→人物図鑑、 TOMO-NI @TOxMOxNIx67  の詳細情報



 
TOMO-NI
@TOxMOxNIx67



「CRAC758」として近藤友美って女性が新聞の取材を受けていた。



@crac758
 
   


「ANTIFA758」と「CRAC758」とを混同していました。 



新聞記事で、「CRAC758」として近藤友美って女性が新聞の取材を受けていたけど。
それとは別に、新聞記事で「ANTIFA758」の代表は、林晃佑とか。アカウントはコロ (@NoMercyKxR)




 → 人物図鑑詳細情報  ANTIFA758(@Antifa758) コロ (@NoMercyKxR)  林晃佑






twitterをチェックしたら、クラブカルチャー、音楽関係の女性みたい。





 
 



「エル金は友達」 

リンチ事件の二次加害、「レイシャルハラスメント」をRT


イトケンの声かけリスト
「金明秀さんはミョンキチさん、西岡研介さんとTOMO-NIさんはどぅーどぅるに声かけ担当してほしいとエル金さんより希望がありました。いかがでしょ?よろしくお願いします!!」

 
 
   


以下、時系列順

 
   







 
   



http://archive.is/8gzxu


上野よしのり(カゼノイチ店主)
トモニ(クラック名古屋、イトケンの声かけリスト、リンチ事件でセカンドリンチ加担)
木津(イトケンの声かけリスト、リンチ事件でセカンドリンチ加担)

たぶん共産党人脈


 
   




2014/10/19





 
   











 
   










 
     
2014/12/16
15:00~
  


【反ヘイトスピーチ裁判】 対「在特会・在特会会長」第二回口頭弁論 大阪地方裁判所大法廷
http://rindashien.tumblr.com/post/101492937452/反ヘイトスピーチ裁判-対在特会在特会元会長第二回口頭弁論のお知らせ


 
 
     
 2014/12/17
 


『JAPANISM』31号(2016年1月号)「ついに明かされるカウンター内リンチ(十三ベース事件)、戦慄の真相」より引用

=========
李の裁判期日後の「打ち上げ」の飲み会で、2014年12月17日0時42分、上記した在日3名およびカウンター側同席者2名関係者(合計5人)が酒宴をしていた北新地の飲食店に、凡が被害者を「今から来る根性あるか?」という挑発的文言とともに電話で呼び出す。

被害者あ店内に入った途端、李は話も聞かずにいきなり被害者の顔面を殴打しており、このことが契機となって、エル金は、屋外で被害者に対し、1時間以上にわたって、60発以上もの殴打と罵倒を浴びせた。この間、凡も一度被害者の顔面を平手でたたいている。
被害者は、鼻骨骨折、頸部挫傷等の被害を負った。

========




 
 2014/12/17

 

2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============-

二○一四年十二月十七日


 午後二~三時ごろ、事件発生。

 午前四時半ごろM君帰宅。B、Aに電話をし経過を説明。
 M君、A、友人らと共に作っていた連絡用のフェイスブックメッセージグループにも被害直後の顔写真を送信し、事件の経過を説明。るまたんに「気持ちはわかるが正しくあれ」などと言われる。
 午前八時ごろ、M君、林範夫弁護士(コリアNGOセンター代表理事)に事件の経過を説明。
 午前九時ごろ、かかりつけの整形外科でM君受信。頭部を殴られていたためCT検査が必要とのことで、矢木脳神経外科病院に紹介。
 午前一○時ごろ、矢木脳神経外科病院で受信。鼻骨の骨折が見つかる。
 待合中、エル金より電話あり。「お前、俺がお前の彼女襲うとか言うたとか言うて回ってるらしいな。俺そんなことせえへんわ」等と言われる。謝罪の言葉は一言もなかった。

 骨折の治療は形成外科の受診が必要とのことで、大阪赤十字社を紹介される。
 午前一一時半ごろ、大阪赤十字病院で受診。
 待合中、「男組」高橋直樹より電話(午後0時四分)「そんなことぐらいで被害届出すなんて男らしくねーぞ。お前は殴られても仕方ねえことしたんだからよ」と言われる。

午後四時半、Aの付添で林範夫弁護士の一心法律事務所へ。この日のうちにAは伊藤大介に「あなたがいながらどういうことですか? Mは訴える気でいますが、私は止めませんよ」と抗議した模様。
林弁護士は、コリアNGOセンターの郭辰雄代表、金光敏事務局長と協議の結果、同会代表理事という立場上、M君の代理人を受任するのは難しいとのこと。林弁護士の紹介で、文昌燮弁護士と二十五日に面会することとなる。なお、この時点で李信恵は、コリアNGOセンターを通じて「M君に許してもらえるならなんでもします」と言っていたことを知る。

