント「S/N×ガールズ・アクティビズム」を記録したものである。このイベントでは、「ダムタイプ(dumb type)」というグループのパフォーマンス作品《S/N》(1994年初演)を扱っている。

《S/N》の制作については、古橋悌二さんが自らのHIV感染とゲイであることをダムタイプのメンバーにカミングアウトしたことの影響が大きかったため、《S/N》は、従来、「ゲイ男性」を中心とした表現として語られてきたという。しかし、実際には、《S/N》の制作には、多くのセクシュアルマイノリティを含む女性たちも関わっていた。そこで、このイベントでは、《S/N》をフェミニズムと女性という観点から捉えなおすことを試みたという。また、《S/N》を含む1990年代の京都のアクティビズムと現在の女性運動とのつながりについても考察されている。

この記録集では、まず、竹田恵子氏が、《S/N》における女性表象について論じている。

次に、3日間にわたって開催された、パネリストたちによるトークがそのままの形で、60ページを費やして収録されている。これが、この記録集の最大の特色だと言えるだろう。

第1日目は、あかたちかこさん(思春期アドバイザー)、對馬果莉さん(同志社大学院生)、元橋利恵さん(大阪大学院生)の3人による「これ!も!女の!運動」と題するトークである。進行は堀あきこさんだ。それぞれが、ご自分の経験をもとに、ウーマンズダイアリー・プロジェクト、京都96条の会、怒りたい女子会などにおける、女性の活動について語っている。けっして運動についての概説のようなものではなく、どうして運動に参加したのか、どのように運動を企画したのか、その中から自分自身が得たものは何か、今後どうするのか、といったことを述べておられるので、興味深く一気に読める。

2日目は、青木理恵子さん(CHARM)、岡野八代さん(同志社大学)の2人による「AIDSを生きる、看取る」と題するトークである。進行は、ブブ・ド・ラ・マドレーヌさん(美術家)である。最初にブブさんが、ダムタイプの中では古橋さんやHIVを持っている人々に対する看病がおこなわれていたことから、今日のテーマは「看取り」になったという経緯について語っている。次に、HIV陽性者や在日外国人に対する介護問題に取り組んでいる青木さんが、さまざまな「普通」でない看取りについて語る。岡野さんは、なぜ政治学は、家族や身体、性について語らないのかという話から始めて、政治学では語られない「時間」の捉え方や、LGBTだからこそ見えてくる「家族」を乗り越えた「共生」について語っておられる。

3日目は、アキラ・ザ・ハスラーさん(美術家)、ブブ・ド・ラ・マドレーヌさん(美術家)の2人による「ART・Life・Activism」と題するトークである。進行は、菅野優香さん(同志社大学)だ。このトークは、ARTとActivismとの関係を、Life(生命・生活)の切実さと向き合ってきた2人のアーティストが語るという趣旨である。お二人とも、1990年代にHIVエイズと共に生きるための情報を可視化する活動をなさった方であり、古橋悌二さんを看取った方でもある。お二人は、まず《S/N》と女性と関わりについて語ったのち、現在自らがおこなっているアクティビズムとアートや《S/N》とのつながりについて語っておられる。

今年も「S/N×ガールズ・アクティビズム」は開催された。この記録集には「vol.1」と記されているが、今後も発行する予定のようだ。

このイベントのfacebookページは、以下である。
https://www.facebook.com/girlsactivism/

この記録集は、「girlsactivism@gmail.com」に購入希望数、住所、名前をご連絡すれば、送金先が送られてくる。そこに入金して、郵送していただいた。(遠山日出也)



============







 






2016/11/13
Not Alone Cafe 東京


ハスラー・アキラ
生島嗣(いくしま ゆずる)(ぷれいす東京)

Not Alone Cafe 東京は、新宿二丁目のゲイリブ系で、来日外国人をサポートすることをアピールしたカフェ。
新宿のHIV予防啓発活動の団体、aktaとも懇意。
Not Alone Cafe 東京のツイアカが、2016年11月20日開催のコリアNGOセンター主催のミナミダイバーフェスティバルのアカウントからフォローされてて。Not Alone Cafe 東京のツイアカが、エル金のリンチ事件発覚後の新アカウントをフォローしていて。
慰安婦問題の活動家で韓国語翻訳家で、LGBT活動家で、ヘイトスピーチ反対活動家で、リンチ事件隠ぺい工作の「イトケンの声かけリスト」の連絡係りの一人でセカンドリンチにも加担をした、植田祐介がオープニングのための催しのトークショーに参加で、開催実現後は日本語案内係りの一人。
Not Alone Cafe 東京は、リンチ事件隠ぺい工作の「イトケンの声かけリスト」に載ってたハスラー・アキラとも懇意。




