→ 人物図鑑詳細情報 あおざかな(‏@aosakana)木谷 公士郎 Kitani Koshiro(koshiro)



 あおざかな
‏@aosakana



木谷 公士郎 
koshirok


Kitani Koshiro

きたに こうしろう



「レイシャルハラスメント」をRT
「リンチ事件なんてなかった」という否定の主張をRT

伊藤大介のひどいセカンドリンチに「いいね」

反ヘイトスピーチ界隈のコアの問題人物に追随するかなりのコアの追随者。問題人物。

カトリック社会活動神戸センター夜回り活動支援の担当責任者


 

カトリック社会活動神戸センター夜回り活動支援の担当責任者である木谷公士郎氏

木谷公士郎(カトリック社会活動神戸センター)

◎ひばり学校 理事長 木谷公士郎さん
相模原の方だし、たぶん同姓同名の別人かと思います。

 「@ bcxxx2氏を必要とする人々 #SAVEbcxxx #SAVEbcxxx2」
https://togetter.com/li/641474


「信仰と光」全国集会

https://www.facebook.com/yuko.shiroshita.9/posts/1362857630525527
=====
城下 ゆう子
2017年12月29日 ·
【インフォメーション:ホームレス支援情報~名古屋バージョン~】
生活の場がない野宿者に炊き出しや毛布などの救援物資などが配布されるイベントが名古屋市中区で1月3日まで開催中!
「名古屋で野宿している方々~!是非ともイベント参加して~!野宿者の方々!よいお年を。」である。ところで!イベント会場では無料医療相談支援とか散髪支援とかシャワー支援とか洗濯支援とかやっているんかな?
またイベントスタッフによる「居宅を構えよう!」っていう呼びかけというルアーにヒットする数が今年は増えるのかなぁ。。。(・◇・)?
スタッフ手腕の発揮どころやな!これは!(笑)
また我らカトリック社会活動神戸センター夜回り活動支援の担当責任者である木谷公士郎氏コメントによる「夜回り活動に終わりはない」は確か。
我らの木谷コメントにアーメンだ!
#これ生活保護の基準改訂での現実やで
=====


https://www.facebook.com/yosizou.seki/posts/1038484456191554
=======

Yosizou Seki
2015年8月28日 · 大阪市 ·
釜が崎生活困窮者共働組合 生活保護を考える03

生活保護の書籍2つ

1. 生活保護手帳 別冊問答集 2015
  判型 A5
 ISBN 978-4-8058-5222-4 頁数 890頁
 発行日 2015年8月 1日 価格 2,700円(税込)

2. 必携 法律家・支援者のための生活保護申請マニュアル2014年度版
 発行日:2014年8月22日 概要:B5版・205頁・CD付き
 編著:生活保護問題対策全国会議
 発行:全国クレサラ・生活債権問題対策全国会議
 価格: 1冊1,800円(消費税込み)

1の生活保護手帳は、役所が利用する本で行政でよく使われている。
2の必携 法律家・支援者のための生活保護申請マニュアルは、生活保護の受給者サイドにたっている。

--------------------------------------------------------
生活保護手帳

厚生労働省から発出された「生活保護問答集について」を再編集。
他法・他施策の参照条文や他の問への参照頁も適宜挿入した実務者必携の書。
平成27年4月からの保護基準の改定内容のほか、j7月からの住宅扶助基準、10月からの冬季加算の見直しに伴う改正を盛り込み発行。

主要目次
第1編 保護の実施要領関係
 第1 世帯の認定
 第2 実施責任
 第3 資産の活用
 第4 稼働能力の活用
 第5 扶養義務の取扱い
 第6 他法他施策の活用
 第7 最低生活費の認定
 第8 収入の認定
 第9 保護の開始申請等
 第10 保護の決定
 第11 保護決定実施上の指導指示及び検診命令
 第12 調査及び援助方針等
 第13 その他
第2編 医療扶助運営要領関係
 第1 医療扶助運営方針
 第2 医療扶助運営体制
 第3 医療扶助実施方式
 第4 医療扶助指定機関
 第5 診療報酬の審査及び支払
 第6 指導及び検査
 第7 その他の諸問題
資 料
 要保護世帯向け長期生活支援資金の運用等に関する質疑への回答