林弁護士の事務所において、Aの携帯に、「男組」高橋直樹より電話。「Mに告訴をさせるな」と言ってきた。

 午後

(略)

=============================


★文昌燮(むんちゃんそっぷ) 弁護士
★いのさん

 
 




 
 
     
 2015/01/25

 2015/01/25に大阪のロフトウエストで予定されてたはずの「凡どどラジオ」が理由も告げずに中止された。


この件で、色々な推測が広がってた。

 
 
     
 2015/01/29
 

2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年一月二十九二日

 大阪地方検察庁に告訴状を提出。年上の知人よりM君に三十一日に面会したい旨メール。M君、いったん承諾するも延期。

================

 
     
 2015/01/30





016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年一月三十日

 加害者側代理人・普門弁護士よりM君に、改めて「謝罪会」の打診。刑事告訴を受け、少しでも罪を軽くしたいための言い訳作りであり、謝罪の意志はないことは明白だったので、M君はこれを拒否。

 普門弁護士からは「謝罪文を書いたので受け取ってほしい」「一時金三○万円を受け取ってほしい」と再度の打診。M君、いずれも拒否。

 夕刻、辛淑玉よりM君に電話。M君、刑事告訴に踏み切った旨伝える。辛は「安心した」と返答。コリアNGOセンターの対応については「ただただ残念」と発言。


================


 
 
     


2015/02/09



 
 



2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年二月九日

 この日から十三日までM君はスタディツアーのため東京へ。普門弁護士より、文昌燮弁護士に、コリアNGOセンターの指導により書かせたとする、エル金、凡、李信恵の「謝罪文」が送られてきたと連絡。なお、リンチ事件の場に同席した伊藤大介、松本英一からは、事件後一切謝罪の意は表明されたことはない。




================


 
     
 2015/02/24


『JAPANISM』31号(2016年1月号)「ついに明かされるカウンター内リンチ(十三ベース事件)、戦慄の真相」より引用

=========
大阪府警天満警察署刑事課強行犯係に告訴し受理。

========


 
 
 2015/02/24


2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年二月二十四日


 加害者側代理人・普門弁護士より、被害弁償金として一○○万円を受け取ってほしい旨の申し出。M君これを拒否。天満警察署に再告訴。



================




 
 
     
     
 

『JAPANISM』31号(2016年1月号)「ついに明かされるカウンター内リンチ(十三ベース事件)、戦慄の真相」より引用

=========
大阪府警天満警察署より、被害者に事情聴衆。

========



 
 
 2015/03/23

 

2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年三月二十三日

M君、天満警察署にて事情聴取。担当は、刑事課強行犯係巡査部長・丁子剛。



================

 
     
2015/04/09

 
 
2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年四月九日

 李信恵本人および「李信恵の裁判を支援する会」より、文昌燮のもとに、今後は活動自粛を行わない旨を一方的に通告する文書が届けられる。文弁護士にこの通告について照会がなされたところ、普門弁護士はこの件につき了知しておらず、事後的に、上瀧弁護士によって、普門弁護士に、文書の送付と李信恵の活動再開について、電話により一方的に通知がなされたとのことであった。なお、なぜか普門弁護士は捜査の着手を知っていたとのこと。

同日夕刻、M君、京都に赴き、中村一成(ジャーナリスト。『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件』の著者)に事件のことを何らかの形で書いてくれと頼むも、拒否される。なお、中村は「李信恵さんの裁判を支援する会」の会員であるが、李信恵の活動再開については何ら説明がなかったとのこと。

================


 
     
 2015/04/13




2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』 ============== 二○一五年四月十三日  文弁護士を通じ、李信恵の活動再開につき普門弁護士に抗議。普門弁護士は李信恵の活動再開については全く知らなかったとのこと。 「謝罪の意思は撤回するということですかね?」と言うと 「そう受け取られても仕方ないと思います」と回答したとのこと。 ================



 
 
     
   


2015/05/16 古屋駅ウラ音楽祭の告知





















http://archive.is/He5qX




http://archive.is/yA4g3









 
   


2015/05/16 古屋駅ウラ音楽祭

まとめ人 @miyomi34
「2015/05/16 名古屋駅ウラ音楽祭」「名古屋初となる反レイシズム音楽イベントが開催されました!」
https://togetter.com/li/822410




















================



















================




 
   