 




2016/12/04






 








 




============

住吉 智恵
2017年3月29日 · 編集済み ·

アキラ・ザ・ハスラーとアピチャッポン、ホー・ハンルーとジェローム・サンス、岡本敏子さん。
===========






 




===========

Queer Japan
· 2017年4月22日 · 編集済み ·

Happy birthday to Akira the Hustler AKIRA THE HUSTLER! Akira's art, philosophy, and activism are a big influence for #QueerJapan. Photo: John Roney
アキラ・ザ・ハスラーさん、お誕生日おめでとうございます!アキラさんのアート、哲学、そして活動は #QueerJapan に大きな影響を与えてくださっています。


===========




 




2017/05/12のイベントの告知
京都メトロ


https://www.metro.ne.jp/single-post/170512
====
2017/05/12
-------------------

【第一部:トーク】
"PHOTOGRAPHIE & LOVE" – ザネレ・ムホリの作品をめぐって
21:30〜22:30

出演:菅野優香 / 山田創平 司会:ブブ・ド・ラ・マドレーヌ
LIVE:座☆Luv posi vaudeville~ザ・ラブポジボードビル~
(薮内美佐子+ブブ+今井健太郎+伊藤存+ノブコたち)

第1部のトークでは"PHOTOGRAPHIE & LOVE"と題して、「KYOTOGRAPHIE 2017」の展示作家であり、南アフリカ共和国をベースに活躍するヴィジュアル・アクティヴィスト「ザネレ・ムホリ」の作品を題材に、ブブ・ド・ラ・マドレーヌを司会に迎え、菅野優香(クィア・スタディーズ・映画/視覚文化研究者、同志社大学准教授)と山田創平(社会学者、京都精華大学准教授)が鼎談し、彼女の作品を京都アートシーンの視点から紐解いていきます。

-------------------
【第二部:クラブイベント】
"LOVE/SEX/ACTIVISM" @ CLUB LUV+ 2017
23:30〜

内容:トークショウ・ドラァグクイーンレビューショウ・DJタイム

<トークショウ>
イ・ラン+山田創平+金明和(通訳兼)

<ナイトパーティー>
Drag Queen:BuBu de la Madeleine / Melodias / Madame Bonjour JohnJ / sana saiida
LIVE:イ・ラン (from Seoul)
DJ:Takuya Minami / 行松陽介 / C.H.A.R
MC:あかたちかこ
FOOD:Tropic Thunder (ex.voxxn cafe) / StudioFATE

そして第2部からのナイトパーティーでは、1990年代半ばに京都METROでエイズ・セックス・セクシュアリティをテーマにハッピーなパーティーを開催してきた伝説の夜「CLUB LUV+」がKYOTOGRAPHIEにて復活!韓国ソウルからはアーティストのイ・ランを迎えてのライブ&インタビュー、ドラァグクイーンによるレビューショウやTakuya Minami、行松陽介、C.H.A.RによるDJなど盛り沢山な内容でお送りします。Tropic Thunder (ex.voxxn cafe)とStuido FATEによるフード出店も有り!
====

C.H.A.Rは、リンチ事件加害者側を擁護するために出自と差別とを悪用した、どぅーどぅる。a.k.a C.H.A.R (@TriflingDoodle).
それをRTしたBuBu de la Madeleine
Melodias はハスラー・アキラ

あの人脈には遠慮があるのでしょうね。それにしてもね~。






 







http://archive.is/AbObp









 
2017/07/22-2017/09/10


京都造形芸術大学 ウルトラファクトリー ・ 2017年1月21日 ・















 

現代地方譚 アーティスト イン レジデンス須崎
このページに「いいね!」する · 2017年12月1日


 




2017/12/10



=======


Masamichi Shimada
日時: 2017年12月10日 場所: 高知県 須崎市付近 ·

アキラ・ザ・ハスラーさん
とてつもない破壊力やった。
須崎恐るべし

=======



 

2017/12/21





















 




2018/02/23



今日はアーティストトークの日 #streetjustice #galaxy #crac

Yui Hasegawaさん(@yuihash)がシェアした投稿 -




















 