--------------------------------------------------------
必携 法律家・支援者のための生活保護申請マニュアル2014年度版

発行日:2014年8月22日 概要:B5版・205頁・CD付き
編著:生活保護問題対策全国会議
発行:全国クレサラ・生活債権問題対策全国会議
価格: 1冊1,800円(消費税込み)

目次
はじめに

第1章 申請
Q1 生活保護とは
Q2 どこに行けばよいか
Q3 福祉事務所と接するときの心構え
Q4 保護「申請」の有効性
Q5 本人申請の際の助言内容
Q6 法「改正」①:申請手続はどうなるか
Q7 申請代理・同行援助
Q8 同席・代理申請を拒否されたら
Q9 申請に同行する意義
Q10 相談の際の聴取事項
Q11 法律相談と法律扶助
Q12 保護申請・審査請求援助と法律扶助
Q13 生活保護に関する文献

第2章 保護を拒否された場合の対処法
Q14 最低生活費をわずかに上回る収入がある場合
Q15 稼働能力と生活保護
Q16 借金と生活保護
Q17 生活保護利用者の債務整理方法
Q18 年金担保融資利用者と生活保護
Q19 自動車の所有・借用
Q20 持ち家の取り扱い
Q21 リバースモーゲージ
Q22 住宅ローンが有る場合の取り扱い
Q23 現金、預貯金の取り扱い
Q24 生命保険等の取り扱い
Q25 学資保険の取り扱い
Q26 親兄弟や配偶者等がいる場合
Q27 法「改正」②:扶養調査はどうなるか
Q28 高額家賃の場合の取り扱い
Q29 世帯認定
Q30 母子生活支援施設
Q31 ホームレスと生活保護
Q32 野宿生活者に対する敷金支給・居宅保護
Q33 刑務所出所者と生活保護
Q34 無料低額宿泊所等からの転居
Q35 DVの場合
Q36 外国人と生活保護

第3章 調査・決定
Q37 申請時に必要な書類
Q38 決定までの期間
Q39 保護が決まるまでの生活資金
Q40 決定金額チェックの必要性

第4章 保護開始後廃止まで
Q41 保護費の種類
Q42 通院交通費
Q43 法「改正」③:ジェネリック医薬品の使用
Q44 転居と生活保護
Q45 働いた分だけ保護費は差し引かれるか(基礎控除)
Q46 就職活動関連費の支給
Q47 子どもを大学に行かせたい
Q48 収入認定しないものの取り扱い
Q49 年金の遡及支給と法63条返還
Q50 過払金と生活保護
Q51 交通事故の賠償金と法63条返還
Q52 離婚に伴う慰謝料の取り扱い
Q53 耐久消費財購入について生活福祉資金の貸付
Q54 78条(不正受給)と63条返還の違い
Q55 高校生のアルバイト代についてQ56 法「改正」④:保護費の「天引き」
Q57 法「改正」⑤:不正受給徴収債権の非免責債権化

第5章 廃止
Q53 保護廃止が許される場合
Q54 終了指導と保護廃止
Q55 辞退届
Q56 退院即保護廃止

第6章 争訟
Q57 生活保護に関する決定に対する不服申立:審査請求・訴訟
Q58 当面の生活の確保(再申請・執行停止・仮の義務付け)
Q59 ケース記録の情報開示

第7章 災害と生活保護
Q60 避難所などの避難先での生活保護受給
Q61 被災地に残した資料や試算
Q62 避難所で受け取れる生活保護費
Q63 義援金その他の給付金と生活保護
Q64 被災者の自動車保有と生活保護
Q65 避難先との世帯認定
Q66 避難先からの住宅の確保
Q67 家具什器代、布団代、被服費