===========================
〇第02回C.H.A.Rラジオ(2015.05.18)
どどるのひとりラジオ2回目。
大阪市特別区設置反対可決、NAGOYA AGAINST RACISM「名古屋駅ウラ音楽祭」ソウルクィアパレードなどなど。
ゲスト:TOMO-NIさん / Yusuke★鶴橋安寧★さん

http://bondoodle.tumblr.com/list

===============


 
     
 2015/06/15

2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年六月十五日

文昌燮弁護士を通じて、普門大輔弁護士に、エル金、李信恵、凡が自ら書いた「謝罪文」の内容を反故にしていることにつき、抗議する内容の文書を手交する。



================


 
 
     
 2015/06/22








2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年六月二十二日

普門大輔弁護士より返答あり。「ヘイトスピーチの被害当事者の心情としてご理解ください」と、抗議に対して何ら対応をせず開き直る。



================



 
 
     
 2015/06/28
01:10

 

===========





===================
カレーとラーメンと風俗嬢によるリンチ事件
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1434599078/

==============
1 :右や左の名無し様:2015/06/18(木) 12:44:38.74 ID:LDq5JjfR

朝鮮人による日本人リンチ事件
実行犯は3名、現場に居たもの他数名
運動の邪魔だと一時間に渡り殴り続けた異常な行為に
実行犯はカウンターに出ないと約束したのに忘れたかの様な振る舞いで憤りを感じる

==================

==================

84 :右や左の名無し様:2015/06/28(日) 01:10:35.40 ID:/naGu4Q0>>28
>エル○が数十発、ぼ○、ドブエが数発

微妙に違う もう総括すっか

被害者は関西しばき幹部に話があると、出向いた 待ち構えていた在日の面々
→一番先に女王様が突っかかって被害者をぶん殴った すべての始まりはこれ
→その場が騒然 凍りつく
→金龍ラーメンが引きづり回し殴打、被害者を粛清 顔面崩壊
→インスタントカレーはそれを止めに入った

ちなみに被害者は関西の男組メンバーで淋病の側近だった日本人男性
これに近い人脈で、当時免許剥奪事件で東京を追われていた天カツが激怒(帰る場所がなくなった)
直後に男組がケジメとして解散したのもこれが原因 実際在特も脆弱になってた時期

結局女王様の一発で関西関東のカウンター連帯も解消 他のしばき隊員の顔にも泥を塗る結果となった
その後彼女自身も事実をすべて知った辛子玉から見事に切られた 
以上が運命の12月16日から年始に起こった出来事だ あとは裁判次第だろう

==================



==========






 
     
   









ヨシダユキヒロ
トモニ(クラック名古屋)
ソウルフラワーユニオン中川
?男?
?男?
?女?







 
   








 
     
 

2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年九月一日~三日


天満署がエル金、李信恵、凡を取り調べ。リンチの場面に同席した伊藤、松本、事件現場の店主に聴取をしない杜撰な捜査だった。

================



 
 
     
 

2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一五年十月二十九日

エル金、李信恵、凡が書類送検されたことが文弁護士よりM君に伝えられる。M君は文弁護士に対し、「念押ししますけど、これ誰にも言わんでくださいね。林範夫さんとかも含めて」と言うと「ごめん。もう言っちゃった」と文弁護士。この件でM君は、文弁護士は信用できないと考え、新たな代理人選任の必要性を考える。


==============


 
 
     
   


















 
   




2015/11/28
カゼノイチ Presents『ACT UP & TALK OUT』




オセロになった!\(^-^)/

Sinhae Leeさん(@rinda0818)がシェアした投稿 -










 
     
 
2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

===============


二○一五年十二月九日


M君、大阪地裁で事情聴取。担当検事は白川哲也検事。「謝罪文」等の証拠資料がなぜか引き継がれていなかった。李信恵が犯行を否認していることが判明。


==============



 
 
     
   




2016/02/16の告知





 
     
 2016/03/01




2016/11/17発売、鹿砦社『反差別と暴力の正体』

==============
二○一六年三月一日

刑事処分が決定。エル金、傷害罪で罰金四十万円の略式起訴。凡、暴行罪で罰金一○万円の略式起訴。李信恵、不起訴。

================

 
 
     
   































 
     
 

2016年4月28日に、週刊誌でリンチ事件が報道されて、それ以降、ネット上ではリンチ事件について大騒ぎになった。

 
 
     
 





 
   









 
   








 
   




 




 
   





 
   









 
   




2018/11/11



http://archive.is/YtbAG


 
 






C.R.A.C関連のアカウントが一斉に凍結!