2018/04/24

happy birthday

Yui Hasegawaさん(@yuihash)がシェアした投稿 -


















2018/05/02






2018/05/02
クルドを知る会


井出実
竹内美保
ハスラー・アキラ
?yasu?
太安萬侶






2018/05/06









遠藤 妙子
2018年5月6日 ·



DJ TASAKA
ハスラー・アキラ











2018/05/16



#FREEUSHIKU

Yui Hasegawaさん(@yuihash)がシェアした投稿 -



#FREEUSHIKU

Yui Hasegawaさん(@yuihash)がシェアした投稿 -












2018/05/16 21:01<BR>
OurPlanetTV

太安萬侶(TQCの主流メンバー)
竹内美保(イトケンの声かけリスト)
MC INKO(元男組)(イトケンの声かけリスト)
ハスラー・アキラ(LGBT活動家)(HIV予防啓発活動家)(イトケンの声かけリスト)



2018/05/16
長谷川 唯


MC INKO(イトケンの声かけリスト)
高橋若木(イトケンの声かけリスト)
ハスラー・アキラ(LGBT活動家)(イトケンの声かけリスト)












オリヅル
ハスラー・アキラ


2018/05/19








 



2018/05/29

View this post on Instagram

空ちゃん、来店。

竹内美保さん(@sakeuchi317)がシェアした投稿 -










 





2018/08/14

View this post on Instagram

川崎からのタックスノット。

竹内美保さん(@sakeuchi317)がシェアした投稿 -






 
2018/09/11

この投稿をInstagramで見る

BuBu de la Madeleineフロム奈良。

AkiraTheHustlerさん(@ykotko)がシェアした投稿 -




ハスラー・アキラ
フブブドラマドレーヌ
?男?






 





2018/10/11







 






2018/12/18

View this post on Instagram

タックスノット。

竹内美保さん(@sakeuchi317)がシェアした投稿 -










 
2019/02/20




======

石田 昌隆
2月20日 ·

島崎ろでぃー写真展『Rodys bullets』@SCOOL 東京都三鷹市 下連雀3-33-6 三京ユニオンビル5F 21日(木)まで。行ってきました。東京入国管理局に収容されている外国人が窓の金網のところで外からの励ましのコール聞いている写真が良い! これはAkira the Hustlerさんとトークしているところ。ー 友達: 島崎 ろでぃー、張 由紀夫



======




2019/02/21
後藤 博





 
2019/04/28




=========

住吉 智恵さんはOta Fine Arts, Tokyoにいます。
4月28日 · 東京都港区 ·
アキラ・ザ・ハスラーことチョウくん、またの名をメロディアスと、なんとまあひさびさに❣️
変わらず慈愛と反骨のひとだ。明日からレインボープライド、ブース出しているとのこと、行きたい!
#akirathehustler #rainbowpride2019 #otafinearts @ オータファインアーツ



============



 




2019/06/09(日)に、新宿BE-WAVEに、DJ TASAKA、SEESEA、DJ SEESEAが共演。
この投稿をInstagramで見る

??? ??? ??! With @happy_colors_seoul @no_selfie_no_selfie ?? ?? 6-7,9 ?? ?~~~~~~~~~~

mike litorisさん(@seesea_16echno)がシェアした投稿 -









2019/06/11


この投稿をInstagramで見る

??????Mechakucha isiteru!!!!!!!!!?????? ?? @yuihash ?? @kasa696

mike litorisさん(@seesea_16echno)がシェアした投稿 -





DJ TASAKA
ハスラー・アキラ




インスタグラムのアカントは、mike litoris(@seesea_16echno)で、母国語が韓国語。
ツイアカは、DJ SEESEA(@uuuuman)









頭の両脇に長い飾りをつけている女は、たぶん、韓国からのDJ SEESEA (from SEOUL)、
インスタグラムのアカントは、mike litoris(@seesea_16echno)で、母国語が韓国語。
ツイアカは、DJ SEESEA(@uuuuman)

白い髪の女は、たぶん、DJ SELFIE(from SEOUL)
ツイアカは、SELFIE(@__yooooooong)、サブアカが ????(@seoulmetal)
インスタグラムに@__yooooooong というアカウントがあったけど、削除されていた。













 






 

2019/07/19




=========
Masashi Sakamoto
· 7月15日 ·

一緒にいる人: 張 由紀夫、畑野 とまと


===========