書式・資料集

執筆者(アイウエオ順)
大口耕吉郎(全大阪生活と健康を守る会連合会)
木谷公士郎(カトリック社会活動神戸センター)
木原万樹子(大阪弁護士会)
小久保哲郎(大阪弁護士会)
佐々木育子(奈良弁護士会)
谷口伊三美(生活保護ケースワーカー養成講座代表)
徳武聡子(大阪司法書士会)
觜本 郁(神戸公務員ボランティア)
舟木 浩(京都弁護士会)
村田悠輔(東京自治問題研究所研究員)
森川 清(東京弁護士会)
吉田雄大(京都弁護士会)
吉永 純(花園大学社会福祉学部教授)

監修
村田悠輔(東京自治問題研究所研究員)
吉永 純(花園大学社会福祉学部教授)
--------------------------------------------------

========


https://www.facebook.com/comicalkids/posts/1847803281938374
====

こみかる・きっず相模原
5月1日 ·
地域ぐるみでサポート! 子どもの居場所づくり
市では、地域で子どもの支援活動を行う団体と連携して、子どもが安心して過ごせる居場所づくりを支援しています。
今回は、実際に取り組みが広がっている子ども食堂と無料学習塾を紹介します。
問い合わせ⇒こども・若者支援課 042-769-8289

【子ども食堂】
子どもが一人で来ても、ご飯を食べることができる場所が増えています。あなたの家の近くにもあるかも?
Q 誰が行けるの?
A 高校生くらいまでの子どもです。
Q いつやっているの?
A 毎月1・2回くらいです。
Q どこでやっているの?
A 地域のお店、集会所や一部の公民館などです。
Q 好きなものを選べるの?
A 給食のように同じメニューを食べます。
Q お金はかかるの?
A 無料から300円までです。
※食堂によって、内容は異なる場合があります。

◎上溝にこにこ子ども食堂 代表 山本裕子さんのコメント
人の温かいつながりこそが一番大切です
地域で身近にできることから行動したいと思い、1年前に子どもたちの健康に役立つ食材で料理を提供する「子ども食堂」を始めました。子どもたちがおいしかったと喜んで、何度も来てくれるのが最高にうれしいです。人の温かいつながりや助け合いこそが一番大切だと感じながら運営しています。

【無料学習塾】
勉強が分からない子どもたちに、学習支援をしています。
Q 誰が行けるの?
A 小・中学生くらいまでの子どもです。
Q いつやっているの?
A 毎週1回程度のところが多いです。
Q どこでやっているの?
A 地域の集会所や一部の公民館などです。
Q どんな勉強をするの?
A 主に宿題や予習・復習をしています。高校への受験勉強に対応しているところもあります。
Q お金はかかるの?
A かかりません。
※学習塾によって、内容は異なる場合があります。

◎ひばり学校 理事長 木谷公士郎さんのコメント
地域で子どもたちを支えていきたい
無料学習塾を通じて、ボランティアで教えてくれる大人と子どもたちが触れ合うことは、地域のコミュニティに必要なことだと感じています。今後も、子どもたちとの関わりを持った活動をしている地域の人たちとのつながりを深めていきたいです。

◆子どもの居場所についてもっと知りたい・やってみたい!
子どもの居場所づくりのセミナーを開催します
市では、地域が主体となった子どもの居場所づくりを応援しています。
こうした取り組みを市民の皆さんに知ってもらうために、7月以降セミナーの開催を予定しています。
詳しくは、6月以降に市HPでお知らせします。

◆寄付したい
子ども・若者未来基金
給付型奨学金をはじめとした子ども・若者の育成支援や子育て支援の財源として活用しています。
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/…/kosod…/1013135.html

=======

 
 


Kitani Koshiroさんが賛同しました